性格で選ぶキッチン(引き出し型か扉型か)

キッチンの下の収納には大きく分けて2種類ありますよね。

扉のタイプと引き出しのタイプ。

最近は引き出しタイプをメーカーも推しています。

その訳をクリナップのラクエラで見てみようと思います。

従来型だとベースキャビネットの収納は扉で、収納量は多いように思えますが、意外にデッドスペースが多いことにお気づきでしょうか?

このデッドスペースが気になるか気にならないかと言う性格からキッチン選びを考えてみましょう。

【タイプ1=整理整頓が無意識にできる】

例えば背の高い瓶類を奥に置き、手前に鍋などを置けば奥に何があるか見えますが、上部の空間は棚がないので、何も置けず無駄な空間ができてしまいます。それでも、100均やホームセンターで整理できるボックスや棚をうまくはめ込み無駄をなくすことが苦も無くできるタイプ。完璧主義タイプですね。

【タイプ2=整理は出来るが何がどこにあるかわからなくなる】

空間を埋めようと奥からキッチリ積み上げていけば前述の無駄なスペースはなくなりますが、奥の一番下に何をしまったか(何をなおしたか=関西以西の方の為に付け加えました・・・私も九州出身なので今でもたまに「なおす」と言ってしまいます・・・)が見えないので、手前を全部引っ張り出して必要な物を取り出してまたしまう(なおす)ことができるタイプの方。やれば出来るタイプですね。

【タイプ3=そのままにして見なかったことにする整理が苦手】

整理はしてもそのままにしておくタイプ。もしくはどんどん手前に積みあがっていくタイプの方。私もどちらかと言うとこのタイプになりますが、取り出す事どころか、見ることさえもしない事が多い方。無頓着タイプですね。

さて、あなたはどのタイプだったでしょうか?

タイプ1の完璧主義タイプの方は扉型の収納でも問題なく整理整頓ができますので、むしろ引き出し型の方が自分の力を発揮できず不満が溜まるかも知れませんね。そんな方は是非扉型を選んでください。いやいや、それでも整頓が楽に出来る方が良いと言う方は引き出し型をお勧めします。

タイプ2とタイプ3の方は是非、引き出し型を選んでください。今までよりも使いやすくなりますよ。

ただ、タイプ3の方は年に1回は「断捨離」が必要かもしれませんね。

 

では扉型と引き出し型を比べてみましょう。

まず、扉タイプはこんな感じ(画像はクリナップ「ラクエラ」ちなみに画像の商品定価は495,800です(キッチンパネルは含まず))。

そして収納スタイルはこのようになります。(棚を置かないので上部はデッドスペースになっています)タイプ1の方は整理魂に火が付きそうですね。テトリスのようにいろいろな形の箱をはめ込んで整理したくなるのではないでしょうか?(私は無理ですが・・・)

では次に同じくクリナップの「ラクエラ」の引き出しタイプを見てみましょう。

空間を無駄なく使うことができますので、扉型よりも多くの収納が可能です。

上図のように引き出しの中も2段になっていて背の高い瓶なども入り、計量スプーンや箸などは上の引き出しに収納できますし、足元のつま先が入り込む部分まで収納スペースになっていますので、収納率は高くなっています。

