給湯器をより安く交換する方法

普段何気なく使っているお湯ですが、ある日突然お湯が出なくなる事があります。

メーカーでは10年を目処に交換を推奨しています。

私も出来ればこの10年で交換するのがベストだと思います。

思いますが、なかなか壊れてもいないのに交換するのはかなり抵抗があると思います。

中には20年使っても壊れない場合もあります。

これはかなりラッキーだと思います。

このステッカーに製造の年が記されています。

よく見ると01と印字されている所が見えます。

2001年を意味します。

つまり既に19年経過しています。

いつ壊れてもおかしくない年数です。

冬に動かなくなると水しか出ないのでお風呂は入れません。

給湯器は壊れたその日に交換するのは不可能です。

無数にある給湯器を常時在庫している会社はありません。

従って、そのお宅に適合する機種をメーカーから取り寄せなければならず数日は給湯器ナシの状態が続きます。

これを考えると私は15年経ったら交換する事をお勧めしています。

故障する前に型番などを調べて交換の注文を受けておけば入荷に1週間掛かっても交換時のみ使えませんが、その後は今まで通りに使えます。

数日間お湯が使えない事を想像して頂ければ私の提案の意味が理解していただけると思います。

また、壊れてから注文するとある意味業者の言い値になるので余裕のある時に注文すれば価格にも目が向けられます。

今日は給湯器について賢く交換する方法をお知らせしました。

室内のカビ

部屋の中にカビが出てくる。

例えば寝室の窓の木枠とか、リビングのサッシや窓の木枠が黒くなっていることがあります。

カビであることが多いです。

何故、お風呂場でもない所にカビが生えるのでしょうか?

結露が原因です。

冬場窓ガラスやアルミサッシに水滴が付着していることがあります。

部屋の暖かさと水分があることでカビが発生します。

カビがある場合はハウスクリーニングなどでキレイに取り除きましょう。

カビの量が多いと呼吸でかなりの量を吸い込むことになるので要注意です。

対策

一番簡単ですぐにできる対策は「換気」です。

窓を開けて室内の湿気を含んだ空気を外に排出し乾いた空気を中に取り入れることが一番良い方法です。部屋の空気を全て入れ替えることです。

冬、なかなかこういった換気は寒くてできません。

我慢することは避けて快適な状況で対策を打つなら換気扇で空気を逃す。

または暖房を石油ストーブ、ガスストーブではなくエアコンでする、などです。

これでも少し寒いかも知れませんが結露を抑えるにはある程度の我慢は仕方がないかも知れません。

その他、窓ガラスを複層ガラス(いわゆるペアガラス)にすることか、もしくは内側にもう1組窓を取り付ける「二重サッシ」にすると暖房効果も上がり、結露が少なくなります。

最近の建物は24時間換気が義務付けられていますので、結露はしにくい状況かも知れませんが、それでも料理や加湿器の使用、お風呂からの湿気などで部屋の湿度が高くなると冬は結露します。

木造や鉄筋コンクリートの場合や日光の当たり具合、生活スタイルで結露の場所や頻度がかなり違います。

ご自分の生活スタイルや建築方式、どこが結露しやすいか、などご質問をお寄せください。

TOTO厚木ショールーム

昨日はTOTO厚木ショールームにお客様をお連れしました。

戸建て用ユニットバスルームのサザナについて実際に触れて体験していただく為です。

  • お風呂の床(ほっカラリ床/カラリ床)の形状・機能・色
  • シャワーの種類
  • 蛇口の位置
  • 洗面器を置く位置(高さや使い勝手)
  • 浴槽に入った時の深さや足を伸ばせるかなど
  • 手摺りの必要性や取り付け位置
  • 照明器具の形状
  • 浴室乾燥暖房機の位置
  • 脱衣場の温風・涼風機
  • シャワーバー(インテリアバー)の位置や使い勝手
  • 収納棚の位置(私がお勧めするマグネット式の収納)
  • 扉の形状
  • アクセントパネルの色やデザイン
  • 周辺パネルの色や質感
  • 浴槽の色

などをショールームで実感して頂きました。

私達リフォーム業者はイメージ画像や見積書をお持ちして説明をしますが、実際に本物に触れて大きさや使い勝手を体験して頂くことで「やはりこの方が良い」とか「やっぱりこれは不要」などがはっきり分かるのです。

