キッチンのタイルの目地の汚れが気になる

キッチンの前にはタイル張りの壁があります。

これは不燃材で火に強い燃えない素材です。

また、タイルは磁器なので、擦っても傷はつきません。

しかし、タイル目地のこびり付いた油汚れはなかなか取れません。

目地材は白いモルタルのような物なのですが、油が付着した後コンロの熱で油が固着します。

するとこの目地は綺麗にならないのです。

熱で固着する前ならかなり綺麗になるとは思います。

最近ではタイルではなくキッチンパネルに取って代わっています。

目地がなく鏡面のパネルが多く、洗剤を使えば油が除去できます。

目地のお掃除から解放されるのです。

油が固着した目地の汚れは取れませんが、目地材を一旦削ぎ落としてまた目地材を入れ直せば良いとは思いますが、私も実験したことがあるのですが、目地材のみを削ぎ落とすのはほぼ無理だと思います。

目地のみを削ぎ落としたいのですが、タイルまで傷つけてしまうので、結果状況はひどくなります。

また、今あるかどうかはわかりませんが目地の上から白い塗料を塗ることもやってみたことはありますが、はみ出したり、油の汚れの上は塗料がはじいてしまい綺麗にはなりませんでした。

これからはキッチンパネルにする方がかえってコストがかかりません。

タイル職人も高齢になり廃業する人も増え、その割には若い人はいないので、結局タイルを施工してくれる人はあまりいません。

結論としては、目地を綺麗にするには限界があると言うことを認識しておいた方が良いと思います。

クリナップ「ラクエラ」の工事

キッチン工事について、どんな手順で進めていくのかについてご紹介します。

元々のキッチンはこのような感じです。

箱型のキッチンです。ガスコンロはガステーブルを別途で据え付けるタイプです。

キッチンパネルが長さ2400㎜なのでかなり幅をきかせています。6帖のお部屋が一杯になる感じです。

キッチンパネルがなくなってもこんなにあります。全部の部品一つ一つが梱包されていますのでかなり、かさばります。

下地作りをしたところにキッチンパネルを貼ります。

勿論キッチンパネルを加工して専用の接着剤で定位置に貼ります。

先程のセットを順番に組み立てて行きます。

そしてほぼ組み立てたところが…

この後、水道工事、ガス工事、ダクト工事、電気工事を行い完成に至ります。

キッチンはクリナップの「ラクエラ」でワイドが2100㎜あります。

収納は引き出しタイプではなく扉タイプです。色はカフェウッドモカです。

ガスコンロは3口タイプでお料理はしやすいと思います。

棚下灯はミンテイジの超薄型LEDライトにしました。

一般的なキッチン手元灯よりも長さがあり全体を照らすので、洗い物をする時も、調理台の上で物を切ったりする時も明るく見やすいように考えての選択です。

瞬間湯沸かし器から外付けの給湯器に

瞬間湯沸かし器を知らない世代の方もいるかもしれません。

台所のシンクの真ん前にある水を瞬間的にお湯にする機器です。

これが瞬間湯沸かし器です。

蛇口は水のみです。

お湯が必要な時はこの瞬間湯沸かし器を稼働させると湯沸かし器の先からお湯がでます。

瞬間湯沸かし器をなくしてお湯と水の出る蛇口に交換したい場合は根本からリフォームしなければなりません。

上の写真の場合、給水管のみが流し台まで通っています。

瞬間湯沸かし器の代わりに給湯器を設置する必要があり、もう一点は給湯管を新たに配管しなければなりません。

もしかするとガス管も新規に配管する必要もあるかもしれません。

まず、流し台を撤去し、フローリングを剥がします。

給湯器を外に取り付ける場合、そこから給湯管を流し台まで配管します。

もしかすると壁に給湯管用の穴を開けることもあります。

配管工事が終わったら床を復旧するか、床がツギハギになるので、やはりフローリングを張り替えるようになります。

フローリンではなくフロアタイルを貼る場合はツギハギになっても問題ないので合板で復旧します。

配管工事をすると意外と工事が大きくなります。

配管工事、大工工事、内装工事が終わればキッチンを取り換えられます。

キッチンの完成後はこんな風にスッキリします。

瞬間湯沸かし器があった時は蛇口の周りがゴチャゴチャしていました。

