雨漏りしないように外壁塗装は重要です

外壁塗装の広告が目につく昨今です。

外壁塗装って必ずしなければならないのでしょうか?

絶対にするべきです。

塗装の塗膜で外壁から雨が染み込まないようになります。

塗装したての時は水をはじく力がありますが10年を過ぎると紫外線にさらされる為その力が低下します。

つまり膜を張って雨対策をしているのです。

もう一つ重要なのは、塗装面だけではなく外壁材の継ぎめにはゴム状の(硬化したら)シーリング剤(コーキング剤)です。

外壁材の継ぎ目(隙間)から雨の浸入を防ぎます。

外壁塗装には塗装とシーリングが必要です。

画像は庇(ひさし)と外壁の間に隙間があります。

これは雨漏りの原因の一つです。

階の高い位置でこれがあるとこの下の階の天井や壁に雨漏りが出ることがあります。

外壁の塗装はこういう雨漏りの原因になる箇所はキチンと補修をした後塗装をして欲しいものです。

塗装をして5年も経たずこう言う箇所が出たり、目に見えなくても窓周りは必ずシーリングと塗装はしっかりして欲しいものです。

ただ単に塗れば良いとか、ただ単に安ければ良い、ではダメだと私は思います。

家を建て替えるのは簡単ではありません。

長く住ためにはメンテナンスが必要で、建物の知識を持った(建築士など)有資格者が点検をした方が良いと思います。

金額は少し高くなってしまいますが、雨漏りを起こされることを考えると結果的には安上がりにはなるのは事実です。

塗り替え・シーリングの目安

塗膜は手のひらで外壁をこすってみると塗料のはずなのに粉が手につくはずです。こうなると塗り替え時期を過ぎています。

粉が手につく前に塗り替えするのが本当は家を長持ちさせるコツなのです。

シーリング材はある年数を超えると痩せてきます。

痩せる前に打ち替えをしないと雨漏りの原因になります。

この2つの限界になるのが15年と考えます。

可能であれば10年で塗り替えをお勧めしますが、最長で15年と覚えておいて下さい。

それ以上になると知らない間に雨が外壁内に入っている可能性は大いにあります。

雨漏りが起きてからでは工事費用もかなり高くなってしまいます。

外壁塗装工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

外壁塗装

外壁の塗装工事も大事な工事の一つです。

戸建ては外壁を雨から守らなくてはならないので塗装が必要ですね。

また、ベランダの防水も重要です。

またサイディング(外壁材)の継ぎ目はシーリングが必要でこれもまた雨から家を守る役割を担っています。

今回はサイディングの柄をペンキで塗り潰すのではなく、透明な塗料を塗りサイディングのレンガ調のデザインを残すことにしました。

ベランダには石を敷いていましたが撤去。

石の下は汚れが堆積しています。

高圧洗浄で汚れを除去します。

外壁の塗装工事、屋根の塗装工事、ベランダの防水工事、サイディングのシーリング工事がセットになりますが、この工事を行うには足場が必要です。

足場がかなりの金額を締めますが、足場がないと出来ないのです。

外壁などの工事は概ね10年に一度行う事が家を長持ちさせる秘訣です。

特に新築から外壁が塗装の場合は10年経ったら絶対に塗装工事はすべきです。

雨など水が浸入しないように保護をしておかないと木造住宅は木が腐ってしまいますし、家具などにも被害が及びます。

もう一つは湿気を好むシロアリが発生するケースもあります。

雨漏りは経験しないと他人事と思ってしまいがちですがいざ自分の身に降りかかるとかなり慌ててしまいます。

意外に思わぬ所から雨漏りが発生しますので気が動転するケースがあります。

そんな時慌てて工務店やリフォーム会社に依頼すると調査に時間がかかり、内装を剥がしたりしなければならず費用も思った以上に掛かります。

また私の経験から言うと内壁に雨漏りがあっても必ずしもその真裏の外壁に原因があるとは限りません。

内壁の横桟、間柱を伝ってきて水が出る場合が割と多いからです。

注意点を挙げて説明しましたが外壁をしっかり保護していれば雨漏りの心配はなくなります。