コロナ禍における空室管理

一都三県に自粛宣言が出されるようです。

賃貸物件の空室率も高くなると思います。

そこで大家さんや管理者の方に知っておいて頂きたい事があります。

空室は最低ひと月に1回は水の補給をしましょう。

水の補給とは何か?

それはキッチン、お風呂、洗面化粧台、洗濯機防水パン、そしてトイレです。

水が蒸発してしまうからです。

水が蒸発すると悪臭が部屋に充満するばかりではありません。

今のコロナ禍の時代は下水道からコロナの菌が悪臭とともに上がってくる可能性が高いからです。

コロナの菌は、菌保持者の排泄物から下水に流れていきます。

それがトイレの蒸発した便器から部屋に入り込んで来るのです。

トイレは通常水が溜まっています。

しかし、この水が干上がってしまうと水で堰き止めていた臭い、虫、そして菌が上がってくるのです。

この水溜りのことを封水と言います。

つまり水で封じているのです。

この仕組みはこちらで説明していますのでご覧下さい。

コロナ対策の一環として是非水を切らさないようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です