ウォシュレットのプレミストとは

TOTOのウォシュレットのプレミストとはなんぞや?

これがあると大便が便器に付着しにくいのです。

プレミスト。いわゆる水養生と言いまして、便器に細かい霧状の水滴をまいて水の膜を張り、便器を濡らすのです。

便器が乾いた時に大便をすると便器に付着することがあります。

尾籠な話で恐縮ですが、力を入れてしまい大便が飛び散ることもあります。

こんな時、便器の乾いた所についてしまう。(素直に便器の水溜りに落ちてくれれば問題はないのに…)こういう事が私はたまにあります。

しかし、一度レバーで水を流してから大便をするとそれほどこびりつくことはありません。

そうなると大便をする前に1回、終わってから1回、計2回水を流すとかなりの水の消費になりますよね。

特に家族が4人もいると、古い便器だと1回に流す量がが18リットルなので2回で36リットル。

大便の場合、家族4人だと1回あたり144リットル。月に換算するとこれだけでゆうに1立方メートルを超えます。

水道代は良いから、と言う方もいらっしゃるとは思いますが、今は節水型便器の時代です。

現行のウォシュレットは全てこのプレミストが装備されています。(TOTOのサイトはスクロールするとプレミストの説明が出来てきます)

プレミストは微量の水で便器を濡らしてくれるので便のの付着。防いでくれると同時に節水効果もあるのです。

また、アプリコットは着座した時にプレミストが作動しますので、ボタン操作は不要です。

私は無精者なので、お掃除の回数を出来るだけ減らしたいと思っています。

そんな面倒くさがり屋さんには良い機能だと思うのです。

さらに昨日のブログに記載しました除菌水の噴霧は菌を付けにくくするミストですのでよりお掃除の手間が省けるのではないか、と思います。

以上、プレミストの効果についてお話ししましたが如何でしょうか。

あるとないとでは掃除の回数に影響してきますのでかなり有用だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です