富士通のエアコン「ノクリア」

エアコンの交換依頼はやはり夏が多いです。

しかし、故障するのは夏だけではありません。

風の方向を決めるルーバーが壊れると本来は修理なのですが、交換する部品の供給が終了している事も少なくありません。

そんな場合は交換になります。

6帖用は価格もそれ程高くはありません。

解決工房でエアコンを販売する時は時期によって仕入れ価格が違います。

去年モデルが出る時は少し安くなります。

また需要が多く供給が間に合わない時は高くなりますので型遅れが出た時に当たると安く手に入るのでラッキーです。

新しいエアコンを取り付けているところです。

クロスを貼り替えた後にエアコンを取り付けますのでエアコンの裏側が古いクロスそのままではありません。

富士通の「ノクリア」です。

これから寒くなるので暖房は必需品。

ちなみにエアコンで暖房を使う時は少しだけ湿気を多くすると暖かさが違いますよ。

加湿器があると良いのですが、加湿し過ぎは良くありません。

湿度が高すぎると結露を起こします。

結露が多く室内が暖かいとカビが発生しますのでそうならないように注意して下さい。

今日は台風が接近する天気予報だったのですがそれ程風雨にさらされることはありませんでした。

ついこの間まで暑い暑いと言っていたのに今日は長袖でないと肌寒いくらいでした。

エアコンが新しくなり風向調整も出来る様になりましたので冬も快適に過ごして頂けると思います。

来店のエアコンのご注文はお早めにお願いします。

エアコン設置(隠蔽配管)

夏真っ盛り。

エアコンが必要な気温です。

壁からニョキっと配管が出ています。

これはエアコン用の冷媒管とケーブル、そしてドレン管。

ここはエアコン室内機の設置場所です。

室外機はベランダに設置しますので、ベランダにも冷媒管などがニョキっと出ています。

室内機と室外機を繋いでいる冷媒管などを隠蔽配管と呼びます。

壁の中の管なので失敗は許されません。

ドレンは壁の中の塩ビ管に排出する様になっています。

壁の向こう側がベランダなら何の問題もなくスムーズに工事が進むのですが隠蔽だと思うように進みません。

一つ一つ着実に接続していきキレイに収まりました。

次は室外機。

設置が終わったら真空引きをします。

冷媒管は隠蔽されていて少なくとも10mはあるので管の中の空気はあってはいけないものです。

全て確認して取付がおわりました。

試運転をして確実に冷える事を確かめたら完了です。

当たり前のことですが、暑い中で作業をして部屋が涼しくなったところで失礼します。

エアコンについてのご質問はこちら

例えば量販店で買ったけどエアコンを取り付けてくれなかった。どうすればなど。