住まいのお悩み!解決工房へ! 〜住まいのお悩みご相談ください〜

タグ:電気配線工事が付いている記事一覧


照明 電気配線工事

電気配線をしなくてはならない時は電気工事士の資格を持つものが行わなくてはなりません。例えばクロスの貼替で天井を貼り替える時、事務所のベースライトは外さないと貼替ができません。この時電源に直に接続している場合は外す時も取り付ける時も電気工事士しかできません。安易に接続をすると点灯しない場合があるので要注意です。

クロス 電気配線工事

電気配線工事を内装工事なしですると露出配線になってしまいます。壁内に配線すれば鬱陶しくなく壁も綺麗に収まります。内装工事をする前なら壁や天井を開口しても上から壁紙を貼れば綺麗になります。壁をプラスティックのモールが走っているのを見ますが綺麗ではありません。工事費用も別々よりは同時にやった方が安上がりになります。

電気配線工事

新たにコンセントを増設するとか、新しい機器を取り付ける場合電気が通っていないので壁内に配線をします。クロスなどの内装工事をする前がチャンスです。画像のように壁を開口し電線を通します。露出配線に比べて費用は掛かりますが内装を前提に工事をすれば配線の跡は消えます。

コンセント リフォーム 暮らし 電気配線工事

ここではなく1メートル右に(左に)あればつか勝手が良いのに、と思う時は思い切って電気工事をしましょう。壁を剥がして配線すれば位置は移動できます。壁を剥がすので、最後は内装。ついでに内装もアクセントクロスにしてみるとか、遊び心を持ってデザインすれば、あなたの思い通りのお部屋に変身します。機能とデザインを手に入れましょう。

モニターホン 電気配線工事

チャイムのみだと誰が来たか分かりませんがモニターホンにすれば、顔が分かるので安心してドアを開けられますね。チャイムをモニターホンにする場合、露出配線なら簡単にできますが見た目がよろしくないので隠蔽配線にします。この場合は電気工事と大工工事、内装工事が必要になりますのでリフォームの時に併せて行うのがベストだと思います。