壁をコンクリート柄にしたい

室内の壁をコンクリート打ちっぱなしにしたい。

鉄筋コンクリート造の建物ならコンクリートの壁は石膏ボードを解体すれば出てきます。

木造の場合はコンクリートの壁は何処を探してもありません。

それならコンクリートの壁紙があるではないか、と思い探してみました。

上の一番左のクロスはコンクリート打ちっぱなしそのもののクロスです。

真ん中は色がかなり濃いです。

濃い色は落ち着く反面部屋の中が暗くなるのは否めないです。

いずれも、リリカラのWILLと言うシリーズです。

これはサンゲツのリザーブと言うシリーズです。

ただし実はコンクリートの打ちっぱなしはもっと表面が荒れていて、且つパターンがないのでかなり無機質になります。

コンクリートの素材感を全面に押し出すデザインは店舗で見られます。

飲食店やファッション関係のお店で壁紙を貼るのをやめて都会的な感覚と視覚的な冷たさを狙ったデザインです。

コンクリートの壁紙は同じ寸法毎に同じ柄になるのでキレイなのですが不自然な感じにはなるかもしれません。

ただ、かなりコンクリートに凝っているとか、コンクリートのデザインにこだわって入り人以外は本物のコンクリート?と思う人が多数だと思います。

コンクリートの壁に囲まれたテーブルで食事する事を考えると非日常的な雰囲気になります。

コンクリート剥き出しのお部屋は見た目冷たそうに見えるかもしれませんが、実は鉄筋コンクリート造は冬はかなり暖かいのが特徴で特にマンションだと周囲の部屋からの熱もありますし、コンクリートによって断熱性能がかなりあるのです。

このようなデザインがお好みの場合はクロスと言う手もあります。

その他コンクリートを成形するときの木で押さえた感じの表面をデザインした柄もあります。

各メーカー様々なります柄があるので、コンクリートに限らず無機質的なデザインも取り揃っています。

カタログを見ながら想像を巡らすのは楽しいですよ。

エアコンを外した跡

エアコンを新しくする時は壁紙も貼替をした方が良いのでは?

エアコンは一般的に家電量販店で購入する方が多いと思います。

このブログでは家電量販店で買ったが取り付けを拒否されたと言うお話をしました。

しかし隠蔽配管の場合が多く、ベランダに外機、そのすぐ内側に内機の時は全く問題なく取り付けてくれるはずです。値段も安いし。

ただ私たち内装の仕事をしているといつも気になるのがエアコンを外した跡。

古い壁紙がエアコンの形にくっきり残っています。

エアコンを外した跡
新しいエアコンに交換した後古い壁紙が見えてしまう

ここに新しいエアコンを取り付けると古い壁紙がエアコンの脇から見えてしまいます。

何故かと言うと、古いエアコンと新しいエアコンのサイズが違うからです。

最新のエアコンは昔のエアコンよりも少し小さくなっています。

またメーカーによってもサイズが違いますので、古い壁紙を隠すようにと言っても無理です。

それならエアコンを外した時に壁紙を貼替ておけば良いのではないでしょうか?