蛇口のあたりから給湯器へ水を供給しなければならないので、分岐水栓があったり、ガス管があったり、瞬間湯沸かし器本体があったのですから仕方がないですよね。

窓がスッキリし、蛇口がシンプルになり使いやすい感じに見えると思います(実際使いやすくなります)。

ただ、瞬間湯沸かし器のメリットは文字通り瞬間湯沸かし器を点けるとすぐにお湯が出てくると言うこと。

給湯器で着火して水がお湯になって給湯管を通ってキッチンの蛇口まで来るのに時間が掛かります。(いわゆる捨て水が生じるのです)

どちらが美しいかと言えば新しくしたキッチンですよね。

ただ、配管が出来ない場合(例えばかなり古いマンションで配管がコンクリートの床に埋まっている場合)は上記の通りには出来ないこともあります。

クリナップのラクエラ

クリナップのキッチン「ラクエラ」への交換。

画像は古いキッチンです。

賃貸マンションのキッチンです。

古いキッチンはお湯と水が別々のハンドルで吐水するタイプで、水切りの上に付いています。

このタイプのキッチンはまだまだ健在ですが、システムキッチンに徐々に置き換わっています。

シンクのすぐ際に水栓があり、シングルレバーになっています。

ガスコンロは付いていませんので、ホームセンターなどでガスコンロを買ってくるのが定番です。

昭和の頃の賃貸はガステーブルを買ってくるのは当たり前だったのですが…

吊り戸棚は既に取り付けていますので、ベースキャビネットの設置です。

シンクのある天板はまだ取り付けていません。

コンロ台、引き出しのある収納台、シンクの下のシンクキャビネットを設置します。

天板を取り付けてキャビネットと接合します。

天板の設置が終わったらコーキングを施します。

キッチンから水が隙間に入らないよう、また油やホコリ、小物が隙間に入らないように、綺麗に仕上げる為にコーキングをします。

ビルトイン型ガスコンロを取り付けています。

完成です。

クリナップのラクエラ。

幅は1650mmでコンロは2口。

3口コンロもありますが、1800mm以上の幅でないとセットできません。

レンジフードは最近主流となっているスリム型レンジフードです。

私個人的にはこのデザインは良いな、と思っていますが排気方向やダクト管の取り付け方などで必ずしもこの形が適合するわけではありません。

必ず専門家が調査して種類を決めるようになります。

クリナップのラクエラについてでした。

性格で選ぶキッチン(引き出し型か扉型か)

キッチンの下の収納には大きく分けて2種類ありますよね。

扉のタイプと引き出しのタイプ。

最近は引き出しタイプをメーカーも推しています。

その訳をクリナップのラクエラで見てみようと思います。

従来型だとベースキャビネットの収納は扉で、収納量は多いように思えますが、意外にデッドスペースが多いことにお気づきでしょうか?

このデッドスペースが気になるか気にならないかと言う性格からキッチン選びを考えてみましょう。

【タイプ1=整理整頓が無意識にできる】

例えば背の高い瓶類を奥に置き、手前に鍋などを置けば奥に何があるか見えますが、上部の空間は棚がないので、何も置けず無駄な空間ができてしまいます。それでも、100均やホームセンターで整理できるボックスや棚をうまくはめ込み無駄をなくすことが苦も無くできるタイプ。完璧主義タイプですね。

【タイプ2=整理は出来るが何がどこにあるかわからなくなる】

空間を埋めようと奥からキッチリ積み上げていけば前述の無駄なスペースはなくなりますが、奥の一番下に何をしまったか(何をなおしたか=関西以西の方の為に付け加えました・・・私も九州出身なので今でもたまに「なおす」と言ってしまいます・・・)が見えないので、手前を全部引っ張り出して必要な物を取り出してまたしまう(なおす)ことができるタイプの方。やれば出来るタイプですね。

【タイプ3=そのままにして見なかったことにする整理が苦手】

整理はしてもそのままにしておくタイプ。もしくはどんどん手前に積みあがっていくタイプの方。私もどちらかと言うとこのタイプになりますが、取り出す事どころか、見ることさえもしない事が多い方。無頓着タイプですね。

さて、あなたはどのタイプだったでしょうか?

