建具(室内扉)

今回リフォームをした部屋は白の木目で統一しました。

ただし、全ての建具を交換はせず、使える所は残すようにしました。

数十年前のマンションの建具はクリーム色の単色のものが多いです。

白の木目と単色のクリーム色が混在するマンションの一室を想像すると、少しだけチグハグな感じがするかも知れません。

そこで、単色の建具に貼りものをします。

昔カッティングシートと呼ばれた(今も呼ばれているかも…)白の木目を貼りました。

下足箱は新しいもので、大建の製品なので白の木目です。

その左の扉はリンテックのパロアと言うシートを貼っています。

型番はPWO809(オーク)

ガラス扉は先程のパロアを貼っています。

ただ、折戸が白の木目の横柄で際立っているので画像では分かりづらいかも知れませんがクリーム色ではなく白の木目(縦目)になっていますので、溶け込んでいると思います。

建具交換はリフォームでも費用のかかる部分です。

3Mのダイノックや今回貼ったパロアなどを活用する方法も提案しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です