雨漏りしないように外壁塗装は重要です

外壁塗装の広告が目につく昨今です。

外壁塗装って必ずしなければならないのでしょうか?

絶対にするべきです。

塗装の塗膜で外壁から雨が染み込まないようになります。

塗装したての時は水をはじく力がありますが10年を過ぎると紫外線にさらされる為その力が低下します。

つまり膜を張って雨対策をしているのです。

もう一つ重要なのは、塗装面だけではなく外壁材の継ぎめにはゴム状の(硬化したら)シーリング剤(コーキング剤)です。

外壁材の継ぎ目(隙間)から雨の浸入を防ぎます。

外壁塗装には塗装とシーリングが必要です。

画像は庇(ひさし)と外壁の間に隙間があります。

これは雨漏りの原因の一つです。

階の高い位置でこれがあるとこの下の階の天井や壁に雨漏りが出ることがあります。

外壁の塗装はこういう雨漏りの原因になる箇所はキチンと補修をした後塗装をして欲しいものです。

塗装をして5年も経たずこう言う箇所が出たり、目に見えなくても窓周りは必ずシーリングと塗装はしっかりして欲しいものです。

ただ単に塗れば良いとか、ただ単に安ければ良い、ではダメだと私は思います。

家を建て替えるのは簡単ではありません。

長く住ためにはメンテナンスが必要で、建物の知識を持った(建築士など)有資格者が点検をした方が良いと思います。

金額は少し高くなってしまいますが、雨漏りを起こされることを考えると結果的には安上がりにはなるのは事実です。

塗り替え・シーリングの目安

塗膜は手のひらで外壁をこすってみると塗料のはずなのに粉が手につくはずです。こうなると塗り替え時期を過ぎています。

粉が手につく前に塗り替えするのが本当は家を長持ちさせるコツなのです。

シーリング材はある年数を超えると痩せてきます。

痩せる前に打ち替えをしないと雨漏りの原因になります。

この2つの限界になるのが15年と考えます。

可能であれば10年で塗り替えをお勧めしますが、最長で15年と覚えておいて下さい。

それ以上になると知らない間に雨が外壁内に入っている可能性は大いにあります。

雨漏りが起きてからでは工事費用もかなり高くなってしまいます。

外壁塗装工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

屋根塗装

塗装は何の為?

外壁塗装は10年に1度は行いましょう、と言いますがなぜなのでしょうか?

外壁と同様屋根も外壁と同じタイミングで行います。

これは鉄板の屋根ですが、ご覧の通りサビています。

塗膜

塗装は幕を形成し、素材を保護します。

鉄ならサビから保護し、外壁なら紫外線から保護します。

いずれの場合も「酸化」を防ぐ為です。

これに色を付けてデザインが出来ます。

塗るだけではない「保護」と言う効果があるので塗装が必要なのです。

10年に1度を推奨

塗装して10年経過すると塗膜も酸化します。

それ以前に鉄板屋根などはかなりの高熱になりますので塗膜が剥離する事も多いです。

素材に幕を張る事で素材の酸化を遅らせるので外壁にしても屋根にしても延命出来ると言うからくりです。

ただ、そのまま放置すると素材そのものが酸化が普通の速度になるので、長持ちしなくなると言うわけです。

屋根の塗装

一戸建ての木造家屋のコロニアルの屋根は黒が多いのでそのまま黒にすることが多いです。

コロニアルは黒でも良いのですが、鉄板の屋根は黒だと熱を吸収してしまいますい夏は灼熱になり室内にかなりの高温をもたらします。

また灼熱になる為塗膜も剥離してしまいます。

このような理由から、明るい色を使う事が多いです。

10年に1度をお忘れなく。長持ちさせるための方法です。

断熱塗料ガイナ

一般的な外装塗料ではなく、遮熱効果のある塗料もあります。

光熱費が抑えられるのでこの塗料でペイントすることもあります。

2019年4月に断熱塗料「ガイナ」メーカーの(株)日進産業に行ってきました。

鉄板にガイナを塗布し下から熱を持つ電球(レフ球)で照らして氷の解ける時間を確認しています。

撮影が上手くありませんが、氷の解ける速度の違いが分かるかと思います。

向かって右側の鉄板の下側に「ガイナ」を塗布しています。

結論:外壁塗装は10年に1度は建物を長持ちさせるために行いましょう。

お問い合わせはお気軽に

電話:0448611126

メール:mt@kaiketsu-kobo.com

解決工房、田辺まで