家電量販店でエアコンの取り替え工事をすると安いと思いますが壁紙の貼替までは考慮してくれませんし、提案もないと思います。

私たちは賃貸物件の工事だと日頃からエアコン交換も壁紙の貼替もしているので古い壁紙が残っている見苦しい状況はありません。

まれにエアコンの取り替えだけを依頼されることもありますが、その時はどうしても古い壁紙が残ってしまいます。

エアコンを外す⇨壁紙を貼り替える⇨エアコンを取り付けると言う作業工程があると新しいエアコンになっても古い壁紙が見える心配はありません。

例えばエアコン設置する面と隣り合わせの面だけでも貼り替えておくとスッキリします。

むしろアクセントクロスとして考えても良いかも知れませんね。

エアコンをもうそろそろ新しくしないとダメかなぁ、と思ったら壁紙とエアコンをセットで考えましょう。

壁紙を貼り替えた後にエアコンを設置したので古い壁紙は露出しません

古い壁紙が残るのは格好悪いなと思ったら是非当社までご相談下さい。エアコンだけを交換するよりは費用も掛かりますが、仕上がりが違います。

なお、他社でエアコン交換、クロスだけを弊社でと言う変則的な工事は受け付けておりません。

エアコン跡の古いクロスをどう処理するか⁈

エアコンを外すとエアコンの形の古い壁紙が登場します。

壁紙の貼り替えの時、エアコンはそのままですので古い壁紙が残るわけです。

こう言う時は面で貼り替えをお勧めしています。

右側の壁や左側の壁はそのままにして窓のある壁の面のみ貼り替えます。

そうすると皆さん同じ壁紙で貼り替えるのだと思われるようですがそうではありません。

数年経つと同じ壁紙はなくなります。

壁紙メーカーが生産をやめてしまうので手に入らなくなります。

似たような柄で貼り替えるのも一つのアイデアですが、それよりもアクセントクロスと言う考え方で全く違う柄に替える事を提案しています。

今回は次のように貼替ました。

ガラッと変わりましたが、違和感はないと思います。

今日のお題の答えは「アクセントクロスにしよう!」です。

賃貸物件で部分的に破れているとか、汚れている場合に部屋の壁全部を貼り替えるよりもコスト面でも嬉しい事だと思います。

小さなデメリットをメリットに変えるようなアドバイスをするようにしています。

ご質問はこちらまでお願いします。

クロスの浮き

クロスの浮きができる事があります。

施工が悪い場合、何らかの原因で水が入りクロスの糊が剥がれる場合の2つのケースが考えられます。

施工が悪いのは論外ですが、もう一つの水分が原因で剥がれるケースは、結露である事が多いです。

浴室や洗面脱衣室など。

このクロスの浮きはそのまま何年も放置すると浮いたクロスの水分がなくなってカチカチになります。

カチカチになるとプラスティックのようになり糊を塗っても柔らかくならないのでもう一度貼り付ける事が出来ないのです。

そうなると元通りにはなりませんので貼替が必要になります。

早いうちに補修した方が良いと思います。

糊を塗って圧着します。

浮いていた事がわからなくなりました。

この画像は弊社で貼り替えたクロスではありませんが、賃貸で退去した後に発見されたので補修依頼がありました。

賃貸物件の原状回復は得意なので、必ずしも貼替ではなく出来る範囲内であれば補修を提案致します。

大家さんの立場にたった仕事をしています。

ご質問はこちらまでお願いします。

照明器具の跡はどうする?

夕方暗くなったのでデンキ(照明)を点けようと、スイッチを入れる、でも点かない。

「球切れか・・・それなら蛍光灯を交換しなければ・・・」

蛍光灯を替えても新しい蛍光灯は点灯しない。

「?」と思うことがある。

「壊れたか・・・」

そうです。壊れたのです。

「安定器」の寿命です。

交換しようと、古い照明器具を外すと器具の跡がくっきり。

最近の照明器具(シーリングライト)は丸型が主流なのです。

古い器具が四角いと、四角い器具、同じ大きさかそれ以上の大きさでないと跡は隠れない。

四角い器具は概ね¥70,000以上で、種類が少ないです。

提案:割と低価格の丸い器具に交換。そしてこれを機に壁紙を貼り替える。それか我慢する。

新しい壁紙は光の反射率も高くなって以前より明るくなります。

四角い器具1台は=「丸い照明」+「クロス貼替」

とほぼ同等の金額になります。

プチリフォームができます。

質問などはこちら

壁紙の汚れを落とす。その限界

壁紙の汚れを落とせるのでしょうか?

汚れの度合いや種類によっても違うと思います。

今回は真っ白の壁紙にオレンジ色の汚れが付着しています。

恐らく汁物が飛び散ったものだと思います。

出来れば付着した時に即座に雑巾やティッシュなどで取り除いておけば何の問題もないのですが長く放置すると染み込んでしまうのです。

壁紙は表面が薄いビニールの膜があると思って下さい。

汚れが付いたら直ぐに拭き取れば食べ物の汚れならある程度落とせます。

ただ、数か月とか年単位でそのままにするとビニールの膜に染み込んでしまいます。

例えばタバコのヤニなども毎日拭き取ることはしないし長年そのままにしておくので黄ばんでしまうのです。

例えば醤油が付いても直ぐに拭き取れば何とかなります。

ただ溶剤系は一回付着するとまず落ちないと思いますので諦めましょう。

この画像では元々何が付着したのか分かりませんが、アルカリ性洗剤で表面の汚れは落とせました。

しかし、よく見ると染み込んだ汚れは落ちていません。

汚れがついたら直ぐに取り除くことが肝心です。

クロス部分貼替

今日はクロスの部分貼替です。

部分的に剥がれたクロスを貼り替えます。

一部剥がれていると印象が良くないですよね。

貼り替えます。

完了です。

同じ柄のクロスは既に廃番になっていたので似た柄を選んで貼り替えました。

不動産売買の時などは印象を良くするのに部分的にでも貼り替えた方が良いと考えています。

加えてリペアなども良いと思っています。

ただ単に印象を良くすると言うことに加えて誠意が伝わるのではないでしょうか?

ご自分で使っていたお部屋ですから、やはり次のオーナーにも気持ちよく住んで欲しいと思いますよね。

クロス部分貼替

マンションのお部屋。

クロスが破れた所が2箇所あって「面」単位での貼替となりました。

売却する場合、買う側からすれば悪い印象を持たれてしまう。つまり価値を低く見られてしまうとも言えます。

価値を保つ為には小工事ならやっておいた方が良いかもしれませんね。

今回はクロスの部分貼替です。

クロスの柄は数年で変わってしまいます。

10年以上同じ柄を継続して生産するものもありますが、殆どが型番変更で廃番になってしまいます。

そうなると壁全部を貼り替えるか、部分的に似たような柄で貼り替えるか、になります。

それならば一部だけでもキレイにして印象度をアップしたい

そして貼り替えた結果がこちら。

玄関ドアの上(梁部分)と右側(柱部分)です。

入隅で区切られた所を貼り直しました。

こちらも窓周りの入隅で区切られた所を貼り直しましていますが、パッと見た感じでは違和感はありません。

使い方が悪く見られると資産価値が下がって見られますので、修理、リペア、部分貼替などはした方が良いと思います。

ただし、内装会社やリフォーム会社によっては、飛び込みのお客様は「部分的な修理」は嫌がられることがありますのでご注意下さい。