便器の位置を後ろにずらしたい

トイレの位置を少しでも奥にして欲しいとのご要望がありました。

なぜかと言うと便器に腰かけると頭が前の壁についてしまうからです。

毎日何回も入るトイレ、ストレスも掛かるので何としてでも改善して欲しいと。

調べてみると既存の便器はネオレストのリモデルタイプ。

つまりそれ以前にあった便器の排水管をそのまま使えると言うのがリモデルなのです。

ただし可動域は制限があります。

必ずしも奥の壁いっぱいまで下げる事が出来ないので壁と便器の間に隙間がありました。

あと5センチでも良いので後ろに下げたい。

となると排水管自体を工事しなければなりません。

便器を外します。

現在の排水管がほぼ真ん中にあります。

この排水管の位置を左の壁に移動する為床を開口します。

床に立ち上げる位置に合わせて配管し直します。

30度や45度の角度のついた継ぎ手を繋ぎ合わせて両サイドの壁の中心、且つ奥の壁から200ミリの位置に配管を立ち上げます。

障害物があったり、角度が出なかったり、試行錯誤をしながら最終的に狙った所から5ミリほどズレましたが収めました。

この後、専門的な話になりますが、リモデル便器用ではないアダプターをリモデル便器に適用して取り付けました。(もちろん図面を取り寄せ確認の上です)

普通の職人だとリモデル便器なので「動かしようがない」と諦めてしまうところを何とかする職人は尊敬出来ると思います。

お客さんも以前よりスペースが出来たと喜んで頂き、職人もまんざらでもない顔をしていました。

お客さんのご要望に出来る限り答える事が、意外と難しいこともあるのです。

全てを解決する事は出来ませんが、何とか出来る方法を考え提案して、妥協点を探すのも解決工房のモットーです。

トイレに関するご相談はこちらまでお願いします。

トイレを新しくする

トイレのリフォーム。

便器だけを新しくするケースと床の貼替や壁紙の貼替、トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、照明の交換も併せて行うケースがあります。

便器を交換する場合、リフォーム用の便器で交換すると排水管はそのまま使えます。

排水管の位置を変えるとなると床を一部でも開口しなければならない。

つまり工事費が高くなります。

私達は出来る限りリフォーム用の便器で交換できるように考えています。

しかし、古い便器(30年以上前)だと排水管をそのまま利用できない事もあります。

排水位置がかなり奥の方にある場合だとリフォーム用の便器は使えません。

このように床を切って排水管を途中から曲げて手前に持って来るようにしなければ新しい便器が取り付けられません。

開口部をふさぎ直します。

床のビニールシート(クッションフロア)も新しくします。な

そのままだとつぎはぎになってしまいます。

床のシートを貼替え、新しい便器(リフォームようではありません)を取り付けました。

ウォシュレットも新しくなりました。

元々はウォシュレットから水漏れがあったのでウォシュレットだけ交換する案もありました。

30年以上経過した便器なので今後漏水が起きる可能性もあり、部品交換もしなければならないことを考慮して便器交換も行いました。

部品交換を頻繁にすると結局コストとして高くなります。

安心してお使い頂くためには思い切って交換した方が結果安上がりになります。

古い車程メンテナンス費用がかかるのと同じ理屈です。

思い切ってリフォームする事をお勧めしています

トイレの悩みはこちらまでご相談ください。

便器から水漏れ?

トイレに入ると床が濡れている。

トイレ内の水漏れの主な原因

  • タンクにつながっている給水管から漏る
  • 便器とロータンクの継ぎ目から漏る
  • 便器と排水管の継ぎ目から漏る
  • タンクに亀裂が入っていて漏る
  • 洗浄便座の本体から漏る
  • 洗浄便座の給水管から漏る