タイプ1の完璧主義タイプの方は扉型の収納でも問題なく整理整頓ができますので、むしろ引き出し型の方が自分の力を発揮できず不満が溜まるかも知れませんね。そんな方は是非扉型を選んでください。いやいや、それでも整頓が楽に出来る方が良いと言う方は引き出し型をお勧めします。

タイプ2とタイプ3の方は是非、引き出し型を選んでください。今までよりも使いやすくなりますよ。

ただ、タイプ3の方は年に1回は「断捨離」が必要かもしれませんね。

 

では扉型と引き出し型を比べてみましょう。

まず、扉タイプはこんな感じ(画像はクリナップ「ラクエラ」ちなみに画像の商品定価は495,800です(キッチンパネルは含まず))。

そして収納スタイルはこのようになります。(棚を置かないので上部はデッドスペースになっています)タイプ1の方は整理魂に火が付きそうですね。テトリスのようにいろいろな形の箱をはめ込んで整理したくなるのではないでしょうか?(私は無理ですが・・・)

では次に同じくクリナップの「ラクエラ」の引き出しタイプを見てみましょう。

空間を無駄なく使うことができますので、扉型よりも多くの収納が可能です。

上図のように引き出しの中も2段になっていて背の高い瓶なども入り、計量スプーンや箸などは上の引き出しに収納できますし、足元のつま先が入り込む部分まで収納スペースになっていますので、収納率は高くなっています。

また、奥に何が入っているか引き出しを出せば見えますのでいちいち物を出し入れする手間が省けます。

正直なところ私も以前は引き出しタイプに疑問点がありました。以前の製品はかなりデッドスペースがありましたからね。

奥までとは言うものの、引き出しの奥行きが短かければ一番奥がデッドスペースになるのではないか?と。

特に、排水管、給水、給湯管があるので、引き出しでも効率が悪いのではないか、と。

サンウェーブの「パタパタくん」のCMを覚えていらっしゃいますか?あの頃から各メーカーがスペースにこだわるようになっていったと記憶しています。

そのせいか、各メーカーも年々改良し、収納効率の良いキッチンを販売しています。

あの頃の商品とはずいぶん変わっています。

先ほども述べましたが、奥の物を取り出すのが億劫な私と同じタイプの方には引き出し型をお勧めします。

扉型で中に棚を設置しても、そのまま数年間眠っていませんか? だとしたら買い換える絶好のチャンスかもしれません。

今回はご自分の性格からキッチン選びを考えてみました。

吊り戸棚(キッチンの選び方)

キッチンの吊り戸棚は割とスルーしてしまう傾向があるような気がしましたので、クリナップの吊り戸棚で説明します。

吊り戸棚の高さについてですが、当然50cmより60cm、60cmよりも70cmの高さの方が収納できます。

しかし、特にマンションはキッチンの天井高が例えば220cmとか210cmの高さの場合もあります。

キッチンの天井が210cmの場合、ベースキャビネットのワークトップの高さ80cmを選ぶとすると、必然的に吊り戸棚の高さは50cmにすることが多いです。

それはワークトップの端のガスコンロからレンジフードまでの距離は80cm以上が消防法によって決まっています。

(天井高)210cm-(ワークトップの高さ)80cm-(コンロからレンジフードまでの最低高)80cm=50cm

必ずしもレンジフードの高さに揃えなければならないと言うことはありません(条件が必要です)が、揃っていた方が綺麗と言う点と調理している時に吊り戸棚に頭が当たりにくいと言う2点があります。

吊り戸棚へのお皿とか鍋などの出し入れはちょっとシンドイですね。

棚が下に電動で下がるタイプや手で引き下げるタイプもあります。

踏み台に乗って出し入れをするよりも、その場で上げ下げして出し入れする方が楽ですよね。

もう一点注意して頂きたいのは頭よりも高い位置にある収納箱です。

地震の時に上から落ちてくるのを防ぐために耐震ラッチ付きをお勧めします。

 

単にオマケのようについてくるからそのまま付けるイメージの強い吊り戸棚をもう一度考えてみましょう。

なお、クリナップの吊り戸棚についてはこちらをご覧下さい

 

キッチン交換

キッチンのリフォームと言うとかなり勇気のいる大仕事になりそうだと思っている方も多いのではないでしょうか?

