Ihとガスコンロ、どっちがおすすめ?

IHクッキングヒーターとガスコンロどっちがおすすめ?

IHとコンロの特徴的なメリットとデメリットを考えてみます。

IHクッキングヒーター

メリット

  • 火が出ないので火事が起きにくい
  • 高齢者が使う時、袖に火がつくことがない
  • 五徳がないので掃除がしやすい(ほとんど平面)

デメリット

  • 火ではないので煽りができない
  • 使える鍋・フライパンが限定される
  • 停電時は使えない(東日本大震災の時、2019年の台風19号の時など)
  • 電磁波が体に与える影響が気になる

ガスコンロ

メリット

  • 火を使うので「炒め」「焼き」「煮る」なんでもOK
  • 鍋もフライパンもなんでもOK
  • 停電時も使える
  • 電磁波は出ない

デメリット

  • 火を使うので火事の恐れがある
  • 高齢者など不注意で着衣に火がつく恐れがある
  • 吹きこぼしで火が消えガスが充満する恐れがある(2012年製造のコンロより立ち消え自動消化装置がついた)
  • 五徳の掃除が面倒

どちらもそれぞれメリットとデメリットがあります。

環境に応じて選ぶことが大切だと思います。

例えば私も介護をしていた時期があります。

火にかけたお湯を沸かしっぱなしで、高齢の為気づかなくてしばらくそのままになっていました。

ちょうど帰宅した時に私が気がついたのでことなきを得ましたが、空焚きになっていたらと思うとゾッとします。

しかしガスコンロも2012年に自動消化機能が義務化されていますので、現在販売されているコンロは空焚きは無くなっています。

心配な方は現行のガスコンロに交換することをおすすめします。

転ばぬ先の杖

今日もニュース(3/16付)で高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違って70代の夫婦が引かれ死亡する事故が町田市であった。引いたのは71歳の女性。事故が起きる前に自動ブレーキや踏み間違いの制御をする車に乗り換えていたら不幸は起きなかった。

「転ばぬ先の杖」として少し高くても交換することをおすすめします。

火事になったり着衣に火がついたりすることを想定して先手で手を打つのも大事な防御です。

結論

環境に合わせた選定をしましょう。

ご自分の親御さんが高齢になって心配だと言う場合はIHも良い選択だと思います。

逆に妊婦さんなどは電磁波の影響を受けないようにガスコンロをおすすめします。

個人的にはIHはあまり印象がよくありません。

その理由はさまざまな理屈もあるでしょうが、やはり電磁波が剥き出しになっていると考えられると私個人は思うのです。

またガスコンロの火事の心配もかなり低減したのでガスをおすすめします。

カビの落とし方【エアコン】

エアコンのカビの落とし方

初夏からフル稼働するエアコンのカビをどうやって落とすかについて説明します。

市販のエアコン用スプレーはダメ

エアコン用のスプレーは使わない方が良いです。

何故かと言うとカバーを外すとアルミのフィンが出てきますが、市販のスプレーはここに吹きかけるのです。

ある程度汚れを浮かせた後、冷房にするとフィンに結露が発生しスプレーした洗剤と共にドレンに流れていく仕組みです。

ただ、それくらいの水量だと洗剤分が残留してしまいます。

それが乾燥した時に固形になり、フィンに結露が発生した時に邪魔をしたり、結露が発生しづらくなります。

故障の原因に

スプレーの残留成分がエアコンの性能を下げてしまうので、下手をするとエアコンを交換しなければならなくなると私は理解しています。

エアコン洗浄を

プロのエアコン洗浄を頼んだ方が良いと思っています。

何故わざわざお金がかかる方法を教えるのか?

と言われそうですが、プロのエアコン洗浄は大量の水で洗い流しますから洗剤分が残りません。

カビと汚れをきれいに取り除く

エアコンに付着するカビは熱交換器だけではありません。

風が出てくるところをのぞいてみてください。

黒いカビが点々とありますか?

それともかなり広い範囲で黒カビがこびりついていますか?

エアコン洗浄はエアコン用の洗剤を使用します。

主にアルカリ性の洗剤です。

エアコンのカビ落としには塩素は使わない

普通はカビを落とすには塩素を使いますが、エアコンに塩素を使用してはいけません。

塩素がエアコン内に残留してしまうからです。

残留したままエアコンを使うと塩素の匂い(カビキラーやキッチンハイターの匂い)が部屋中に充満します。

吸い込むと肺にダメージを与えるくらい強いので決して塩素は使用してはいけません。

プロのエアコン洗浄を依頼してください

エアコンのカビを落とすのはプロに依頼しましょう。

できればエアコンの修理もできる業者がおすすめです。

生半可な知識ではなくエアコンの構造を理解しているからこそわかる洗浄のポイントを熟知していますから。

そこまでしなくてもハウスクリーニングのプロであればカビはほとんど残らないと思います。

なんだ、そんなことか

と思った方もいるかと思いますが、エアコンを長持ちさせるためには素人は手を出さない方が良いし、そこはプロに任せるべきです。

「まだ、水を吹きかけるの?」と思うくらい洗浄の最後に水で汚れと洗剤分を流し落とします。

ここをおろそかにすると汚れも洗剤も残っていることが多いです。

差し出がましいとは思いますが、節約と思ってスプレーで済まそうとすると後々高い出費になると思ってください。

 