などが考えられます。

今回は温水洗浄便座本体からの水漏れでした。

洗浄便座を交換すれば良いだけですがお客様のご要望で便器本体も交換します。

INAX社製の便器ですがINAXではなく、「INA」と記されているので、かなり古い便器です。

排水管の位置を考えるとリフォーム専用の便器(TOTOの場合はリモデル便器と言います)が使用できません。

どうするかと言うと。。。

床を開口し、排水管を切り回して位置をずらします。

したがって、床の面材(今回はクッションフロア)も貼り替えます。

戸建ての1階のトイレの水漏れでしたから、下の階はありませんので被害もなく無事でした。(階下への実際の水漏れ

水漏れの時は必ずし水栓で水を止めましょう

トイレのタンクの右か左に給水管があると思います。

そこに止水栓がありますので、トイレで水漏れが発生したら使用後に水を止めるようにして下さい。

水漏れの原因は前述した箇条書きのどれかだと思います。

原因がわかればその下に洗面器などをあてがって水で床を濡らさなようにしましょう。

トイレの床は板張りの場合が多いので床を腐らせないように注意して下さい。

原因が分かれば修理なりリフォームなりが進められます。

使用年数が30年以上の場合は、可能であれば便器も取り替えた方が心配が少なくなりますのでお勧めです。

もうそろそろ便器を新しくするべきか悩んでいる方、質問はこちらへどうぞ

トイレリフォームの注意点

トイレ(便器)を新しくリフォームする時便器には大まかに2つのタイプがあります。

一つはリフォームを前提としたリフォーム用便器。(TOTOはこちら、LIXILはこちら

もう一つは新築などのようにトイレの部屋を組んだ後に新しく便器を取り付けるタイプ。

便器は排水管の位置が実にバラバラでした。

何故そんなに違うのかは定かではありませんが、昔はリフォームを意識せず製造されていたので便器に合わせて排水管を水道業者が配管工事をしていたのです。

最近になって便器奥側の壁から200mmの位置に統一されてきています。

リフォーム用便器は様々な排水管の位置に合わせられるように設計されていますが!すべての便器に合うわけではありません。

排水管に合わなければ床を解体して排水管の位置を移動させなければならず工事が増えます。

下の画像のように配水管位置が一番奥側にある場合リフォーム用便器が使えないので配水管の移動(床の解体含む)工事を必要になってしまいます。

リフォーム便器は床の解体も排水管の移動も必要ないので、工事が少なくなる。

つまりリフォーム費用が安くなることと、工事の時間(日程)短縮にメリットがあるのです。

便器のリフォームの時は既設の便器排水管位置を確認することでリフォーム用便器が使えるか、使えない場合は排水管の移設が必要になるかを確認しなければ見積書は作成できないのです。

今の便器は節水型です。

以前の便器は1回あたり13リットル。(1975年以前の便器は20リットル)

今の節水型便器は4リットル前後になっています。

老朽化で水漏れを起こさないうちにリフォームをお考えになってはいかがでしょうか?

便器やリフォームに関するご質問はこちら

工事のみの依頼について

私達は日常的に各職人を手配しています。

例えば電気工事だけでも、エアコン取り付け業者、電気配線工事業者、ちょっとした修理の職人、換気扇業者(この職種でも厨房専門、ビル専門、住宅専門でそれぞれ別業者です)など。

全体の工程から各業者に発注します。

また品物は弊社で信頼のある問屋から仕入れます。
何か問題があれば問屋に連絡をして不良品なら交換を要求します。

最終的に弊社が責任を持って施主様に引き渡しをしています。

過去こんな事がありました。

電気工事業者の一人でエアコンから配線までこなす人がいます。
量販店でエアコンをお客様が買ってきました。
取り付けだけの依頼がありました。
以前お世話になった事があるお客様だったので断れず、取り付け工事を受けました。

エアコンの冷えが悪いと言う事象が発生します。

お客様はエアコンの冷え方が良くないのでメーカーに電話します。
メーカー側は「それは取り付け方に問題があるので取り付けた業者に連絡して下さい」と言います。
取付業者にクレームが入りますので確認しに行きます。
ガスのチェックをしたところガスは正常に入っていたので「これは取り付けの問題ではありません」とお客様に伝えました。
お客様はメーカーに連絡したら取り付けの問題だと言われているので、何とかしてくれると思っていたにもかかわらず何もしてくれないので、その職人に不信感を持ったようです。

