火災保険に入りましょう

昨日雨漏りのブログを書きました。

火災保険と言うと火事の時だけと思っている人もいるかもしれませんが、水害についても保険がおります。

以下は火災保険には必ず網羅している項目です。

  • 大雨
  • 台風
  • (水害による)風災
  • ひょう災
  • 雪災

ただし、自然災害が全て含まれるわけではありません。

必ず契約内容を確認しましょう。

加入している保険の営業マンに聞いてみてください。

親身になって教えてくれない場合は内容に不備があることもありますので、保険を見直す事も視野に入れて下さい。

何故そんなことを言うのでしょうか。

私達は実際に被害に遭ったお宅の修理をしています。

上の画像は床上浸水した5日後の壁の状況です(カビや雑菌が繁殖しています)

そんな状況を見ると保険に入っていたのでキチンと修繕ができたケースと、火災保険に入っていなかったので自費で支払わなければならなかったケースを経験しているからです。

例えば台風でアンテナが壊れた場合保険が適用できるのです。

上記の他

  • 水濡れ
  • 盗難
  • 水災

などは別途保険を掛ける必要があります。

2019年の台風19号での川の氾濫は「水災」なので一般的な火災保険ではまかなえません。(前述の「大雨」と「水災」は考え方が違うものなので注意が必要で、「水濡れ」もまた違う項目です)

このように自然災害が全て補償されるわけではないので良く確認をしておくべきです。

週末、関東は台風は大きな影響もなく過ぎ去りましたが去年の台風での被害を考えると他人事ではありません。

修繕をする立場からお話ししました。

保険については保険屋さんからの方が詳しいですがご質問があればこちらまでお願いします。

2019年台風19号の被害

何故、去年の台風の話をするのか?と思い方もいるかと思います。

しかし、まだまだ被害の後処理、修復工事が終わっていないのです。

昨日関東に最接近した台風14号は関東地方にはそれほど影響がなく通りすぎてくれました。

三宅島、御蔵島は土砂崩れなどが複数件発生したようです。怪我をした方や巻き込まれた方はいなかったようで不幸中の幸いです。

千葉の鋸南町では2019年の台風19号で被害にあった地域ですが、未だ屋根の修繕が終わっていないお宅もあるとニュースは伝えています。

弊社のお客様でも多摩川の氾濫で被害を被った方がいらっしゃいます。

実は別荘でも被害に遭われた方がいらっしゃいます。

1階の天井が落ちてしまっています。

天井はこのように抜けてしまいました。

かなりの雨量だったので雨漏りが発生していました。

雨漏りで畳にもカビが発生しました。

今後修復工事を行いますが、あちこちに被害があった2019年の台風19号は忘れられないものとなってしまいました。

台風や雨漏り、物が飛んできて家屋に穴が空いた、などの被害がある方はご相談ください。こちらからメールでお願いします。

ガッテン!

NHKの「ガッテン!」の担当の方から連絡をもらいました。

水漏れに関する特集があると。

「ありゃ!私もいよいよ有名人か?」と喜んだのも束の間。

出演依頼ではなく画像の提供依頼でした。

つまり単に漏水に関する画像が必要だったのです。

少しがっかりしながらも、画像を探しました。

今やデジタル画像なので探すのに時間はかからないと思いきや、これがかなり時間のかかる作業。

物件ごとにファイルを作っているので現場を思い出しながら、探すこと数時間。

静止画ですが何枚か良さそうな物を選んで送りました。

しかし「もうちょっと他にありませんか?」と言われましたので再度お送りしました。

それでもご納得頂けなかったようでもう一度連絡をもらいました。

しかし思い当たる物がなかったので「これ以上はありません」と伝えました。

9月30日のガッテン!

使われた画像は1枚の7秒間でした。

内容を鑑みれば7秒も致し方なし、と言うところでしょうか。

でもお役に立てて嬉しい限りです。

番組の内容は「漏水」と「ウォーターハンマー現象」についてでした。

1層式の洗濯機(全自動洗濯機やドラム式洗濯機)が動いている時一瞬にして給水が止まる。

この時に水道管に負荷が掛かり水道管が揺れる現象です。

塩ビ管がしっかり固定されていれば大丈夫なのですが、そうでないとかなり揺れます。

それが長年積み重なって老朽化した場合漏水の可能性もあります。

水道検診票が2ヶ月に1回届けれらますが前回より水道使用料がかなり多い場合漏水を疑ってみることも大切です。

もちろん水を大量に使用した記憶があれば大丈夫ですが、その覚えがないのに使用量が増えていたら漏水を要チェックです。

水道メーターのコマ(パイロット=銀色の丸型のコマのような物)が全ての蛇口を閉めているのに回っていると水が流れていると言うこと。

漏水の可能性がかなり高いですので調査をしてもらいましょう。

漏水に関するご質問があればこちらまでお願いします。

※)ためしてガッテンは2016年からガッテン!にタイトルが変わったのですね。知らなかった。。。

雨漏り?

