ユニットバスリフォームの工程5日め

いよいよ最終日になりました。

最後はクロスの貼り替えと床の貼り替えです。

脱衣場イコール洗面室だと思いますが、1日めに壁を壊しています。

4日めに大工工事でユニットバスの扉用「枠」を組み込んで、壊れた壁は復旧しています。

5日めは内装工事です。

壁紙と床材は事前に選んで頂いた物を貼ります。

壁紙は白っぽい柄が主流ですが、落ち着いた雰囲気を出す為に淡いベージュなども好まれます。

床材のCF(クッションフロア)を選んで頂く時、良く言われる事があります。

汚れが取りやすい物が良い、と。

以前のCFは細かい穴が無数にあり、そこに汚れが入り込んで黒くなります。

すると全体的にうすよごれて見えるから真っ平な素材が良いと言われる事が多いです。

床材は石目調が多かったのですが最近は織物調の柄もあるので、冬は石目調は寒く感じる為、織物調も好まれるようになっています。

内装工事が終わるとユニットバスのリフォーム工事は完了です。

ちなみに、ユニットバスを交換する時、洗面化粧台や洗濯機パンを一緒に新しくする事が多くなってきています。

私たちもできる事なら新しくすることをお勧めしています。

何故かと言うと、もちろん予算もあるのですが、お風呂や脱衣場の内装が新品になります。

すると人間の目は古い物と比較するのです。

どうしても古い物の方が目立つと言いましょうか、気になるのです。

半分くらいのお客様は「やっぱり洗面もリフォームしておけば良かった」と言われるのです。

これは事前にお伝えしているのですが、聞くのと実際に目の当たりにするのはかなり違うようです。

特に洗濯機防水パンはリフォーム前にはさほど気にならなかったのがかなり古さが目立つのです。

出来れば洗面室内もご一緒にリフォームすることをお勧めします。

お風呂のリフォームの価格

お風呂のリフォーム。

解決工房でもユニットバスの工事を行っています。

お風呂リフォームの流れは…

現場の確認(サイズや窓や梁の有無、その他)最初の見積書を提出承諾頂くショールームで現物を見て頂くマンションの場合は工事届出書の提出メーカーでの調査解体配管設備の移設ユニットバスの組み立て扉枠と壁の復旧大工工事内装工事引き渡し

以上の工程で進めます。

見積書は現地を見てからでないと作成出来ません。

従って金額はその時にお知らせ致します。

と言うのが今までの形でした。

しかし、目安となる金額が分からないと怖くて頼めない、と言うお声を頂きましたので大まかな金額をお知らせするようにします。

今日はその第一弾としてTOTOのユニットバスです。

マンション用ユニットバスのリモデルタイプ(WHシリーズ)、サイズは1216で標準仕様。

概ね70万円前後(税抜)になります。

本体価格、解体工事から組み立て、その後の内装の復旧まで含めての価格です。

オプションは一切含んでおりません。

オプションとは例えば浴室乾燥暖房機とか追い炊き配管や循環口、鏡のサイズやデザイン変更、手摺りなどです。

今日は目安となる価格を参考としてお伝えしました。

お風呂のリフォームは知らない事が多いと思います。

初めてのリフォームに関して不安な事や疑問点など毎日リフォームの工事をしていて当たり前になっている私に教えて下さい。

あなたの質問が私の勉強になりますので、是非是非なんでも良いので教えて下さい。

疑問点、質問はこちらまでお願い致します。

団地のお風呂をユニットバスに交換できるだろうか?

お風呂について過去のファイルを調べていたら2013年の工事資料が出てきました。

以前のお風呂がこちら

団地サイズで換気扇はありません。高度経済成長時期の団地はあこがれの存在でしたが、水回りの湿気を換気するのは「窓」と言う考え方だったのでしょう。

小さな湯舟でバランス釜

壁はカビがあり、塗装もはがれています

天井付近も塗装の剥がれが目立ちます

洗い場も小さく且つタイル張りの為、保温シートを敷いています

上の画像は工事中です。床を解体し、壁のタイルも解体し、殆ど以前の面影がなくなっていきます。

この時はかなりの難工事で、戸建てのお風呂の解体工事の方がずっとスムーズでした。

ユニットバスが入るかどうかのギリギリだったのです。

工事途中の写真はこれだけで、今思えばもう少しこまめに撮っておけば良かったなぁ、と思っています。

そして仕上がりがこちら

全く変わりましたが、同じ現場の画像です

この時の他の箇所の工事状況がこんな感じです

フルスケルトンではありませんが、躯体(構造体=コンクリートの壁)がむき出しの状態で、ところどころ使える部材は残しての工事でした。

出来ればフルスケルトンの方が工事としてはやりやすいのですが、予算もあることですので、可能な限り残して工事を行いました。

残す物がある(例えば床の一部を残すなど)とその床を基準に他の部屋の床の高さを合わせていかなければならないので、多く手間がかかる場合もあり(この工事ではありませんでしたが)逆に人件費がかさみ結果残すことによって高くつくケースもあります。

しかし、そんな場合は費用対効果を考えて提案致しますので、少しでも安くできるよう努めています。

今回のお風呂のケースは、たまたま、ぎりぎりでユニットバスが入る寸法だったので、何とか無事に工事を終えましたが、サイズが合わなければ画像のようなユニットバスにはならない場合もあります。

現場調査は無料で行っています。お気軽にこちらまでご連絡下さい。