日立化成のユニットバス

ユニットバスの中にある洗面ボウルの排水管から水漏れが発生。

洗面ボウルからでた排水は一度下がってそれから上がって浴槽の方に流れていきます。

排水が直線か、あるいはL型で排水すれば良いのにわざわざ曲がっているのはなぜなのか?

それは排水トラップと申しまして管の中に水を溜める事で臭いや虫が上がってこないようにする装置なのです。

それはともかく、水漏れの原因は配管をつなぐパッキンの劣化。

ではこのパッキンは簡単に手に入るか?

と言えば、答えはNO。

日立化成で作っているユニットバスなので、このメーカーの物でないと合いません。

では日立化成に連絡しようとしても既に日立化成は既になくなっています。

昭和電工の子会社となり昭和電工マテリアルズになっています。

しかし!

ここに連絡しても何も解決出来ません。

ユニットバスの修理などに関しては、ハウステックが引き継いでいます。

ややこしいですね。

今回はハウステックに修理まで依頼しました。

日立化成のユニットバスの修理に関してはこちらから連絡をしてみてください。

ちなみに水栓メーカーでMYMがありましたが、これはKVKに引き継がれています。

このように今はないメーカーの修理に関して調べるのは少々面倒くさいですが、引き継いでいる会社があればラッキーだと思いますので根気よく調べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です