是非ショールームに行ってみてください。

私たちはお客様のご都合に合わせてお近くのショールームにお連れします。

※6月いっぱいは予約を取った方のみのご案内です。

※7月いっぱいは予約が満席になっており、新たに案内することができません。

ご質問があればお気軽にメールください。

モニターホン取付工事

モニターホンは訪問者の顔が見えるので安心感があります。

画像を確認して不審人物なら応答はせずに録画をしておきましょう。

日時を設定しておけば録画した日時も記録されますので、証拠にもなります。

また「モニター」機能で外の様子を見ることができます。

こちらの声は外には聞こえないので安心してモニターできます。

留守中の訪問者は自動で録画されます。

今日はモニターホンの取り付けの様子をタイムラプスでご覧下さい。

取り付け機種は「アイホンのJQ12E」です。

ご質問はお気軽にこちらまで

お風呂のシャワーの蛇口から水漏れ

夜お風呂を使い終わる。

当然蛇口は閉めます。

しかし翌日にはバケツ一杯になるくらいの量、水が止まらない。

そんな事が起きるのはパッキンの劣化なら良いのですが、器具自体の劣化もあります。

蛇口のグルグル回すハンドルの事をスピンドルと言いますが、ネジ式の為摩耗して止水が出来なくなることは我々は良く見受けます。

上記のようなタイプの劣化は10年以上経過したものです。

経験から言うと15年以上は何ら問題なく使えると思います。

使い方にもよりますが、劣化の場合は修理が効かないので交換しかありません。

パッキンを幾度も交換していたら、もうパッキン交換では私達も対応出来ません。

なぜかと言うと、数ヶ月でまた漏れ始めるからです。

こればかりはどうしようもないので覚悟を決めて交換を考えて下さい。

新しい器具はTOTOのTMS25Cです。

これで最低でも10年以上使えます。

軽く締めるだけでキチンと止水します。当たり前ですが…

キッチンの巾

キッチンリフォームをする前に確認しておきたい事があります。

今現在使っているキッチンの巾です。

180センチ、195センチ、210センチ、225センチ、240センチ、255センチ、270センチなどであればリフォームする時に殆どのメーカーから選べます。

巾を計測するときに両サイドの壁とキッチン(流し台)の間にゴムのような柔らかく白とかアイボリー色の物(コーキングと言います)が介在していますがこれは計測するときに除外しなければなりません。

本体の端から端までが例えば237.5センチのように中途半端な数字の場合は特注品ですので、両サイドが壁の場合はメーカーやシリーズが限られます。

リクシル、パナソニック、タカラスタンダードの一部のシリーズがこれに対応出来ます。

もしくは壁を撤去してからキッチンを交換するとかなど付帯工事が増えてしまいます。

まずは前述の15センチ単位の標準的なサイズであるかどうかを確認しましょう。サイズが合わなければ選択肢は一気に減ってしまうので欲しいシリーズに交換出来るかが分かりますよ。

お部屋のカビ

お風呂ではなく、洋室にカビが出ることがあります。

冬場、寒いので部屋の温度は自然と高く設定します。

これだけならまだ良いのですが、加湿器を多用すると結露の原因になります。

夏場キンキンに冷やしたビールを飲む時グラスに水滴が付きますがこれが結露です。

冬は外気温が低い。

冷蔵庫の中よりも低い時があります。

この冷えた熱はコンクリートの壁伝いに部屋内まで伝わってきます。このコンクリートの冷たい壁に温かい室内の湿気が触れると水滴が発生します。

また、アルミサッシは熱伝導率が高い為これも同じように外の冷たい気温をそのまま室内に持ち込んでしまいます。

冬サッシを触るとかなり冷たい事が分かりますよ。

水滴が付着するとカビの発生には都合の良い環境が出来上がってしまいます。

湿気があり温かい部屋はカビにとって過ごしやすい環境なのです。

特に冷たい外壁は太陽が当たらない北側です。

コンクリート壁が室内にもある場合、外壁から冷たさをそのまま伝えます。

コンクリート壁も窓側は冷たく南側に行くに従って冷たさも和らぎます。

ですので、カビが生えるのは窓に近い所です。

右側の壁がコンクリート壁で左側の壁は石膏ボードです。(窓があるのは左の壁です)

