蛇口からポタポタ水漏れ【シングルレバー水栓】

シングルレバーの蛇口からの水漏れはカートリッジ交換が必要

手で持っているのがカートリッジ

レバーを上げ下げして水を出す仕組みの蛇口はちょっと面倒というか難しいので専門業者にまかせることをおすすめします。

  • 普通のパッキンではなく型番に適合するカートリッジでの交換が必要
  • 本体を回さないためなどの専用工具やその他の工具が必要
  • カートリッジを固定しているナットを外す時、本体も一緒に回ると管が破損する可能性がある

クルクル回して出す蛇口ではパッキン交換は簡単ですがシングルレバーの蛇口は素人の方はやめたほうが無難です。

業者に払うのがもったいないと言って作業を始めると途中でつまずきます。

Yahoo知恵袋にこんな事例がありました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13237258923?__ysp=44Kt44OD44OB44Oz44CA5rC05ryP44KM

 

1. 型番に適したカートリッジ

  • メーカー(TOTO、LIXIL、KVK、MYMなど)(TOTOは「バルブ」と呼称しています)
  • シールや取扱説明書に記載されている型番

を調べて、カートリッジを注文しなければならず、間違えると取り付けできません。

 

2. 専用工具が必要

  • モンキーレンチ(ナットに合うサイズのもの:必ずナットのサイズに合うもの)
  • 本体回転止め用専用工具(もしくはパイプレンチ)
  • ハンマー
  • プラス、マイナスドライバー
  • プライヤー
  • 千枚通し(もしくは極細のマイナスドライバー)
  • タオル

 

3. 本体が回転しないようにする

作業すると六角ナットを緩めなければなりません。

水漏れするようだとかなりの年月そのままなのでかなり固着しています。

これをモンキーレンチだけ回そうとすると蛇口本体も一緒に回ってしまいます。(特にキッチンの水栓でワンホール型は簡単に回ってしまいます)

お湯と水の配管も一緒に回ってしまいネジ切れることがありますので注意して欲しいところです。 この六角ナットが取れないと先に進めません。

3.が1番難しいところですので、ダメだったらあきらめて業者にやってもらいましょう。

下手にやって漏水事故を起こすと後の代償の方がびっくりするくらい高くついてしまいます。

迷惑をかけた方への精神的な負担の方が大きいかもしれません。

 


実は私たちリフォーム業者も慎重な者は専門業者にまかせます。 何故かというと、毎日毎日作業をしている人達は勘所があるからです。

パイプの付け根からの水漏れについての事例はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です