ユニットバス完成

ユニットバスの組み立てが終わっても、その日は入れません。

何故入れないかと言うと「コーキング」が硬化していないからです。

コーキングとは何ぞや?

コーキングは効果するとゴムのような性質になる、硬化前は半練り状の物です。

これがユニットバスの隙間を埋めて水漏れが起きないようにしてくれる役目を果たします。

硬化しないうちにお風呂を使うとコーキングが変形したり、最悪の場合部分的穴が開いてしまい水漏れの原因になるのでご注意下さい。

さて、ユニットバス、TOTOのサザナが完成しました。

コーキングは昨日行っているので、養生をはがして清掃をしたら入浴できます。

新しいお風呂に入るのは気持ち良いと思います。

TOTOの戸建て用ユニットバスは、ほっカラリ床と言い、床は断熱材が入っているので足が冷たく感じないようになっています。

また「カラリ」と言う言葉が入っているように水はけも良いのでお掃除が楽です。

オケを置く台があります。その上が水栓になっています。

オケが少し高い位置にあるので床に置いた時と違い屈まなくても良く姿勢が保てるのが特徴です。

浴室は2段構えの底面になっています。

が、特徴はこれではありません。

浴槽の縁の形状が少し高くなっています。

湯船に入る時頭を乗せても背中が浮く事なくリラックスして浸かっていられる為の形状です。

タイル張りの在来工法のお風呂でも、ユニットバスからユニットバスへのリフォームでもどちらでもご相談下さい。

質問だけでもこちらまでご連絡下さい。

TOTOショールーム横浜港北店

今日はお客様のユニットバスの変更と洗面化粧台の追加の為横浜港北ショールームを訪問しました。

ユニットバスはアクセントパネルのデザイン変更。

追加として、洗面化粧台は「オクターブスリム」。

オクターブとオクターブスリムがありますがオクターブスリムは奥行きが短いタイプ。

お客様の希望のポイントは、洗面ボウルのすぐ横に化粧品やシャンプーボトルが置けるスペースがあることです。

画像のようにボウルと継ぎ目がないので水やシャンプーが垂れても下に漏れることはありません。

お掃除もしやすいですね。

洗面化粧台、ボウルの下は扉と引き出しの2種類あります。

上の画像は「オクターブ」ですが、オクターブスリムよりも奥行きはあります。

しかし、スリムと違うのは石鹸などを置く台は別体なのです。

このように実際に見て触って体験する事ができるので、是非ショールームに行ってみてください。

ユニットバスリフォーム

今週はユニットバスリフォームです。

ユニットバスリフォームの工程は

1日目   解体、撤去、墨出し

2日目   配管移設工事

3日目   ユニットバス組み立て

4日目   ユニットバスの扉枠設置と壁修復工事

5日目   クロスの貼替などの内装工事

と言う作業工程になります。

解決工房ではお風呂リフォームの時はショールームで実体験して頂くようにしています。

浴槽に入った時の感じ、洗い場の床の感触、鏡の位置や大きさなどです。

ショールームに行く一番のメリットは壁のアクセントパネルやその他のパネルの色合いを実際に選んでいただく事です。

夏場は汗をかくので秋口にリフォームを希望される方もいらっしゃいます。

どうしても3日間はお風呂が使えないからです。

※解体後の浴室の中

浴槽の色(アイボリーとピンク)

今日はお客様とTOTO横浜港北ショールームに行きました。

ユニットバスの選定、実際の肌触り、壁の色や浴槽の色を目で見て確かめていただく為です。

例えば「カラリ床」と「ほっカラリ床」の違いは実際に浴室の床の上を歩いてもらったりします。

色の違いは印刷物だと分かりづらいです。

ショールームでは色の配色を確認する為に模型を使います。

また、浴槽の色の微妙な違いは、カタログではなく実際の浴槽を見るとよく分かります。

例えば、アイボリーとピンク。

文字で書くとその違いは、はっきりしています。

しかし目で見ないと分からない位なのです。ちなみに写真で見るとその微妙な差はさらに認識しづらいです。

では問題です。上の画像の浴槽の色は何でしょう?

・・・

・・・

・・・

答えは「ピンク」です。

では次の問題です。下の画像の浴槽の色は何色でしょう?

このようにカタログで見るより、画像で見るより実物を肉眼で見た方がはっきりと分かるのです。

是非リフォームの時はショールームに足を運んで下さい。

※なお、現在新型コロナウィルス感染拡大防止の為に予約制になっていますので、ふらっと中に入る事ができません。コロナ禍が終息すれば今までのように自由に出入りができるようになると思いますが、いつになるかは未定です。

TOTO厚木ショールーム

昨日はTOTO厚木ショールームにお客様をお連れしました。

戸建て用ユニットバスルームのサザナについて実際に触れて体験していただく為です。

  • お風呂の床(ほっカラリ床/カラリ床)の形状・機能・色
  • シャワーの種類
  • 蛇口の位置
  • 洗面器を置く位置(高さや使い勝手)
  • 浴槽に入った時の深さや足を伸ばせるかなど
  • 手摺りの必要性や取り付け位置
  • 照明器具の形状
  • 浴室乾燥暖房機の位置
  • 脱衣場の温風・涼風機
  • シャワーバー(インテリアバー)の位置や使い勝手
  • 収納棚の位置(私がお勧めするマグネット式の収納)
  • 扉の形状
  • アクセントパネルの色やデザイン
  • 周辺パネルの色や質感
  • 浴槽の色