このように品物支給の場合メーカーと取付側との間で責任の所在が曖昧になる事があります。

上記のような事を避ける為弊社では支給品の取り付けは行っておりません。

INAXトイレの修理

トイレのタンクの水が止まらない時はボールタップの交換とゴムフロートの交換が必要です。

築年数約40年のマンションのトイレです。

INAXの3点式ユニットバス(お風呂の中に洗面とトイレがあるタイプ)のタンクの修理です。

ボールタップはタンクの中に水が注がれ水位が基準の位置まで高くなると水を止める装置です。

劣化して水が止まらない現象です。

既存のボールタップも同じINAXのボールタップでした。

ボールタップとゴムフロートも交換しました。

流れっぱなしになる事はないと思います。

40年近く経過しているのでユニットバスも交換の時期に来ています。

因みに事務所でご使用のお部屋なので、なかなか工事に踏み切れないご様子です。

事務所で使用する場合はトイレは分離し、浴槽などは必要ないのでそのスペースを洗面スペースにリフォームするのが良いかと思います。

TOTOの便器とウォシュレット受注停止

TOTOの便器とウォシュレットが現在受注停止になっています。

新型コロナウィルスの影響です。

陶器は製造できるようですが、他の部品の供給が停止しているようです。

供給が停止と言うより部品の製造が停止しているので、全く目途がたっていません。

弊社でもトイレのリフォームは現在行っておりませんのでご了承下さい。

インテリアなどの内装材(クロスとか塩ビシートやビニールシート)は通常通り供給されているので問題はありませんが、思わぬところで納入されなかったりするので問題は続きそうです。

 

 

トイレのインテリア(アクセントクロス)

トイレは毎日使う所ですね。

壁紙を1面だけ替えることでアクセントになります。

古い便器のままですが、雰囲気が変わるので新しい感じになります。

周囲3面をタイル張りのデザインのクロスで1面がブルーです。

画像ではグリーンに近く見えるかも知れませんがブルーです。

床は最近、サンゲツが出しているわざと古い感じをデザインしたCFでフレンチアンティークタイル。(HM4116)

インテリアで雰囲気を変えることができます。

小さいトイレを普通のトイレに

タンクが隅っこについているトイレ。

タンクと便器の間にシルバーのメッキの管があるトイレ。

これを普通の便器にする時、問題になるのが給水栓の位置。

元々ロータンクが隅っこについているので給水栓は壁の真ん中に付いている。

この給水栓が真ん中にあるので、新しい便器を取り付けようと思うとタンクの真ん中に給水栓があるため、取り付けができない。

TOTOではこの真ん中の給水栓から通常通りの壁の左側にする為のアダプターがある。

つまり壁を壊さずに新しい便器に交換できる画期的なアダプターである。

ただ、このアダプターが真ん中にあるために便器が押し出される格好で前にずれてしまう。

大工工事が不要なので安上がりではあるが結果的に少し不恰好である。

そんな訳で壁を壊して配管し直し、給水栓の位置を定位置にする工事をした。

この壁を配管後に復旧します。

壁が仕上がったら次は床のCF張替え工事になります。

またこの壁は塗装なので、クロスは貼れません。

後は次回のブログで。

便器交換、床貼替

便器の交換と床のCFの貼替をしました。

便器。そのままで床を貼り替えることはよくあります。

ただ、便器の部分は貼替え出来ませんのでくり抜いてCFを貼り替えます。

 

今回は便器の交換がメイン。

CFもかなり汚れていたので貼替えます。

貼替の途中です。

床は黒ずんでいます。

巾木は濃い色だったので新しい巾木は明るい色にします。

奥に便器を外した跡が見えると思いますが便器を据え付ける部分は踏むことが無いので綺麗なままですね。

今回は薄いグレー系のCFで貼替ます。

巾木は白にしたので全体的に明るい印象になったと思います。

個人医院のトイレです。

便器は洗浄の時に使う水の量が既存のものの半分位なので、水道料金も低くなると思います。

トイレ交換とCF、巾木の貼替で3.5時間の工事でした。