トイレを新しくする

トイレのリフォーム。

便器だけを新しくするケースと床の貼替や壁紙の貼替、トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、照明の交換も併せて行うケースがあります。

便器を交換する場合、リフォーム用の便器で交換すると排水管はそのまま使えます。

排水管の位置を変えるとなると床を一部でも開口しなければならない。

つまり工事費が高くなります。

私達は出来る限りリフォーム用の便器で交換できるように考えています。

しかし、古い便器(30年以上前)だと排水管をそのまま利用できない事もあります。

排水位置がかなり奥の方にある場合だとリフォーム用の便器は使えません。

このように床を切って排水管を途中から曲げて手前に持って来るようにしなければ新しい便器が取り付けられません。

開口部をふさぎ直します。

床のビニールシート(クッションフロア)も新しくします。な

そのままだとつぎはぎになってしまいます。

床のシートを貼替え、新しい便器(リフォームようではありません)を取り付けました。

ウォシュレットも新しくなりました。

元々はウォシュレットから水漏れがあったのでウォシュレットだけ交換する案もありました。

30年以上経過した便器なので今後漏水が起きる可能性もあり、部品交換もしなければならないことを考慮して便器交換も行いました。

部品交換を頻繁にすると結局コストとして高くなります。

安心してお使い頂くためには思い切って交換した方が結果安上がりになります。

古い車程メンテナンス費用がかかるのと同じ理屈です。

思い切ってリフォームする事をお勧めしています

トイレの悩みはこちらまでご相談ください。

フローリングのキズ

フローリングのキズは目立ちます。

ましてや凹みではなく削れているとかなり目立ちます。

賃貸物件だと借りる側が敬遠することもあります。

やはり印象が悪いですね。

同時にキズがあると借りる時自分の責任になるのではないか、と思うこともあるようです。

他人が付けたキズを自分のせいにされてはたまったものではない、と思うのが人の常。

入居しているとキズがつくこともあるでしょう。そうなるとどれが自分が付けたキズでどれが最初からあったキズなのか判別が出来なくなる。

退去の時に故意過失とみなされないようにしたい。

そんな心理が働くでしょう。

私も退去の立会いをやります。

壁紙を貼り替えたにも関わらず入居当時から壁紙が破れていた、と嘘をつく人もいるのです。

そんな経験もありますがやはり内見の時にはキレイなお部屋を見てもらいたい、と言うのが大家さんの本音でしょう。

今回は歩くと「パシッ」と床材が弾けるような音がしますので床下の補強をします。

補強すると言うことはフローリングを開口するので復なければなりません。

復旧を新しいフローリングで張り替えると他の部屋と色も違うし、費用もかかります。

費用面を考慮するとクッションフロアに張り替える方が安いのです。

そんな提案を大家さんにしました。

板幅75ミリのタイプで色を合わせると画像の型番になりました。

出来るだけ費用対効果を考えて大家さんに提案をしています。

フローリングの張り替えをクッションフロアで代用。塩ビタイルで代用することも出来ます。

どちらにしてもフローリングを解体して新しいフローリングにするよりリーズナブルです。

是非提案をさせて下さい。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

CF(クッションフロア)の貼替前の剥がしについて

クッションフロア(CFとかビニールシートとも呼びます)の貼替をする前に、古いCFを剥がします。

たまに、古いCFの上から新しいCFを貼る事もあります。

数十年経過したCFを剥がすのは意外と苦労するものです。

最近はリフォームも当たり前の世の中なので、CF用のボンドも剥がしやすいものが一般的になっています。

しかし30年以上も前のCFだと剥がすことを前提にしていないので、かなり密着度が高いのです。

簡単に剥がれると剥がして貼って、で半日掛からずなのですが、古いCFを剥がすと剥がしだけで半日以上かかることがあります。

どんな感じか私が剥がしているところをご覧ください。

タイムラプスでも撮影していますので、簡単に剥がせると思われるかもしれませんが、途中普通の速度になりますので、剥がしが難航しているのがわかると思います。

何故このような動画を載せたかと言うと「剥がすのに時間が掛かることがあります」とCF工事の説明をしますが、わかってもらえないことが多いのです。

CFの貼替なんだから2、3時間で終わると言うイメージかも知れませんが、剥がしに時間を取られると貼り始めの時間がどんどん遅くなってしまいます。

その状況がわかって頂けると話も進めやすくなります。

トイレのインテリア(アクセントクロス)

トイレは毎日使う所ですね。

壁紙を1面だけ替えることでアクセントになります。

古い便器のままですが、雰囲気が変わるので新しい感じになります。

周囲3面をタイル張りのデザインのクロスで1面がブルーです。

画像ではグリーンに近く見えるかも知れませんがブルーです。

床は最近、サンゲツが出しているわざと古い感じをデザインしたCFでフレンチアンティークタイル。(HM4116)

インテリアで雰囲気を変えることができます。

便器交換、床貼替

便器の交換と床のCFの貼替をしました。

便器。そのままで床を貼り替えることはよくあります。

ただ、便器の部分は貼替え出来ませんのでくり抜いてCFを貼り替えます。

 

今回は便器の交換がメイン。

CFもかなり汚れていたので貼替えます。

貼替の途中です。

床は黒ずんでいます。

巾木は濃い色だったので新しい巾木は明るい色にします。

奥に便器を外した跡が見えると思いますが便器を据え付ける部分は踏むことが無いので綺麗なままですね。

今回は薄いグレー系のCFで貼替ます。

巾木は白にしたので全体的に明るい印象になったと思います。

個人医院のトイレです。

便器は洗浄の時に使う水の量が既存のものの半分位なので、水道料金も低くなると思います。

トイレ交換とCF、巾木の貼替で3.5時間の工事でした。

トイレのインテリア

トイレのCFの貼替で雰囲気を変えます。

何の変哲もない普通のトイレです。

クロスは一般的なもので、CFも十数年は貼り替えていないと思います。

古いせいか、少し冷たい感じ(と言うか素っ気ないとでも言った方が良いでしょうか)がします。

今回クロスは正面を白に、他の壁を淡い水色で貼り替えました。

そして床は女性的な雰囲気のフレンチアンティークタイル柄の

サンゲツのCF、HM-4116です。

このCFはぱっと見、昭和な感じがするかも知れませんが、サンゲツのカタログには「ヨーロッパにあるアパートの一室のようなアンティークの風合いを大切にしました」とあります。

確かにこんなCFは今までなかった。

つまり、昭和ではなくヨーロッパのイメージなのです。

以前のインテリアに比べてかなりオシャレになった感じがします。

CFの貼替

CFの貼替をしました。

汚れがしみ込んでいて、クリーニングでは落とせないレベルになっていましたので、貼替です。

画像は古いCFを剥がしている途中です。

左の部分が古いCFです。クリーム色と言えば良いでしょうか。

最近新しいデザインのサンゲツのCFです。

上品で引き締まった感じの色合いです。

デザインの好き嫌いはあろうかと思いますが、男性には人気のデザインです。

女性は割と薄い色を好まれる傾向があるようで、私も時にご主人の意見と奥様の意見との板挟みになることもあり、ヒヤヒヤすることがあります^^;

一般のお宅では10年は同じ柄ですから、ちょっとした問題かも知れません。

たまに「お任せします」と言われることがありますが、これもヒヤヒヤします。ただし少しお話をさせて頂き、見本帳を見て頂いてお好みの傾向を伺ってから決めますが・・・