エアコン交換(2階室内機、1階室外機の場合)

エアコンの交換工事で2階に取り付けて室外機は1階の場合は外壁に配管があります。

特に配管カバーをしている場合はハシゴを使って工事をしなければならないので通常よりも工事費がかかります(高所作業)。

既設の配管カバーを再利用する場合、新たに配管カバーを新設する場合、配管をテープ巻きで仕上げる場合とそれぞれ工事費は異なります。

例えばベランダに室外機、そのすぐの部屋に室内機であれば冷媒管は4m以内で収まります。

しかし2階から1階になると6m以上の長さが必要になります。

危険作業と冷媒管の分費用がかさみます。

このように、エアコンの交換だから一律の価格ではないのでご理解下さい。

新しいエアコン(クロス貼替後)

またもっと高い所だと足場が必要だったり、高所作業車が必要だっり(この時は警備員も必要)現場によって状況が違うので価格が異なります。

さらに言うと以前お伝えしましたが、隠蔽配管の場合も標準価格では工事が出来ません。

過去、3階建ての3階のエアコンが壊れてしまい見積を取ったら「足場がないと工事が出来ない」さらに「足場を立てるならついでに全部の部屋のエアコンを交換した方が良い」と言われ100万円以上の見積書が来てビックリ‼️と言う例もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です