高齢者の火事が怖いIHコンロに

IHクッキングヒーター

介護をしている方にとって恐怖なのが高齢者「火」の取り扱いです。

「火事になったら・・・」と思うとコンロを使ってほしくない。

私は、父親がヤカンの火に気付かず数時間「火」を点けっ放しだったことがあります。

私の帰宅が30分遅かったら火事になっていたかもしれない、と思うと本当に恐ろしいです。

最近のコンロは空焚き防止があるので、安全になっています。

以前、一人暮らしで料理もご自分で作る高齢者がいましたが、お勤めの娘さんからIHにしたいとのご希望がありました。

「火」のコンロだと、袖に火が移った時の事を考えると恐ろしい。

火事にもなる、まかり間違えば「死」に至ることもある。

すぐにIHにしたい、安くあげたい、と言う方

ガスコンロをIHに交換したい、と言う方もいらっしゃると思いますので、簡単に出来る案を一つ。

コンロ用のガス栓を閉めます。

ガスコンロの上に板を置きます。

その上にポータブルIHクッキングヒーターを置いて使えば即座にIHに変更できます。

もし、ガス栓を開けて使うかもしれないと思ったら、ガス会社に連絡をしてコンロが使えないようにプラグ止めをしてもらえばコンロは使えないようにできます。

上記のポータブルIHクッキングヒーターは1400Wあるので他の器具と一緒に使うとブレーカーが落ちる可能性があります。

デメリットとしては

  • コンロの上にIHを置いたら位置が高くなって使いづらい
  • 安定性が悪く使い勝手が悪い
  • 美観を損ねる
  • 2口欲しい
  • ビルトインが良い

ガスコンロを撤去してIHクッキングヒーターに入れ替える工事はもちろんできます。

質問があればお気軽にお寄せください。

例えば、板はどの位の厚さで、どうやって置くのか?など何でもどうぞ。

SonettのIHクッキングヒーターを交換

SonettのIHクッキングヒーターは交換出来ない!?

現在ご使用のSonettのIHクッキングヒーターを新しいIHヒーターに交換の依頼がありました。

現地調査をしましたところ、同じサイズの代替品がありません。

Sonettは現行品より一回り大きく新しい機器がすっぽ抜けてしまうのです。

ミニキッチンごと交換するのがベストですがコンロだけの為に全部を取り替える予算も必要です。

そこで弊社ではSonettのIHを外した後の大きな開口を現在のIHが収まるための下地を作りました。

元々のIHがこれです。

大きな開口を新しく取り付けるIHヒーターのサイズに合わせて下地を組みます。

大きな穴が開くので化粧も必要です。

化粧には不燃材料でないと基準をクリアできません。

メラミン不燃化粧板を加工して設置します。

手前にあった操作パネルは不要なのでそちらもカバーをしました。

SonettはSONYトレーディングが且つて輸入し販売していたようです。(~1987年まで)

壊れると修理ができません。

結論:SonettのIHクッキングヒーターは早めの交換をお勧めします

ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。

電話:044-861-1126

解決工房 田辺まで