蛇口の水漏れ

蛇口からの水漏れる、と言うので修理に行きました。

私はてっきりハンドルの下から水が漏れているのだと思い、三角パッキンとコマを用意して現場に向かいました。

ところが持っているのは水が出るパイプの根元でした。

この部分はたしかに専用のパッキンがあるのですが今回の場合パッキンを替えても水漏れは直りません。

何故かと言うとパイプを持って揺さぶると根元がグラグラするのです。

つまりパイプと受け側がしっかりしている場合はグラつかないので、パッキンの交換で直る筈です。

長年使用しているのでパイプの付け根も受け側も摩耗しています。

パッキンを替えても隙間があるのです。

20年以上経過した(摩耗した)器具は修理ができませんので交換で検討して下さい。

濡れても大丈夫な畳あります

畳は新品の時は緑色をしていますが時間の経過とともに緑色から黄色くなってしまいます。

これは井草と言う自然の植物を使用しているからです。

井草は水に濡れるとその部分だけ変色します。

コーヒーなんかこぼしてしまったら茶色くなってしまいます。

ただこの古来からの製法で編まれた畳表なので身体に優しいのです。

私は畳に寝転んでテレビを観ていると、贅沢だなぁと思います。

ソファーに腰掛けて観ると身体が不自然な姿勢になりますが寝そべって(寝転んで)観ると言う行為が日本人ならではと思うのです。

水、ジュース、味噌汁、スープなどの液体で汚れるのが気になる人は「ミグサ」と言う畳があります。

素材は樹脂ですが、見た目や肌触りはほぼ畳です。

画像はリーフグリーンと言う色で、縁(へり)もリーフグリーンです。

引目で仕上げたミグサの畳。

遜色はないですし、長持ちします。

水拭きしても色はそのままです。

積水から出ている新しいタイプの畳です。

畳を良く使う、寝転ぶのが好き、と言う方は本物の井草仕上げ。

和室はたまにしか使わない、来客時に布団を敷いて使う位、と言う場合はミグサの効果が圧倒的に優れています。

何年経っても新品の色ですから。

エアコンを新しくする時の注意点

エアコンを新しく交換する場合、当たり前のことですが古いエアコンを外します。

外したエアコンの跡がクッキリ出てきます。

跡だけならまだしもかなり古い壁紙の跡が露出します。

ここに新しいエアコンを取り付けるのですが全く同じ大きさのエアコンは残念ながらほぼありません。

それなら少し大きめのエアコンにすれば古いエアコンの跡が隠れるかと言うと、これもなかなか難しい問題です。

何故かと言うとメーカーが違う、仮に同じメーカーでも年式が違うし型式も違ういます。

エアコンスリーブ(エアコン配管用の穴)の位置は変わりません。

どうしてもこの穴に冷媒管やドレン管を通さなくてはならないのでここの位置決めが基準になるので「跡」は後回しになります。

そこで私達はクロスの貼替も提案します。

クロスの貼替が出来てエアコンも交換出来るのは私達のようなリフォーム会社の強みです。

もちろんエアコン交換の費用に加えて内装費用が発生するので出費は多くなります。

それよりも壁紙も綺麗になるのは気持ち良いですよ。

よくお客様に言われるのですが、内装が綺麗になると「新築のようになった!」と喜んでいただけます。

単にエアコンを交換するのではなく内装に一新するのは如何でしょうか?

