チャイムからモニターホンに

最近は物騒な世の中と言われています。

ただ、それほど極端に悪い世ではないと思っていますが、そうは言ってもニュースなどでストーカーなどはやはり怖いものです。

チャイムだけだと、セールスの場合もわかりませんし、宗教の勧誘などもわかりません。

画像は玄関にあるチャイムのボタンです。

室内は高い位置にあるチャイムです。電池式なので、電源は不要ですが、モニターホンにする場合電源が必要なのです。

モニターホンに交換します。

モニターホンを設置する場所に電源を隠蔽で配線しました。

分電盤から配線します。

古いチャイムの玄関側のボタンの位置にカメラを設置しますが、古いカバーの跡が出ないように注意しながら設置します。

室内側はモニターホンだけの電源供給だともったいないので、モニターホンの下に延長して新たにコンセントを設置しました。

画像はPanasonicのモニターホンです。

録画機能も付いているので留守中に誰が来たか確認できます。

最近では賃貸物件の必須条件の1つにもなっています。

また、価格もかなりこなれてきていますので、お勧めの商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です