キッチンのプチリフォーム(ダイノックシート)

キッチンを取り替えると費用も掛かるので、プチリフォームをしました。

今回の主目的はレンジフードの交換。

かなり劣化したレンジフードだったので、モーターから異音がしていました。

もちろん、キッチン全部を交換するのが望ましいのですが、賃貸物件と言うこともあり、大家さんの意向で部分的にリフォームを行うことになりました。

レンジフードの交換は必須でした。

あとは扉の面材が浮き上がりパリパリになり部分的に剥がれてしまい、下地がむき出しになっていました。

この現象は吊り戸棚ではなくベースキャビネットの扉です。

おそらく水がかかりふやけていったのだと思われます。

レンジフードの交換は前のブログでも紹介しておりますがブーツ型からスリム型になりました。

このスリム型は最近選ぶ方が増えていて人気の商品です。

レンジフード交換と同時に扉に面材を貼り込みました。

ダイノックシートと業界内では有名なカッティングシートのような面材です。

木目の横柄を貼りました。

印象が変わり明るくなります。

取っ手も交換しています。

賃貸物件とは言ってもキッチンは毎日使う重要な設備。

この扉の表面が剥がれているとテンションは下がりますよね。

それだけならまだしも半分壊れたようなキッチンだとクレームの原因にもなり兼ねません。

借りる側からしたら「自分が壊したわけではない」と言うことを伝えておかなければ退去の際に修理費用を請求されると考えてしまいますので、劣化箇所はできるだけないようにしたいです。

また、入居時に壊れていたとか劣化していたとか剥がれていたなどと言うのは不動産業者や大家さんと確認しておきたい事項です。

大家さんも全面的にリフォームするのは費用がかさみますので予算内でできる限りのリフォームを、と言う気持ちが伝われば良いのではないかと思います。

決して新築に住むわけではないので100%満足のいく物件はないと思います。

これ以外の箇所交換しているところもあれば修復している箇所もありますので、問題はないと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です