瞬間湯沸かし器から外付けの給湯器に(キッチンリフォーム)

瞬間湯沸かし器

瞬間湯沸かし器を知らない世代の方もいるかもしれません。

台所のシンクの真ん前にある水を瞬間的にお湯にする機器です。

これが瞬間湯沸かし器です。

流し台の蛇口は水のみでお湯のハンドルはありません。

お湯が必要な時はこの瞬間湯沸かし器を稼働させると湯沸かし器の先からお湯がでます。

シングルレバー水栓にしたい

瞬間湯沸かし器をなくしてお湯と水の出る蛇口に交換したい場合は根本からリフォームしなければなりません。

その根本と言うのは水道管の事です。

上の写真の場合、給水管(水)しかありません。

給湯器と給湯用の配管さらにガス管も必要

瞬間湯沸かし器の代わりに給湯器を設置する必要があり、もう一点は給湯管を新たに配管しなければなりません。

もしかするとガス管も新規に配管する必要もあるかもしれません。

どんな工事をするの?

まず、流し台を撤去し、フローリングを剥がします。

給湯器を外に取り付け、そこから給湯管を流し台まで配管します。

もしかすると壁に給湯管用の穴を開けることもあります。

配管工事が終わったら床を復旧する。

床がツギハギになるので、CFを貼るか、フローリングを張り替えるようになります。(フローリンではなくフロアタイルを貼る場合はツギハギになっても問題ないので合板で下地を作ります)

配管工事(水道工事+ガス配管工事)、大工工事、内装工事が終わったらキッチンを設置します。

キッチンの完成後はスッキリします。

瞬間湯沸かし器のデメリット

瞬間湯沸かし器があった時は蛇口の周りがゴチャゴチャしていました。

蛇口のあたりから給湯器へ水を供給しなければならないので、分岐水栓があったり、ガス管があったり、瞬間湯沸かし器本体があったのですから仕方がないですよね。

窓がスッキリし、蛇口がシンプルになり使いやすい感じに見えると思います(実際使いやすくなります)。

瞬間湯沸かし器のメリット

文字通り瞬間湯沸かし器を点けるとすぐにお湯が出てくると言うこと。

給湯器のデメリット

給湯器で着火して水がお湯になって給湯管を通ってキッチンの蛇口まで来るのに時間が掛かります。(いわゆる捨て水が生じるのです)

それでもやっぱりシステムキッチンが良い訳は

どちらのキッチンで料理を作りたいかと言えば新しくしたキッチンですよね。

結論:料理がしたいと思う気持ちが大切です。やる気や美しさ機能を優先するキッチンを提案します

ご質問、お問い合わせをお待ちしています

ご質問などはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です