蛍光灯の在庫は少なくなっています

ついこの間まで蛍光灯だった照明器具ですが、いつの間にかLEDに代わっています。

街灯もLEDになっていますが、私の家は2箇所は蛍光灯のままです…

事務所の天井の照明器具はまだ蛍光灯を使っている所も多いと思います。

この間、まだ使えるからという事で蛍光灯の安定器を交換した職人さんから聞いた話です。

安定器を新しくしたので蛍光灯が点灯した、までは良いのですが、古くなった蛍光灯を交換しようと新しい蛍光灯を手配しようとしたら(40Wが)手に入らないと言う緊急事態が起きたそうです。

ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの量販店に聞いたところ20本ならあると言われたそうです。

120本必要なのに6分の1しか手に入らない。

これからは蛍光灯の生産も減少するでしょう。

安定器などの部品の生産も確実に終了します。

リフォーム会社からLEDを勧められるのは、このような事情があるのです。

蛍光灯にこだわっても蛍光灯自体が品薄になると価格が高騰する可能性もあります。

私は新しくLEDの照明に交換する事をお勧めします。

蛍光灯の価格、安定器の交換などの修理費、40Wの蛍光灯は文字通り40Wの消費電力です。

【LEDのメリット】

  • LEDなら半分以下の消費電力でコスト削減
  • 蛍光灯の交換の手間が無い
  • 寿命が40,000時間
  • 蛍光灯より明るい
  • 蛍光灯に比べ熱放出が少ない

※大塚商会がメリットを記載しています

デメリットとしては一旦点灯しなくなると交換になってしまいます。

蛍光灯の生産、蛍光灯器具の部品生産は徐々に減少します。

上記のメリットを見るとLEDに替えることをお勧めします。

ダウンライトをインテリアにする

ダウンライトの昔と今を比べてみます。

「ここにダウンライトがあります!」とハッキリ主張しています。

スイッチOFFでもかなりの存在感があります。

直径が18センチあります。

且つ電球も大きいので目立つのかも知れません。

数年前からLEDになって電球は無くなり本体にLEDが組み込まれた一体型になっています。

リフォームしたお部屋の画像ですが、スイッチOFFの時はダウンライトは天井に同化して存在感はほぼありません。

しかしスイッチをONにすると

俄然自己主張を始めます。

このダウンライトは直径が10センチで電球はありませんのでコンパクトです。

なのに明るさは古いダウンライトよりも明るいです。

このように気が付かない位小さな物ですのでインテリアに溶け込んで邪魔しません。

デザインなどの外観だけではなく他にもメリットがあります。

それは定価数千円で電球交換は不要、40,000時間の寿命があるので10年以上はお手入れがいりません。

また、電球と違いW数も電球だと60WだったものがLEDだと5W程度なので電気代もかなり抑えられます。

ただ、このダウンライトにするには穴の大きさを小さくしなければなりません。

内装工事をする時に一緒にダウンライトの交換をしなければ穴の大きさを変えることは出来ません。(石膏ボードを部分的に張り替える必要があります)

この内装工事にコストは掛かりますが内装工事全体から見れば微々たる物ですので、デザイン、コストの両面から見ても新しくすることをお勧めします。

是非一度検討してみては如何ですか?

今の電球での諸費電力をずっと続けるか。

明るさはアップなのに電気代はかなりお得なLEDダウンライトにするか。

(※デザインを気にしなければ交換コストとランニングコストで得する方法もありますが、今回はデザインを優先した内容になっています)

浴室照明を焦がさないように!

浴室照明に使ってはならない電球とは?

浴室照明に使ってはいけない電球があります。

それは熱を一点に集中させる働きを持つレフ球です。

火災に注意!

浴室の照明器具のカバーはプラスティック製が多いです。

レフ級はプラスティックカバーを焦がします。そして溶かします。

発火することもあるかも知れません。

「火が出たらシャワーで水を掛ければ良いのでは?」

と思うかも知れませんがカバーは電球が割れた時に飛び散らないようにもなっています。

割れたカバー越しに水を掛けたらガラスの電球は割れて飛び散ります。

裸の状態でガラスの破片が飛び散ったらと思うとゾッとしませんか?

レフ級ってどんな電球?

画像のような球です。

光っている裏側の方は銀色で覆われていて光を反射させ全ての光を前面に出す形状の球です。

これをレフ球と言いますが、光っているところに手を近づけると分かると思いますがかなりの高温です。

この光と熱は一点に集中するのでカバーが溶けて焦げてしまいます。

カバーには使用禁止の球の絵があります。

そしてカバーが溶けると下の画像のように溶けて凹み少し焦げて茶色に変色しています。

燃えなくて良かったのですが、溶けて穴が空くとそこから水やお湯が入ると電球は必ず割れます。

今日の結論

カバーの絵が示すように裸電球(これはホームセンターや100円ショップでもまだ販売されています)か、同じサイズの電球型LEDに交換しましょう。

レフ球やサイズの合わない大きな電球は使ってはダメです。

カバーと電球の間が狭くなるような大きな電球もダメです。

火事になる前、怪我をする前に適切な球に替えましょう。

カバーが溶けたり破損したりした場合は交換をお勧めします。

質問やご相談はお気軽にご連絡下さい。