冷たさを伝えるコンクリート壁の方にカビが多いことが分かります。

冬場寒いのであまりやりたくはないとは思いますが窓を開けて換気をして湿気を外に追い出せば結露はなくなりますのでカビも生えません。

それが嫌と言う場合は室内温度を下げない換気扇がありますのでそちらで対応するようにしましょう。

蛇口のまわりから水が漏れる

キッチンの蛇口で、蛇口本体の周囲に水がにじんできたり、ハンドルの根本から水がツーっと水の筋ができたり、水滴がポツポツと流れることがあります。

使用開始から漏れるのが初めてとか2、3回めであればパッキンの交換で対応できます。

しかし、それが頻繁に起きるようだと、器具自体が劣化が原因だと考えられます。

私達もパッキンの交換をしても直ぐに漏れ始めるようだとクレームになりますし、何故修理したのにまた漏れるの?と言う不信感が出てきますので器具交換をお勧めします。

何度も何度も修理するよりも結果的には安上がりになるのです。

その他にハンドルが硬くなるとか、動きがスムーズではなくなる場合も器具の劣化が原因だと思います。

15年以上お使いの器具で不具合が出たら修理ではなく交換をお勧めしています。

流し台のリフォーム

水漏れがあった現場でキッチンの入れ替えをしました。

流し台とガスコンロ、吊り戸棚、レンジフードのセットです。

水漏れがが起きたのはガスコンロ側の壁からで、コンロ台は水を吸ってしまって廃棄処分にしました。

水漏れの原因は階上の流し台の排水で、鉄管の3箇所から漏れていました。

いずれもエルボ付近で、鉄が錆びて40年の長きにわたり侵食してついに穴が空いて漏水を起こしました。

40年以上経過した流し台に水がかかり、床も濡れていたので、キッチンの交換と共に一部分ですが床の張り替えもしました。

キッチンのタイプとして2種類あります。

所謂流し台は蛇口が壁、または水切りから出ていること。

もう一点はガス台がビルトインコンロではなくガステーブルであること。

このタイプの方が安価です。

画像を見てお分かりの通り蛇口は水だけで、瞬間湯沸器が目の前にあります。

瞬間湯沸器は目の前にあって少し邪魔な感じはします。

ただ、メリットもあり、外に給湯器があるとお湯になってキッチンにたどり着くまでに時間が掛かりますが、瞬間湯沸かし器は文字通り瞬間的にお湯になります。これは最大のメリットです。

お住まいの環境に合わせて選ぶのが良いと思います。

キッチンの入れ替え時にはついでに床のビニールシートを貼り替える方が良いと思います。

キッチンは一度設置すると床のビニールシートを張り替える時もキッチンの下は古いシートのままになるからです。

キッチン選びもプロに相談しながら決めていった方が間違いが少ないと思います。

はじめてのリフォームの方へ(失敗しないリフォーム)

最近、リフォームの会社を案内するマッチングサイトが多くなってきました。

以前異業種交流会で知り合った女性社長はご自分のビジネスを始める時にそのようなサイトを使ったとおっしゃっていました。

確か3社から見積もりを取って値段もさるとさことながら対応の良さを考慮したと。

単に安さだけではやはり心許ないのかもしれません。

私も長くこの仕事をやっていますが、たまに聞くのが詐欺紛いのリフォームで、例えば床下の湿気を取れば白蟻が出なくなりますよ、などと言って必要のない換気扇を取り付けられた、と言う事例。

そんな目に遭うのは嫌だ!と言う事で皆さん考えるのは

①大手のリフォームならネームバリューがあるので安心

②口コミの見えるマッチングサイトで探せば審査基準があるので詐欺紛いのリフォームはないだろう

③知り合いがやったリフォーム店を紹介してもらう

などではないでしょうか?

大手は価格はお高くなりますが安心感はあります。

知り合いがやっているなら仕上がりも見ることが出来るので安心。

マッチングサイトだと見積に来てもらう事で相手が見られる。

などそれぞれの良さはあると思います。

ちなみに私の場合…

①困ったことに対してどのような工事が可能か

②世代別に合わせた提案

③リフォームに関する質問などもその場である程度まではお答えしています。

例えば

フローリングが傷んできているので張り替えをご希望される方に

①フローリングその物の張り替えの提案

②フローリングはそのまま活かしてその上に貼る事でコストや工事期間を短縮する方法

③そもそも張り替えずに汚れを落として綺麗にし、リペアで補修してフローリングが蘇る

などケースに応じての提案が出来ます。

またデザインの上でもおかしな出来上がりにはしません。

価格だけで選ぶならマッチングサイトは良いと思いますが、施主の意向がどこまで反映出来るかは正直なところ運不運があると思います。

また、私はリフォームの後もホームドクターとまではいきませんが、その都度相談に乗っております。

その方がお家を知っているので電話でもお話は出来るから後々困ったことが起こっても新たにインターネットで探すと一般的な事は解決出来るかも知れませんが、ホームドクター的にお付き合いすれば細かな質問にも答えられるのでこれはかなり安心だと思います。

そう言う後々を考えてお選びになると失敗が少ないと思うのです。