また、奥に何が入っているか引き出しを出せば見えますのでいちいち物を出し入れする手間が省けます。

正直なところ私も以前は引き出しタイプに疑問点がありました。以前の製品はかなりデッドスペースがありましたからね。

奥までとは言うものの、引き出しの奥行きが短かければ一番奥がデッドスペースになるのではないか?と。

特に、排水管、給水、給湯管があるので、引き出しでも効率が悪いのではないか、と。

サンウェーブの「パタパタくん」のCMを覚えていらっしゃいますか?あの頃から各メーカーがスペースにこだわるようになっていったと記憶しています。

そのせいか、各メーカーも年々改良し、収納効率の良いキッチンを販売しています。

あの頃の商品とはずいぶん変わっています。

先ほども述べましたが、奥の物を取り出すのが億劫な私と同じタイプの方には引き出し型をお勧めします。

扉型で中に棚を設置しても、そのまま数年間眠っていませんか? だとしたら買い換える絶好のチャンスかもしれません。

今回はご自分の性格からキッチン選びを考えてみました。

キッチンのイメージチェンジ

キッチンをお化粧直しします。

古いキッチンも新しいキッチンに生まれ変わります。

何の変哲もない普通のキッチンです。

流し台の配色などを見ても古さは感じます。それとクロスもよくあるタイプのクロスなので、一面にアクセントを付けてみます。

まずはクロスでアクセントを付けてみます。

ガラッと雰囲気が変わります。

立体感のあるレンガになりました。

ただ、キッチンは昭和が残っています。

この扉にダイノックを貼って最近のデザインにしてみます。

内装のデザインによってお部屋の雰囲気は落ち着いたり、新しく見えたり、ポップになったり、子供部屋になったりします。

何気なく毎日見ている部屋を自分好みの部屋にも出来ます。

チャイムをモニターホンにする為の電気工事

電池式のチャイムをモニター付のインターホン(ドアホン)にしたいとのご要望があり、電源を新たに配線しました。

通常はコンセントから露出配線でモニターホン用の電源を確保するのですが、今回は内装工事も行うので出来れば壁内に配線して欲しいと言う内容。

壁内に配線するとなると、分電盤から新たに電源を引くので、ボードを剥がし、下地に穴を開けて配線しなけらばなりません。

ただ、今回の物件は壁内にかなりの隙間があり、工事はしやすかったです。

扉の上から扉の右側に配線しました。

配線が飛び出ているのが分かると思います。

分電盤から比較的近い位置にあったので工事をお請けしましたが、電源を必要とする位置がこの分電盤から遠くなれば遠くなるほど壁や天井に穴を開けなければならなくなり、かなり大工さんの仕事が増えますので、費用も高くなります。

通信線はチャイムの線を利用しますので新設はしません。

今までチャイムだったので来客者の顔が分かるのです防犯上かなり役立ちます。

簡単に設置する場合はチャイムの所からモールで通信線を露出配線して、電源は延長コードなどを利用して設置出来ますので、お手軽に交換する場合はコード付のモニターホンにした方が良いと思います。

単独で配線したので、モニターホンだけではもったいないので、その下まで分岐配線してコンセントを増設しました。

浴室の鏡をキレイに保つ方法

浴室の鏡はかなり早く汚れが付着しますよね。

水垢と呼ばれる汚れが付着します。

ただ単に水やお湯だけが付くならまだしも、石鹸カス、人の垢などが混ざって付着するのです。

鏡を常にキレイにしておくためには、自動車のワイパーのような物で(以前IKEAで売っていたと記憶していますが…)お風呂が終わったら最後に水をそのワイパーで切っておくこと、それだけです。

水に含まれる塩素などが乾く時に固まるのです。

これが固まって層になると本当に落としきれません。

ダイアモンドパッドと呼ばれる水垢取りがあります。これで、ある程度は落ちますが、しつこい汚れは落としきれません。

白く層になった頑固な汚れはダイアモンドパッドのような硬いもので擦らなければ落ちません。

しかし、それほど硬いものなので、鏡本体に擦り傷をつけてしまい、結果汚れが付着しやすくなってしまいます。

結果、鏡を交換するしかないのです。

やはり汚れのない鏡はキレイですね。

新しくなったら、例のワイパーで水を切っておきましょう。

自動洗浄付きレンジフード(キッチンの選び方)

