賃貸マンションのキッチンを「ラクエラ」でリフォーム

賃貸物件のキッチンリフォーム

コロナ禍で東京および近郊の賃貸物件に空きが出てきているようです。

これからは設備のアピールも大切な要件になっています。

キッチンリフォームしていると部屋の価値が上がる

最近よく耳にするのが「キッチン」と「お風呂」がきれいだと決まりやすい。

30年以上使っているキッチンやお風呂は見栄えから敬遠されがちです。

また、最近はネットで部屋の状況を見ることができる世の中になっているので内見すらないようです。

キッチンが新しいと主導権を握っている奥さんの意見が通ると言うのが大きいようです。

キッチンリフォーム前2
キッチンリフォーム前2

画像のようなキッチンだとどうしても決まりにくい物件として見られます。

  • 昭和なタイル張り
  • ガステーブルは自分で買って設置しなければならない
  • レンジフードが古い(音がうるさい)
  • 暗い
  • 古い
  • 全体的に借りようと思わない

結論:キッチンをリフォームして借りたいと言う欲求を高める

キッチンリフォーム後(ラクエラ)
キッチンリフォーム後(ラクエラ)

新しいキッチンにすると

  • 明るく目地のないキッチンパネル
  • コンロは備え付け(買う必要がない=出費が減る)
  • レンジフードが新しい(流行りの「スリム型レンジフード」)
  • 明るい(照明も新しいこととキッチンパネルの反射もある)
  • 新品
  • キッチンが新しいと言うだけでも借りたい欲求が高まる
  • 床も新しく張り替えていて光の反射も考慮し白い素材に

キッチンが新しいと物件の価値も高く見られますし、購買欲求も高まるのではないでしょうか。

キッチンのリフォームは思っているほど高くはないと思います。

見積もりを取ってみるのも未来を見据えた第一歩かもしれません。

キッチンのリフォーム

かなり年季の入ったキッチンをリフォームします。

レンジフードは浅型からスリム型に。

流し台と吊り戸棚はシステムキッチンにしてガスコンロはビルトインタイプに。

天井照明は最新のLEDに。

手元灯は超極細のLEDに。

壁のタイルはキッチンパネルに。

床のクッションフロアは白い石目調に貼替ます。

タイルはピンクのタイルからホワイトのキッチンパネルに。

水切りがなくなりワークトップ(天板)に水栓(蛇口)が取り付けられて使いやすくなっています。

もちろんリフォームしたのですから美しくなっています。

使いやすさも向上しています。

レンジフードは薄型を採用しお掃除が楽になっています。

お掃除するのも清流板を外してその周りをお掃除するのも拭きやすくなっています。

タイルではなくキッチンパネルなので目地に油がこびりつくことはありません。

手元灯は特注品ですが、巾が90センチ強あるのでシンクから調理台まで明るく照らします。

ガステーブルを買ってきて設置をしていた頃はガステーブルの下は油だらけでしたがビルトインなのでそう言う面倒臭さはありません。

古い流し台と違い引き出しはローラーが付いていてスムーズです。

コンロの横には調味料を入れる引き出しもあります。

新しいキッチンはクリナップのラクエラです。

扉の柄はカフェモカで、この部屋の他の建具と同じ木目調です。

クリナップ「ラクエラ」の工事

キッチン工事について、どんな手順で進めていくのかについてご紹介します。

元々のキッチンはこのような感じです。

箱型のキッチンです。ガスコンロはガステーブルを別途で据え付けるタイプです。

キッチンパネルが長さ2400㎜なのでかなり幅をきかせています。6帖のお部屋が一杯になる感じです。

キッチンパネルがなくなってもこんなにあります。全部の部品一つ一つが梱包されていますのでかなり、かさばります。

下地作りをしたところにキッチンパネルを貼ります。

勿論キッチンパネルを加工して専用の接着剤で定位置に貼ります。

先程のセットを順番に組み立てて行きます。

そしてほぼ組み立てたところが…

この後、水道工事、ガス工事、ダクト工事、電気工事を行い完成に至ります。

キッチンはクリナップの「ラクエラ」でワイドが2100㎜あります。

収納は引き出しタイプではなく扉タイプです。色はカフェウッドモカです。

ガスコンロは3口タイプでお料理はしやすいと思います。

棚下灯はミンテイジの超薄型LEDライトにしました。

一般的なキッチン手元灯よりも長さがあり全体を照らすので、洗い物をする時も、調理台の上で物を切ったりする時も明るく見やすいように考えての選択です。

傷がつかないキッチンシンク(クリナップ)

キッチンのシンクは新品の時はキレイですが、少し使うとすぐに傷が付きます。

まあ、傷も多くなると鏡面からマットな感じになるので、それほど気にならなくなるかもしれません。

クリナップは陶器、つまりお皿の下の高台がシンクで擦れると引きずった跡が付きます。

ところがクリナップのシンクは傷がつかない「美・サイレントシンク」と言うのがあります。

お皿を引きずっても傷がつかない。

その証拠が次の動画です。

これはエンボスがお皿の傷つきを緩和していると思いますが、なるほど、これなら多少荒っぽく使っても精神的に楽ですよね。

「せっかくの新品のシンクに傷がついちゃったぁ〜〜〜」

と言う心配がありません。

また、蛇口をひねると水の音でテレビのニュースが聞こえない、ラジオが聞こえない、せっかく良い音楽をかけても水の音でかき消される。

ところがクリナップのこのキッチンは水の音も静かです。

クリナップのパンフレットによると図書館並みの静かさだとか。

テレビを見ながらのお料理もクリナップの「ラクエラ」にすればもっと楽しくなるかもしれません。

クリナップのラクエラ

クリナップのキッチン「ラクエラ」への交換。

画像は古いキッチンです。

賃貸マンションのキッチンです。

古いキッチンはお湯と水が別々のハンドルで吐水するタイプで、水切りの上に付いています。

このタイプのキッチンはまだまだ健在ですが、システムキッチンに徐々に置き換わっています。

シンクのすぐ際に水栓があり、シングルレバーになっています。

ガスコンロは付いていませんので、ホームセンターなどでガスコンロを買ってくるのが定番です。

昭和の頃の賃貸はガステーブルを買ってくるのは当たり前だったのですが…

吊り戸棚は既に取り付けていますので、ベースキャビネットの設置です。

シンクのある天板はまだ取り付けていません。

コンロ台、引き出しのある収納台、シンクの下のシンクキャビネットを設置します。

天板を取り付けてキャビネットと接合します。

天板の設置が終わったらコーキングを施します。

キッチンから水が隙間に入らないよう、また油やホコリ、小物が隙間に入らないように、綺麗に仕上げる為にコーキングをします。

ビルトイン型ガスコンロを取り付けています。

完成です。

クリナップのラクエラ。

幅は1650mmでコンロは2口。

3口コンロもありますが、1800mm以上の幅でないとセットできません。

レンジフードは最近主流となっているスリム型レンジフードです。

私個人的にはこのデザインは良いな、と思っていますが排気方向やダクト管の取り付け方などで必ずしもこの形が適合するわけではありません。

必ず専門家が調査して種類を決めるようになります。

クリナップのラクエラについてでした。