台風19号のツメ跡

弊社のお客様も、この間の台風19号の被害に遭われました。

しかも床上浸水。

画像は外壁を撮影したところですが、1.1mの所に土の横線があります。

これが水位を表しています。

1階は和室と洋室があり、和室は畳、洋室はカーペットが水浸しになりました。

夕方4時頃から浸水が始まり7時頃には1階の床上まで水が上がってきたそうです。

夜中の2時に確認したところまた水の量は減っていなかったようです。

その後水位が下がり始め朝6時には水は引きました。

まずは泥を拭き上げて取り敢えず行き来できるようにすることで精一杯。

翌日、畳を搬出します。

廃棄処分です。

カーペットも水を吸っていてかなり重かったようです。

床下は水を含んでいるでしょうからまずは乾燥させることを優先して、今は2階で生活をしていらっしゃいます。

床を開口するとやはり水浸しで、断熱材も水を含んでいて、このお部屋は床を全部はがして、やり直さなければならないと思っています。

身近に被害に遭った方がいるとは夢にも思わなかったです。

ちなみに車は廃車になったようですが、命があって良かったと思います。

2020年10月になって被害にあった別荘もご相談を受けました。

One Reply to “台風19号のツメ跡”

  1. ピンバック: 2019年台風19号の被害

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です