自動洗浄機能のついたレンジフード、各社から出ています。

長年レンジフードの掃除を一度でもした方は分かると思いますが、かなり大変ですね。

そんな経験者は毎年、年末になると気になるレンジフード。

月一で掃除していれば年末は気にならないのでしょうけど、それほどマメでない方にとってもやっぱり年末はどうしても気になってしまう油汚れ。

目の前の壁ならまだしも、羽根のついたレンジーフードは分解掃除しないといけないので、汚れが溜まってしまうと、ハウスクリーニング業者を呼ばなければならなくなる。

その面倒なレンジフードの掃除を不要にできる換気扇が「自動洗浄型のレンジフード」なのです。

私も仕事柄「そんな簡単な筈がない」と思っていましたが、説明を聞いて少し納得しました。

凝り固まった汚れはやはり人の手が必要ですが、例えば1週間の調理で使った油を換気する場合、レンジフードの羽根には少しの油しか付いていません。

油汚れを落とすには水では落ちにくいですね。

温度を高めてあげ、お湯で洗うと汚れが落ちやすい。

そして、ちょっとの油汚れであればお湯で落ちやすくなる。

この原理をレンジフードに適用したレンジフードです。

それは大体の機器の寿命が約10年と言うこと。

確かに倍の20年使っても壊れないことも、ままあります。

毎年レンジフードのクリーニングに¥15,000使うとすると10年で約150,000円。

15年使うと225,000円にもなります。

このランニングコストが¥0になり、その分貯金をすると、10年以上経過した頃にはレンジフードが交換できる金額になるのです。

考え方を変えれば、レンジフードの交換はむしろ新しい機器になるので、回転効率が悪くなった古い機器の電気消費のロスから解放され、回転が悪くなり換気効率も悪くなり環境改善にも効果が高くなります。

 

歩くと床からきしむ音がする

部屋の中を歩くと床がキュッとかギュッとか嫌な音がする。

いつも歩いていると同じ所で鳴りますよね。

例えば洋室から出た所の廊下とか、洋室に入って1歩めとか…

床鳴りは不愉快ですが、機能的に問題があるわけでは無いのでそのままの方も多いと思います。

床鳴りは大まかに2種類あります。

床板と根太を固定している釘が錆びて痩せてしまい上下に擦れてしまう時の音のケース。

これは床板が根太(下地の角材)が支点になりシーソーのようになっていて、例えば右足と左足に交互に体重をかけるとギシギシと音がする場合です。s

板と板の継ぎ目が擦れた時に鳴るケース。

後者の場合は継ぎ目を広くしてあげれば擦れないので鳴らなくなるので比較的簡単ですが、前者の根太に刺さった釘が原因の場合、困難です。

何故なら痩せた釘が原因なのですから、複数箇所あるし、今後も同じような状態になる可能性が高いので、殆ど全部の床を剥がして新しいフローリングで張りなおさなければ直りません。

今回はCFの上から修復の跡が分かる所での床鳴りで、且つ体重をかけると沈むのが分かる位でした。

他は鳴らないので沈み込む所を開口します。

中を見ると修復箇所の根太がスラブから浮いています。

これでは床が沈み込む筈です。

そこで根太が沈み込まないように手当てをしました。

修復した後、このまま塞ぎました。

これだけでも当たりをつけて開口するまでに小一時間かかっています。

(無闇に開口しても意味がないですからね)

これで床鳴りは無くなりました。

この現場は昔どなたかが修復した跡があり、そこが原因だったので分かりやすかったのですが通常だと床を全部張替が必要です。

床のきしみ音の解消はなかなか一筋縄では解消できません。

水栓カートリッジの交換

今日はKVKと言うメーカーの洗面台の水栓カートリッジの交換です。

水栓(蛇口)から水漏れがあると、昔はパッキンを交換しました。

昔は、と言う言い方が良いか悪いかはさておき、くるくる回して水を出す蛇口は構造がシンプルだったので、いわゆるコマと呼ばれるパッキンとくるくる回す付け根辺りに付ける三角パッキンを交換すれば良かったのですが、シングルレバー水栓はカートリッジと呼ばれる物(アッセンブリーのパッキンとでも言いましょうか)を交換します。

カートリッジの型番はPZKM110Aです。

まず、レバーを外します。(まん丸のメッキの蓋を外して、ネジを緩めます)

あ、その前に水を止めて…(今回は止水栓があるので元栓は止めません)

次にカートリッジを固定しているネジを外します。

カートリッジを外します。

ちなみに、TOTOはこれをバルブと呼びます。(メーカーによって呼称が違うので注意)

中に異物やゴミが無いことを確認します。(あれば取り除きましょう)

新品のカートリッジです。

新しいカートリッジを取り付けます。

カートリッジをよく見ると手前という文字があるのでそれを自分の方に向けて取り付けます。

カートリッジをきちんと固定する為に輪状のパッキンが浮かないように本体にきちんとはめ込みます。

その後は外した順の反対の順で取り付けていきます。

新しいネジがカートリッジに同梱されているので新しい物を使って締め込みます。

これで完了です。

交換前は下の画像のようにカウンターが水漏れでビショビショになっていました。

カートリッジを交換すれば直ります。ただ、このように水浸しになる場合、壁にカビが生えたり、そのまま床に垂れて、最悪知らないうちに階下への漏水にならないように注意しましょう。

