リーズナブルに床をリフォームする方法

床をリフォームするのに安価に出来る方法があります。

例えば今あるフローリングにキズがあったり剥がれ掛けているところがあると、フローリングを張り替えなければならないと思うかもしれませんが、上に床材を貼ると言う方法があります。

フローリングの工法が昔と違って、今はフローリングの下地として合板を先行して張っておかなければならないのです。

昔は合板の下地は必要なかったのです。

では何故今は二重に張るのでしょうか?

それはフローリング1枚だとフローリングその物が経年劣化により割れてしまうからです。

20年以上経過した物件は歩くとメリメリ音がし割れ始めます。

そうならないように二重張りになっているようです。

フローリングの張り替えは最初に今あるフローリングをはがさなくてはなりません。

10帖程の広さだと、はがす作業、捨てる廃棄処分費は掛かりますしこの解体と下地の補修で1日から1日半時間とその人件費が掛かります。

そして合板を張り、仕上げのフローリングを貼り、最後に巾木を取り付けて終わりですが、これで2日掛かります。

都合4日が必要。

塩ビタイルだとわずか1日で終わるのです。

時間と人件費と費用が全く違うのです。

仮にフローリングの張り替え工事(上記の条件)で50万の費用だとすると塩ビタイルで貼れば3分の1か4分の1の費用になります。

もちろんフローリングに張り替えれば強い床になりますので当然そちらの方が長持ちします。

床が割れ始めているところに塩ビタイルは貼れません。

一長一短はありますので状況に応じて選択すべきです。

上の画像は元々がコルクタイルです。

はがすのがかなり時間と労力が必要。

さらに廃棄処分費が必要なのですが塩ビタイル(今回はサンゲツのフロアタイル)を貼りました。

施工中

貼り終えると別の部屋のようになります。

家具移動費は必要ですがこれ以外の剥がしや廃棄などが削除できました。

必ずしもフローリングでなければならない時以外はこのような方法があります。

ご質問はこちらまでお願いします。

フローリングのキズ

フローリングのキズは目立ちます。

ましてや凹みではなく削れているとかなり目立ちます。

賃貸物件だと借りる側が敬遠することもあります。

やはり印象が悪いですね。

同時にキズがあると借りる時自分の責任になるのではないか、と思うこともあるようです。

他人が付けたキズを自分のせいにされてはたまったものではない、と思うのが人の常。

入居しているとキズがつくこともあるでしょう。そうなるとどれが自分が付けたキズでどれが最初からあったキズなのか判別が出来なくなる。

退去の時に故意過失とみなされないようにしたい。

そんな心理が働くでしょう。

私も退去の立会いをやります。

壁紙を貼り替えたにも関わらず入居当時から壁紙が破れていた、と嘘をつく人もいるのです。

そんな経験もありますがやはり内見の時にはキレイなお部屋を見てもらいたい、と言うのが大家さんの本音でしょう。

今回は歩くと「パシッ」と床材が弾けるような音がしますので床下の補強をします。

補強すると言うことはフローリングを開口するので復なければなりません。

復旧を新しいフローリングで張り替えると他の部屋と色も違うし、費用もかかります。

費用面を考慮するとクッションフロアに張り替える方が安いのです。

そんな提案を大家さんにしました。

板幅75ミリのタイプで色を合わせると画像の型番になりました。

出来るだけ費用対効果を考えて大家さんに提案をしています。

フローリングの張り替えをクッションフロアで代用。塩ビタイルで代用することも出来ます。

どちらにしてもフローリングを解体して新しいフローリングにするよりリーズナブルです。

是非提案をさせて下さい。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

サンゲツのフロアタイル

床材と言えば、フローリングが思い浮かぶ人も多いと思います。

その他にクッションフロア(CF)と言われるクッションのあるビニールシートがあります。

最近ブームになっているのが塩ビタイルです(サンゲツの商品としてフロアタイルと呼びます)

逆にあまり需要が無くなってしまったのがカーペットと畳です。

今回は張ってあったCFとカーペットの床を塩ビタイルにしました。

塩ビタイルはフローリングに比べキズが付きにくいので美観が長持ちします。

また、フローリングはメーカーで出しているデザインがだいたい5種類とか6種類程度。

しかし塩ビタイルは100以上のデザインが用意されています。

これは使わない手はないですよね。

型番はWD-966です。

1枚の幅が3種類あり、これを組み合わせて乱張りにしました。同じ幅を貼る場合と比べて割り振り、そして施工に時間が掛かりますので、工費は少し高くなりますが、雰囲気は一気に良くなりますよ。

簡単ではありますが動画にしていますのでご覧下さい。

フローリングのシミをお化粧直し

フローリングに黒いシミができてしまった。

汚れならクリーニングで除去出来るのですが、フローリングの木の中に染み込んでしまっているのでクリーニングでは対処できません。

小さいシミならリペアと言う方法もあるのですが、かなり大きいので、リペアの範囲ではないのです。

ではどんな提案があるか。

まず一番綺麗にするならフローリングの張替工事です。

ただし、かなり費用はかさみ、うん十万円になります。

もう一つの案がフロアタイルです。

フローリングの上に貼るのでシミはキレイに隠れます。

フローリング張替の工事のように剥がしたフローリングの廃棄もないし、解体の騒音もない、大工工事としての下地の工事もないので、人件費、廃棄処分にフローリングや木材などの材料もないのです。

この上からウレタンボンドで貼ります。

半分貼り終わったところ。

全てを張り終えお化粧直しが終わると全く別の部屋に変身。

フローリング張替工事の場合最低でも3日間はかかりますが、フロアタイルの貼替は実に4時間。

半日でキレイになります。

ウレタンボンドは溶剤系の臭いがキツイですがはがれにくくする為の選択肢の一つです。

水性系のボンドもありますがはがれる可能性が高いことから溶剤系にしました。

フロアタイルの特徴は木よりもキズに強く、木よりもシミに強いことです。

リフォームの一つとして良い材料です。