便器はそのままでトイレのCFの貼り替え

トイレのCFの貼り替えの依頼があります。

トイレの床面積はせいぜい1から2㎡。

しかし、トイレのCFの貼り替えの価格は床面積ではなく人件費から換算します。

何故かと言うと便器の形に合わせて切り抜くので熟練を要します。

しかし便器の交換をする時は価格は人件費の半日分になります。

便器の交換は水道(設備)の職人が古い便器を外します。

その後壁紙の貼り替えをクロス職人、CFの貼り替えを床職人、もし木の巾木にする場合は大工さんが取り付けます。

内装工事が終わったら便器を取り付けます。

つまり便器交換の時は水道屋さん、クロス屋さん、床屋さん、(大工さん)が必要になります。

ただ、トイレの床だけ貼り替える時は床職人のみ。

便器がなければCFの貼り替えは時間も掛からず終わるのですが便器があるのでなかなか難しいのです。

一番厄介なのは便器の向こう側の便器と壁の間の狭い箇所の納め方。

トイレの床だけだなのだから単価かける2㎡にはならないのです。

リフォームの値段は技術の費用ともいえるのです。

寒さを防ぐ二重サッシ

最近はまだまだ暖かい日が続いていますが、来週から季節らしい寒さがやって来るようです。

寒くなると暖房を入れます。

しかし、いくら暖房をしていても寒さが解消しない時は2つの要因があります。

一つは断熱材が少ないもしくは入っていない。

もう一つは窓からの熱侵入。

断熱材が入っていないと家全体が寒いのでこれは根本から工事をやり直す必要があります。

そうなると家具など全てどこかに預けて住んでいる方はホテルなどにしばらく滞在してもらって工事をするしかないです。

そして窓からの冷気侵入は抑えることが意外と簡単に出来ます。

二重サッシにする事です。

今あるアルミサッシの内側に樹脂のサッシを新たに設置し、二重にします。

サッシが二重になると古いサッシと新しく入れた樹脂サッシの間に閉ざされた空気層が出来ます。

この空気層で熱伝導率を低くするので外の寒さが部屋内に伝わるのをかなり低減します。

また、内側が樹脂製になる為、結露も防いでくれます。

アルミの熱伝導率はかなり高いのでこの二重サッシはかなり効果が高いです。

また、工事も1つの窓で30分から1時間程で終わるので在宅での工事もハードルが低いです。

是非ご検討下さい。

クロス、何を選ぶ?

壁紙のリフォームの時どんな柄が良いのでしょうか?

昔はほぼ「真っ白」が好まれていましたが、サンゲツもリリカラもルノンなどもかなり濃い色が出てきました。

普通のクロスの見本帳ですが、4年前あたりから濃い色が増えました。

アクセントクロスとして出しているのかそれともここ数年のトレンドで白から脱却しようとしているのかはわかりませんが面白い現象です。

私個人としてはあまり濃い色よりも少し色がついた感じのクロスが飽きが来ないと思います。

リリカラの普通クロスです。

3種類あるうちの左はほぼ真っ白、右側はご覧の通り濃い茶色です。

真ん中のクロスは白ではなく、白よりもベージュ系に傾いた色合いです。

落ち着いた感じになって良いと思います。

柄も織物調なのでリビングや寝室に合う風合いだと、個人的に思います。

クロス選びにお役にたてれば幸いです。

ユニットバスリフォームの工程5日め

いよいよ最終日になりました。

最後はクロスの貼り替えと床の貼り替えです。

脱衣場イコール洗面室だと思いますが、1日めに壁を壊しています。

4日めに大工工事でユニットバスの扉用「枠」を組み込んで、壊れた壁は復旧しています。

5日めは内装工事です。

壁紙と床材は事前に選んで頂いた物を貼ります。

壁紙は白っぽい柄が主流ですが、落ち着いた雰囲気を出す為に淡いベージュなども好まれます。

床材のCF(クッションフロア)を選んで頂く時、良く言われる事があります。

汚れが取りやすい物が良い、と。

以前のCFは細かい穴が無数にあり、そこに汚れが入り込んで黒くなります。

すると全体的にうすよごれて見えるから真っ平な素材が良いと言われる事が多いです。

床材は石目調が多かったのですが最近は織物調の柄もあるので、冬は石目調は寒く感じる為、織物調も好まれるようになっています。

内装工事が終わるとユニットバスのリフォーム工事は完了です。

ちなみに、ユニットバスを交換する時、洗面化粧台や洗濯機パンを一緒に新しくする事が多くなってきています。

私たちもできる事なら新しくすることをお勧めしています。

何故かと言うと、もちろん予算もあるのですが、お風呂や脱衣場の内装が新品になります。

すると人間の目は古い物と比較するのです。

どうしても古い物の方が目立つと言いましょうか、気になるのです。

半分くらいのお客様は「やっぱり洗面もリフォームしておけば良かった」と言われるのです。

これは事前にお伝えしているのですが、聞くのと実際に目の当たりにするのはかなり違うようです。

特に洗濯機防水パンはリフォーム前にはさほど気にならなかったのがかなり古さが目立つのです。

出来れば洗面室内もご一緒にリフォームすることをお勧めします。

ユニットバスリフォームの工程4日め

ユニットバスリフォームの4日めは主に大工工事です。

ユニットバスを解体する時壁も壊します。

古いユニットバスと新しいユニットバスの扉の位置が違うので新しい扉に合わせて大きめに壊すのです。

新しく入った扉に枠を取り付けますが、その前に壁(石膏ボード)の下地を組み直し、枠を取り付け、壁を復旧する工事です。

大工工事なので電動ノコギリを使いますのでかなり木屑や埃が舞い散ります。

また扉枠を組む為のスペースが必要です。

少なくとも畳3帖位の作業スペースが必要になります。

作業スペースが確保できない時はユニットバスのリフォームそのものをお断りする事もございます。

大工工事が早めに終わればクロスの貼替や脱衣場のCFの貼替などをしたいのですがこればかりは時間と職人の時間の兼ね合いが関わってきます。

大工工事の終わり時間によるので3日めに出来なかった電気工事やダクト工事を進める場合もあります。

いずれにしてもこの日からユニットバスは使えます。

脱衣場が工事の途中で中途半端な状態になりますが入れます。

この日は大工工事の日ですので、内装工事が出来なくても問題はありません。