追い焚きをつけたい(マンション)

Q. マンションに住んでいますが追い焚きのできるお風呂にしたい

どんな工事が必要?

  • ペアチューブの配管
  • 給湯器の交換
  • 浴室の交換(もしくは湯舟の交換)

湯船のお湯を給湯器で再度加熱してそのお湯を湯船に戻す循環するペアチューブを配管しますので床下に空間があることが条件になります(天井を通すケースも考えられますがこれは調査をしなければ出来るかどうかはわかりません)。

上の画像は廊下の床を剥がした時のものです。ベランダの給湯器から浴室までの床の下にペアチューブを配管します。

この先の浴室まで配管をします。

下の画像のように給湯器からペアチューブを配管する為にコンクリート壁に穴を開ける必要もあります。

浴室まで配管が出来たら、浴槽に接続しますので、浴槽(湯舟)に専用の穴が必要です。

既存の湯舟に孔をあけるのは水漏れなどのリスクが高いのでユニットバスの交換の時がベストのタイミングです。

給湯器は追い焚き機能のある給湯器に交換しなければなりません。

上記のように単にユニットバスと給湯器の交換以外に配管をしなければなりません。

床の開口などをすると当然復旧工事もありますから、できれば床の工事もする時に合わせて追い焚きの工事をする事をお勧めします。

それから一戸建ての場合は追い焚きにするにはマンション程の配管が不要なので、工事費もそれほど高くないと思います。

一戸建ての場合、給湯器がお風呂のすぐ近くに設置されているからです。

冬は冷えた体で湯船に入ったり、家族の中でも遅くご帰宅される場合など、お湯の温度が下がります。

そんな時追い焚きがあれば、冷えた体を温めてくれ、リラックス出来る本当に良い機能です。(私の個人的な感想ですが以前は追い焚きがなかったので湯船のお湯が冷えた時は少しお湯を抜いて新しくお湯を入れていました。ただ、これ、意外と時間がかかるし、お湯の量もかなり入れていたのでエコではないな、と思っていました)

ご質問はこちらまでどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です