でもそれ程気が重いと言うほどでもないのです。

ただ、お料理を作れなくなるのですが、それも1日です。

換気扇の汚れを見てコンロにこびりついた汚れを見て、少し水漏れのある蛇口をひねりながらお料理を作るよりスッキリとしたキッチンで作ると何故か効率的になる筈。

雑然としたキッチンの交換には、不要な物を処分。いわゆる断捨離もやって頂く方が気持ちも切り替えられます。

キッチンに立った時、腰が痛くなる事が多いと言う人は流し台の高さが合っていません。

高さはショールに行って確かめた方が良いでしょう。

さて、交換の前、何もない状態になりました。

こうなると少し寂しい気持ちもありますが、明るい明日に向かうのです。

後ろ向きの気持ちは捨てましょう。

画像はキッチンの交換だけでなく、壁や床の内装も新しくなり、照明や扉が新しくなっているので同じ現場かどうか分かりづらいかも知れませんが同じ場所です。

これだけキレイになると毎日のお料理も楽しくなるとは思いませんか?

ただ、このリフォームにはかなりの変化があり、以前のキッチンにはあった瞬間湯沸かし器がなくなっています。

また、蛇口の取り出し位置も変わっています。以前はシンクが真ん中だったので中程に位置しており、且つ壁から出ていましたが、給水管の位置を変更、給湯や排水管の位置も変更しています。

新しいキッチンはシングルレバー水栓になり、且つシンクのすぐ脇から立ち上がっています。

給湯器は別に設置して、その給湯器からお湯の配管をキッチンまで繋いだのです。

床の張替え工事も行ったので床下に配管出来たのです。

リフォームの難しいところはキッチンの交換だけでなく、給湯器からの配管、ガスの配管、電気配線なども絡んでくるのでキッチン業者に加えて水道業者、ガス業者、大工、電気配線なども絡んでくる事です。

キッチンのリフォーム

キッチンの交換工事をご覧下さい。

コンロは入居者が買ってきて取り付けるタイプです。

水切りと言って流し台より一段高い位置に水栓(蛇口)があります。

壁はタイル貼りです。

これをクリナップのラクエラに交換します。

解体してキッチンパネルを貼ったところです。

もちろん解体はタイルも取り去りボードもなくなります。床を剥がし給水給湯排水管を切り回しして所定位置に立ち上げます。

ガス管も移設します。

電気工事も行います。今回は手元灯用のスイッチも新設しますので、新たに配線をし、壁内で処理します。

クロスも天井は貼り直し、壁も一部は貼替。

ボードを張り直し、床の補修もします。床は補修後CFを貼り替えています。

その後キッチンパネルを貼ります。これが不燃材です。

また、キッチン吊り戸棚のコンロ側は不燃材仕様です。

薄型のレンジフードは最近人気の商品です。

コンロ側は油汚れを考えキッチンパネルを幅いっぱいに使います。

白の木目調の扉でライン取っ手。

水栓は流し台の使いやすい高さになっています。

やはりキッチン専門メーカーなので、引き出しなど使いやすいキッチンになりました。

お手頃な価格で提供できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

キッチン交換

アパートのキッチンを交換しました。

以前のキッチンは瞬間湯沸かし器が流しの前に取り付けられており、蛇口は水しか出ない。

ガスコンロは、ホームセンターなどで売っているガステーブルを買ってきて自分で設置するタイプ。

キッチン廻りは不燃材であるステンレス板が貼ってあり、ステンレス特有の錆びも出ています。

キッチンの扉は裏側がベニヤで、少し安っぽいかな、と。。。

換気扇はプロペラファンです。

実はプロペラファンは排気効率は一番良いのですが、見た目があまりよろしくないのでレンジフードが選ばれます。

新しいキッチンは、扉の面材もキレイ。

ガスコンロはビルトイン型。

水栓は新たに配管をしなおして、混合水栓。

不燃材はキッチンパネルを使い、明るさも演出。

そして苦労したのはレンジフード。

既存の穴を利用しての当世はやりの「薄型レンジフード」に変更。

手元灯はLEDへ。

以前とは全く違う部屋に見えます。

良い入居者が見つかると良いな、と思いました。