吊り戸棚(キッチンの選び方)

キッチンの吊り戸棚は割とスルーしてしまう傾向があるような気がしましたので、クリナップの吊り戸棚で説明します。

吊り戸棚の高さについてですが、当然50cmより60cm、60cmよりも70cmの高さの方が収納できます。

しかし、特にマンションはキッチンの天井高が例えば220cmとか210cmの高さの場合もあります。

キッチンの天井が210cmの場合、ベースキャビネットのワークトップの高さ80cmを選ぶとすると、必然的に吊り戸棚の高さは50cmにすることが多いです。

それはワークトップの端のガスコンロからレンジフードまでの距離は80cm以上が消防法によって決まっています。

(天井高)210cm-(ワークトップの高さ)80cm-(コンロからレンジフードまでの最低高)80cm=50cm

必ずしもレンジフードの高さに揃えなければならないと言うことはありません(条件が必要です)が、揃っていた方が綺麗と言う点と調理している時に吊り戸棚に頭が当たりにくいと言う2点があります。

吊り戸棚へのお皿とか鍋などの出し入れはちょっとシンドイですね。

棚が下に電動で下がるタイプや手で引き下げるタイプもあります。

踏み台に乗って出し入れをするよりも、その場で上げ下げして出し入れする方が楽ですよね。

もう一点注意して頂きたいのは頭よりも高い位置にある収納箱です。

地震の時に上から落ちてくるのを防ぐために耐震ラッチ付きをお勧めします。

 

単にオマケのようについてくるからそのまま付けるイメージの強い吊り戸棚をもう一度考えてみましょう。

なお、クリナップの吊り戸棚についてはこちらをご覧下さい

 

ワークトップ高さ(キッチンの選び方)

キッチン選びの時、高さに注意しましょう。

今回はワークトップの高さです。

ワークトップ、天板、カウンタートップ、調理台など呼び名が色々ありますが、まな板を置く所の高さですね。

この高さは背の高い人が前屈みになると腰に負担がかかりますし、背の低い人だと伸び上がらなくてはならない。

新しいキッチンにした後では遅いので、必ずこの高さを吟味して欲しいのです。

主要メーカーのウエブサイトから図とURLを紹介します。(図は各社の画像を貼り付けていますので、見辛い場合は記載のURLからご確認下さい)

まずクリナップ

https://cleanup.jp/kitchen/choice.shtml

次はLIXIL

https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/system/

最後にタカラスタンダード

http://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/contents/cook.html

いずれのメーカーも身長➗2➕5cmの式で高さを算出するように推奨しております。

ただ、私個人的には、ショールームに行ってご自分で高さを実感して頂きたいのです。

包丁で切る、お鍋をかき混ぜる時、奥の調味料や道具が取りやすいか、蛇口の使い勝手などを確認して頂きたいのです。

また、吊り戸棚などに頭が当たらないとか、逆に吊り戸棚の物が取り出しやすいかなどもチェックして頂きたいのですが、この項目はいずれ取り上げます。

この高さ。業者によっては割と軽視する場合もありますので、必ずチェックして下さい。

クロス部分貼替

マンションのお部屋。

クロスが破れた所が2箇所あって「面」単位での貼替となりました。

売却する場合、買う側からすれば悪い印象を持たれてしまう。つまり価値を低く見られてしまうとも言えます。

価値を保つ為には小工事ならやっておいた方が良いかもしれませんね。

今回はクロスの部分貼替です。

クロスの柄は数年で変わってしまいます。

10年以上同じ柄を継続して生産するものもありますが、殆どが型番変更で廃番になってしまいます。

そうなると壁全部を貼り替えるか、部分的に似たような柄で貼り替えるか、になります。

それならば一部だけでもキレイにして印象度をアップしたい

そして貼り替えた結果がこちら。

玄関ドアの上(梁部分)と右側(柱部分)です。

入隅で区切られた所を貼り直しました。

こちらも窓周りの入隅で区切られた所を貼り直しましていますが、パッと見た感じでは違和感はありません。

使い方が悪く見られると資産価値が下がって見られますので、修理、リペア、部分貼替などはした方が良いと思います。

ただし、内装会社やリフォーム会社によっては、飛び込みのお客様は「部分的な修理」は嫌がられることがありますのでご注意下さい。