アパートの大家さんから電話がありました。

入居者から「外廊下で雨漏りがある」と言われたようです。

土曜日で、ちょうど雨が降っていたので見て下さい、と。

しかし、その時は別の現場に向かっていたので、夜なら見に行ける旨伝えました。

夜確認に行くと雨漏りではありません。

給湯器がある下の床が濡れています。

どうも給水管か給湯管のどちらかから漏れていると思われます。

しかし、夜で土曜日と言うこともあり、また下のお部屋に漏水被害があるとの連絡はさがないので来週確認する事でご了承頂きました。

漏水は簡単に見つかるものではないので部分的に解体して確認しなければなりません。

漏水や雨漏りに関するご質問はこちらまでお願いします。

ガッテンに資料提供

水漏れについて拙ブログを見ていただいたようでNHKのガッテンから連絡が入りました。

画像資料提供を致しました。

どれが使われるのかは分かりません。

番組内容や詳細は分かりませんが、来る9月30日の19:30から放送予定だそうです。

私も楽しみにしています。

ちなみに水漏れはジワジワと起きるので数日から数ヶ月経過しないと水漏れだとは分からないことが多いです。

水道管からの水漏れは継手が原因のケースが多いですが、それでも1分に1滴位だと本当に気が付かないです。

画像はお風呂の水が床に染み込んだのではありません。

これは洗濯機の蛇口の継手から微量の水漏れで半年経過したものです。

壁から床に染み込むまでに数ヶ月かかった為気付きにくい結果になってしまいました。

またお風呂や洗面所は湿気が多いので特に水漏れの湿気には気付きにくいと思います。

水漏れを早期発見するには

  • 湿気が多い気がする
  • いつもとは違う臭いがする
  • 壁にシミができた(特に表面ではなく裏側から)
  • 床にシミができた(CFのようなビニールシートの表面ではなく裏側から)
  • その部屋だけカビが生えてきた

などは要注意です。

いつもと違うな?でも気のせいかな?と思ったらこちらまでお問い合わせください。画像などがあるとアドバイスができるかもしれません。

雨漏りしないように外壁塗装は重要です

外壁塗装の広告が目につく昨今です。

外壁塗装って必ずしなければならないのでしょうか?

絶対にするべきです。

塗装の塗膜で外壁から雨が染み込まないようになります。

塗装したての時は水をはじく力がありますが10年を過ぎると紫外線にさらされる為その力が低下します。

つまり膜を張って雨対策をしているのです。

もう一つ重要なのは、塗装面だけではなく外壁材の継ぎめにはゴム状の(硬化したら)シーリング剤(コーキング剤)です。

外壁材の継ぎ目(隙間)から雨の浸入を防ぎます。

外壁塗装には塗装とシーリングが必要です。

画像は庇(ひさし)と外壁の間に隙間があります。

これは雨漏りの原因の一つです。

階の高い位置でこれがあるとこの下の階の天井や壁に雨漏りが出ることがあります。

外壁の塗装はこういう雨漏りの原因になる箇所はキチンと補修をした後塗装をして欲しいものです。

塗装をして5年も経たずこう言う箇所が出たり、目に見えなくても窓周りは必ずシーリングと塗装はしっかりして欲しいものです。

ただ単に塗れば良いとか、ただ単に安ければ良い、ではダメだと私は思います。

家を建て替えるのは簡単ではありません。

長く住ためにはメンテナンスが必要で、建物の知識を持った(建築士など)有資格者が点検をした方が良いと思います。

金額は少し高くなってしまいますが、雨漏りを起こされることを考えると結果的には安上がりにはなるのは事実です。

塗り替え・シーリングの目安

塗膜は手のひらで外壁をこすってみると塗料のはずなのに粉が手につくはずです。こうなると塗り替え時期を過ぎています。

粉が手につく前に塗り替えするのが本当は家を長持ちさせるコツなのです。

シーリング材はある年数を超えると痩せてきます。

痩せる前に打ち替えをしないと雨漏りの原因になります。

この2つの限界になるのが15年と考えます。

可能であれば10年で塗り替えをお勧めしますが、最長で15年と覚えておいて下さい。

それ以上になると知らない間に雨が外壁内に入っている可能性は大いにあります。

雨漏りが起きてからでは工事費用もかなり高くなってしまいます。

外壁塗装工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

台風に備えて(雨漏り対策)

今年は梅雨が長く感じました。

ところが梅雨が明けると途端に猛暑日続き。

そう思っていたら今度は台風。

台風10号は沖縄から北上する進路のようです。今日天気予報を見たら風速80メートルとのこと。

そんな風、本当にあるの?