などをショールームで実感して頂きました。

私達リフォーム業者はイメージ画像や見積書をお持ちして説明をしますが、実際に本物に触れて大きさや使い勝手を体験して頂くことで「やはりこの方が良い」とか「やっぱりこれは不要」などがはっきり分かるのです。

是非ショールームに行ってみてください。

私たちはお客様のご都合に合わせてお近くのショールームにお連れします。

※6月いっぱいは予約を取った方のみのご案内です。

※7月いっぱいは予約が満席になっており、新たに案内することができません。

ご質問があればお気軽にメールください。

TOTOサザナのシャワー水栓

今日はお客様をTOTO厚木ショールームにご案内しました。

今月いっぱいは予約のみの案内で、時間通りに入館すると鍵を締めて予約なしのお客様は入れないようになっていました。

今日はサザナのシャワー水栓について2種類説明します。

カタログに詳しい説明がないので今日ショールームに行った時に撮影した画像で説明します。

標準グレードのシャワー水栓はこちら

本体右側にあるハンドル(ダイヤル)はシャワーとこの本体の下から出るいわゆる蛇口、手前の方に回すと蛇口、向こう側に回すとシャワーが出ます。真ん中が停止です。

停止から手前に回すほど蛇口から出る量が多くなり、奥へ回すほどシャワーの量が増えます。

左側は温度調整のハンドル。

上の画像はハイグレードの水栓です。

左側の四角いボタンはシャワーと蛇口で左側がシャワー右側が蛇口。

その右の丸いハンドルのうち右側が温度調節、左側は水の出る量の調整ハンドル。

ハイグレードの水栓の方がワンタッチでオンオフが出来るので楽だと思いました。

こんな説明がカタログにないのはTOTOさん、分かりづらいと思いますよ。説明のページを設けて下さい。

質問、もしあればこちらへお願いします(TOTOに質問してお応えします)

TOTOショールーム

ユニットバスのお客様をTOTOのショールームへお連れしようと予約をいれたところなんと、7月中旬まで予約が一杯!

一番早くて7月21日。

コロナの影響がこんなところまで出ているとは!

どうやら5月まで閉鎖していた為、6月1日に予約が殺到した模様。

予約はお早めに!

ハイグレードユニットバス「シンラ」

お客様の洗面化粧台の提案をする為にTOTOのショールームに行ってきました。

ついでに展示物を拝見。

ユニットバスのハイグレード版の「シンラ」。

女性よりも男性に好まれそうなデザイン。

浴槽も濃い色を使っています。

肩にお湯を掛ける肩楽湯、腰にお湯を当てる腰楽湯があり体の一番疲れる部位を温めてくれるので、血行も促されます。

1日の疲れを癒すには良いと思います。

下の画像の鏡は横長で浴室内が広く見えると言う効果があります。

少し上を見上げるとダウンライト。壁に突き出ているライトではないので、シャワーの上には何もありません。

シャワーバーもあり、お好みの高さに合わせることができます。

正面は木目になっていて全体的にブラウンの濃淡で統一されています。

価格は少しお高めですが癒しの空間になると思います。

是非一度ショールームでご確認下さい。

ショールーム巡り

今日はTOTOとLIXILのショールームを巡りました。

午前中はTOTO、午後はLIXIL。

ユニットバスの壁パネルのデザイン。

今は一色ではなく色々なデザインのパネルから選べるので楽しさはある反面、一度迷ってしまうと抜けられなくなると言う地獄のような焦りがあると言います。

浴槽の形状は足を抱え込む度合いが違ったり同じようでいて意外と違いがあるのです。

床の踏み心地を体感したり、実際の物を触って見て感じる事ができるがショールームです。

カタログで見る壁パネルが思っていた以上に暗い色だったとか、その反対だったり、実物を見ることは仕上がった後、後悔しないための言わば転ばぬ先の杖でもあります。

TOTOはTOTOの良さが、LIXILにはLIXILの良さがあるので、後はお客様の判断になります。

TOTOのみなとみらいのショールームは景色が良いです。

なかなかこんな風景は見られません。

TOTO厚木ショールーム

今日はお客様を厚木のショールームにご案内しました。

浴室のリフォームをするので、実際の物を見て色や質感などを確かめてもらうのが主目的です。

例えば浴室の中の浴槽や壁の色をサンプルを構成してくれます。

まずは展示している物を見て、それから、パソコンでイメージを作ります。

その後壁の柄や色、床の柄や色、浴槽とエプロンの色などを小さな模型で壁を差し替えて色を確かめたりできます。

写真で見るのとはやはり違います。

また予約をしていたので、アドバイザーが商品についていろいろと案内してくれるので、安心ですし、細かい部分までわからないことは説明してくれます。

これがショールームへお連れする1つの理由でもあります。

実は藤沢のショールームにお連れするつもりだったのですが、現在改装中と言うことで厚木に変更しました。

浴室の他、洗面化粧台やトイレもご確認頂きました。

1時間半に渡って説明を聞いて、後日見積書やイメージ図などがお客様のところに郵送されます。

リフォームの際は是非ショールームで実物を確かめることをお勧めします。