黒いクロス

壁紙をどんな色合いにするか、と言うのはリフォームをする上でかなり重要なポイントになります。

一般的には私たちは明るい色をとアドバイスします。

それは部屋が明るくなるから。

しかし、それも過ぎたるはなんとやら、で真っ白のクロスを選択する方もいらっしゃいますが、真っ白は汚れが目立ちます。

蚊が止まっても分かるくらいです。

生活していく上で少しづつ汚れていきますが、真っ白は汚れたのが分かりますが、少しトーンを落とすとそれほど気にならなくなります。

ここ数年はサンゲツ、リリカラ、東リ、それ以外のメーカーもかなり色の濃いクロスを見本帳に入れています。

これはアクセントクロスが流行っていることを意識してのことだとも思いますが、インテリアを手がける者にとっては選択肢が増え楽しくなっています。

白は汚れが目立つ、と言うなら「黒」のクロスはどんなものでしょうか。

黒は光を吸収するので、明るさを求めることは出来ません。

ただし、かなり落ち着いた感じになり、アクセントにすると少しキツイかな、とも思えます。

画像は天井を黒いクロスで貼った場合です。

夜の画像ですが、天井はダクトレールでスポットライトを入れていますが、スポットライトも黒なので、照明の違和感はありません。

ご覧の通りかなり落ち着いた感じの雰囲気になります。

床もグレー系ですが、それほど濃い色合いではありません。

照明をシーリングライトにしなかったのは直接光がこの部屋には合わないので、敢えてスポットライトで反射光を楽しむようにしました。

ただ、写真では分かりづらいのですが、クロスの黒は継ぎ目がどうしても目立ちますので、施工は非常に難しいです。

バーのような雰囲気になり、お酒が好きな方にとっては好ましいインテリアなのかもしれません。

キッチンのイメージチェンジ

キッチンをお化粧直しします。

古いキッチンも新しいキッチンに生まれ変わります。

何の変哲もない普通のキッチンです。

流し台の配色などを見ても古さは感じます。それとクロスもよくあるタイプのクロスなので、一面にアクセントを付けてみます。

まずはクロスでアクセントを付けてみます。

ガラッと雰囲気が変わります。

立体感のあるレンガになりました。

ただ、キッチンは昭和が残っています。

この扉にダイノックを貼って最近のデザインにしてみます。

内装のデザインによってお部屋の雰囲気は落ち着いたり、新しく見えたり、ポップになったり、子供部屋になったりします。

何気なく毎日見ている部屋を自分好みの部屋にも出来ます。

アクセントクロス

アクセントクロスとは?

壁の一部分に他の面とは違う色のクロスとか柄物のクロスなどをワザと貼ってアクセントにする方法です。

下の画像は影でグレーになっているのではありません。

グレーのクロスを貼りました。

例えば子供部屋だと黄色や黄緑色を取り入れたり、星の蛍光色のあるクロスを天井に貼るとかなど遊び心がありますね。

私個人的にはピンクは薄いのはまあ良いとしてショッキングピンクなどはお子さんの部屋では避けたほうが良いと思います。ピンクは脳を興奮させる作用があると聞きますので、ある程度の年齢になるまでは壁には用いないほうが良いと思っています。

例えば桜色とか赤に近いピンクなどを取り入れて上手にデザイン出来れば気持ちの良いお部屋になると思います。

リビングは落ち着いた場所と言うことにするためにシックな色はオススメです。

色は大切で例えばブルーグレーのようなクロスを全体に貼るとイメージ的に北欧調になるとかが考えられます。

ただ、そういう風にするなら家具や調度品なども北欧のものにしないと中途半端になってしまいます。

欧州ではなく、その他色を取り入れる場合、リビングだと天井は白で壁はベージュに濃い茶色のアクセントとか。

濃い色を好む人と同じアクセントでも薄い色のほうが明るくて良いと感じる人もいるでしょうから、賃貸マンションでは濃い色や柄モノを貼ると物件自体は良いけどデザインが気に入らず契約に至らないケースもありますので、単にアクセントクロスを貼るのは控えたほうが良いと思います。

何かをイメージしてのアクセントは生活に潤いを与えてくれますよ。

アクセントクロス

アクセントクロスは一部分に色や柄の違うクロスを貼ることで雰囲気作りをします。

アクセントクロスにした後がこちら

引き締まった感じになります。

好みは分かれるところですが、キズのついた面だけ貼り替える事で修復と同時に今までとは違った雰囲気になります。