窓サッシは単板ガラスから複層ガラスへ

ガラスは通常1枚の単板ですが、最近は複層ガラスにする新築戸建てはよく見かけます。

複層ガラスにすることによってのメリット防音効果、断熱効果があります。

もちろん全てを満足するわけではなく防音に特化した複層ガラス、断熱に特化したもの、さらには輻射熱を軽減するものなど各種取り揃えています。

用途や困っているポイントに合わせて選ぶ事が大切です。

対してデメリットもあります。

それはガラスが重いこと。

滑車に負担が掛かる事は言うまでもありません。

また割れた時に交換するまで時間が掛かる。

単板ガラスは現場でカット出来るものが多いですが複層ガラスは工場で作られるので日数が掛かります。

もう一点デメリットがあります。

それは直射日光の熱までもカットしてしまう(Low-E)ので真冬日光で温まるはずの部屋が暖房でしか暖まらないので自然な暖かさは得られなくなりますので、太陽光を取り入れなくても良い北側の部屋などに配置した方が良いでしょう。

防音や断熱に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です