防音(断熱塗料3)

ガイナの特徴のうちの1つに防音があります。

これは決して防音用の塗料と言うことではありませんが、結果防音効果も併せ持っています。

また、遠赤外線を発生させるのですがこれはまた後日。

さて、防音の効果について動画を御覧ください。

遮熱塗料、断熱塗料は他社でもあります。ただし「ガイナ」の断熱の考え方とは違い太陽光を反射させる方式です。

ガイナは塗膜の中に断熱の素材を含んでいるので基本的な考え方が違います。

なお、詳しい事は特許でもありますので、言及できませんし、私にもわかりません。ただ、JAXAの技術であることから、他社は真似できないのもガイナの優位なところです。

さて、防音効果があることがお分かり頂けるでしょうか。

この実験は自分でもやって見ましたが同じ結果でした。

この塗膜の中にはかなりの技術が詰め込まれていますし、実際、他の塗料の塗膜よりも厚いことは事実です。

ネガティブな話として良く言われるのが塗膜が厚いので屋根の隙間に塗料が入り込む、そしてその塗膜が悪さをして毛細管現象を引き起こし雨漏りを起こす、と言うことを実は私も数人の塗装職人から聞いていましたので、質問を浴びせました。

すると、確かに厚塗りではある為施工手順を間違えると前述の毛細管現象で雨漏りが起きてしまう可能性もありますが、施工手順をきちんと守って行えば雨漏りは起き得ないことです。

断熱塗料は各社競争していますので、それぞれが自社の優位性を唱えそれぞれが他社のマイナス点を探してアナウンスする状況があるようです。

話を戻します。

防音(消音ではありません)の考え方としては振動を伝える介在物質を限りなくなくすことです。

できれば真空の空間が間に入れば音は伝わりません。

真空の箱があったとすると、真空の中は音は伝わりませんが、真空にする箱が振動を伝える役目をするので、結果防音効果は下がります。

真空を作るのは現実的ではないので、間に空気層を作れば振動の伝わり方はかなり軽減されます。

似たような原理がガイナの塗膜内の発泡セラミックで起きています。つまり空気層があるから、断熱もするし、結果防音効果も生じると言うことです。

大きな工場の折板屋根ではガイナを塗装することで雨音が小さくなったと言う報告や一般住宅の外壁や屋根に塗装することで近所の騒音の聞こえ方が小さくなったと言う報告もあります。

さらに、明日は遠赤外線の話を致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です