と思う位私の中では現実離れしています。

去年も台風19号は各地に甚大な被害をもたらしました。

その台風の時、雨漏りしていると大家さんを通じて入居者さんから連絡が入りました。

慌てて確認しに行ったところ掃き出し窓のところでバケツと洗面器の計3個で雨漏りを受けていました。

今年は前もって対策をして欲しいとの要望があり今日行ってきました。

去年は台風の真っ只中ベランダに出てダメ元でシーリングをし、運良く雨漏りは止まりました。

しかしやはり確実な措置ではなかったので改めてやり直しをしました。

去年は慌てて行ったので手元に残っていたシーリング材で処理したので色が合わずグレーになりました。

今日は外壁と同じベージュで処理をしました。

今度来る台風の時は雨漏りしないで欲しいと願っています。

それからもう一つ問題が。

エアコン用スリーブがパックリと口を開けている。

普通の雨でも入るのでパテ処理をしておきました。

これで何とか頑張って!と建物に念を押しました(建物に言っても無駄だけど)。

雨漏りは建築物を腐らせますので早めの対策が必要です。

ちなみに

  • 天井にカビが出てきた
  • 雨が降ると部屋が湿っぽくなる
  • 壁や天井にシミができた
  • ポツポツと雨の音が天井から聞こえる

これは雨漏りの可能性があります。

雨漏りに関して質問があればご連絡下さい。

水漏れ(雨漏り)

水漏れの調査です。

玄関に雨漏りと思われる跡があるので見て欲しいと。

床下で漏れているのでフローリングの表面にしみ出てきたと言われました。

床下の調査をしました。

確かに雨漏りらしき跡はあるものの、水漏れではありません。

さらにフローリングの表面にシミが出来るとすれば床下はかなり濡れているはず。

しかしフローリングの裏側には濡れた箇所がない。

玄関の隣の和室は壁が濡れています。

これは雨漏りが原因だと考えられます。

近くに水道管はないからです。

しかし、それにしても玄関のフローリングの上のシミとの因果関係が分かりません。

こんな感じで雨漏り調査はなかなか進みませんが原因を見つける事が第一です。

ジワジワくる雨漏りや水漏れは家屋を劣化させます。

さらに今の時期は雑菌(カビなど)が繁殖しやすいので健康の方が問題になるかも知れません。

壁に水の跡、天井にカビやシミ、床にシミが出た場合

外から帰った時に臭いがキツくなった場合などは水漏れや雨漏りを疑った方が良いと思います。

調査費は掛かりますが、何事もなければ建物が腐ることもないですし、体への被害もないでしょう。

何か変化があったら早めに手を打つことをお勧めします。

雨漏り調査

木造の雨漏りの調査をします。

和室の壁が濡れている。そしてよく見ると板張りの天井の溝の部分に黒いシミができていました。

和室は半分下屋になっています。

つまり和室の上半分は広いベランダ

そして半分には部屋があります。

どうやらこのベランダに雨漏りの原因がありそうです。

雨が降れば漏れる箇所から水が染みてくる、と言う単純なケースであれば調査もしやすいのですが。。。

どこからどの程度漏れているのかわからない場合は調査が難航します。

雨の日は雨漏りがあるので調査できませんが、晴れて数日経過した後ホースで疑わしき場所に水を掛け漏れていないか確認します。

40分以上水を掛けても漏れが確認できませんでした。

今回は調査を打ち切ります。

次回、点検口を用意して天井を開口し天井裏、梁部などが確認できるようにして再度水を掛けて確認します。

雨漏りは木造の場合木を腐らせます。

またカビを発生させますので健康にも良くないです。

雨漏りは早めに原因を見つけることが大切です。

ご相談、ご質問はこちらまでどうぞ。

玄関の床に水漏れが(5)

前回の調査の結果原因が判明したので、玄関の沓摺(下枠)の漏水箇所付近をシールしましたが水を撒いたら、乾いた箇所にまた水漏れが生じました。

玄関沓摺と外廊下のノンスリップシートとの間を疑ってみました。

汚れでわからなかったのですが、清掃をしてみると沓摺とシートの間に隙間があります。

シート、シールを細く切り取りとります。

この切り取った箇所にシールを施します。

タキロンと同じ色のシール材がないので色が違います。

今回は漏水を止めるのを優先させるので目をつぶってもらいます。

運良くと言うか今日は大雨(春の嵐)になったので、漏水箇所が確認できました。

水漏れがなくなっていたので、これで完了になります。