ガッテンに資料提供

水漏れについて拙ブログを見ていただいたようでNHKのガッテンから連絡が入りました。

画像資料提供を致しました。

どれが使われるのかは分かりません。

番組内容や詳細は分かりませんが、来る9月30日の19:30から放送予定だそうです。

私も楽しみにしています。

ちなみに水漏れはジワジワと起きるので数日から数ヶ月経過しないと水漏れだとは分からないことが多いです。

水道管からの水漏れは継手が原因のケースが多いですが、それでも1分に1滴位だと本当に気が付かないです。

画像はお風呂の水が床に染み込んだのではありません。

これは洗濯機の蛇口の継手から微量の水漏れで半年経過したものです。

壁から床に染み込むまでに数ヶ月かかった為気付きにくい結果になってしまいました。

またお風呂や洗面所は湿気が多いので特に水漏れの湿気には気付きにくいと思います。

水漏れを早期発見するには

  • 湿気が多い気がする
  • いつもとは違う臭いがする
  • 壁にシミができた(特に表面ではなく裏側から)
  • 床にシミができた(CFのようなビニールシートの表面ではなく裏側から)
  • その部屋だけカビが生えてきた

などは要注意です。

いつもと違うな?でも気のせいかな?と思ったらこちらまでお問い合わせください。画像などがあるとアドバイスができるかもしれません。

鉄管の錆

水漏れの原因

鉄管の水道管。

真っ直ぐなところよりも継手から老朽化が始まり漏れが起きるのです。

今回のこの鉄管は給湯器に送っている給水管ですがかなり劣化が進んでいました。

築年数30年以上(昭和に竣工した建物)はこのような鉄管が壁内、床下にありますので要注意です。

建物の中にあると漏水の原因になります。

過去やった工事で分かりやすい記事では排水管から水漏れが発生しましたが、排水は圧が掛かっていませんが給水管にはかなりの圧があるので漏れ始めると止まりません。

マンションの管理組合では『リフォームの時には配管も交換』を推奨しているところはかなりあります。

この管の状態を見ると納得していただけると思います。

配管リフォームの提案

配管のみのリフォームをするケースとリフォームの時に配管のリフォームも同時に行うケースで考えてみます。

配管のみのリフォームの場合は床下の配管を入れ替えるので床を剥がします。

その他、洗面化粧台は一旦外します。

キッチンまでの配管経路も交換したいのでキッチンも一旦外します(ガス工事も伴います)。

ユニットバスは床下まで手が入らないので途中までになります。

洗濯機用蛇口は壁の一部を解体しなければなりません。

水道工事だけではなく、大工工事、壁紙の工事などが必要になります。

水回りのリフォームの時に配管交換をする時は殆ど外されているので、プラスするのは床の工事位です。

リフォームの時は配管交換工事のみが加算されるだけです。

配管のみの場合はフローリング工事、壁の復旧、内装の工事が加算されます。

加えてユニットバスの付近は配管は入れ替えが出来ない。

などのデメリットを考えるとリフォームの時に配管の入れ替えを行う方がかなり安く出来ます。

水漏れ(雨漏り)

水漏れの調査です。

玄関に雨漏りと思われる跡があるので見て欲しいと。

床下で漏れているのでフローリングの表面にしみ出てきたと言われました。

床下の調査をしました。

確かに雨漏りらしき跡はあるものの、水漏れではありません。

さらにフローリングの表面にシミが出来るとすれば床下はかなり濡れているはず。

しかしフローリングの裏側には濡れた箇所がない。

玄関の隣の和室は壁が濡れています。

これは雨漏りが原因だと考えられます。

近くに水道管はないからです。

しかし、それにしても玄関のフローリングの上のシミとの因果関係が分かりません。

こんな感じで雨漏り調査はなかなか進みませんが原因を見つける事が第一です。

ジワジワくる雨漏りや水漏れは家屋を劣化させます。

さらに今の時期は雑菌(カビなど)が繁殖しやすいので健康の方が問題になるかも知れません。

壁に水の跡、天井にカビやシミ、床にシミが出た場合

外から帰った時に臭いがキツくなった場合などは水漏れや雨漏りを疑った方が良いと思います。

調査費は掛かりますが、何事もなければ建物が腐ることもないですし、体への被害もないでしょう。

何か変化があったら早めに手を打つことをお勧めします。

水漏れ跡

水漏れや雨漏りが判明した場合は最初に調査をしなければなりません。

上の階からの水漏れがあるとボードや壁紙の内装工事が必要です。

また電気関係にも影響があります。

電線に不純物の混ざった水がかかるとショートしてしまいます。

ビニールで覆われている所は問題ないのですが、電線が露出している所に水がかかるとショートしてしまいますし、電子機器などは破損してしまいます。

今回は収納の中の内装と火災報知器の交換です。居住スペースには漏水の影響はなかったようです。

階上で水漏れ事故が発生したので、天井のクロスが茶色に変色しています。

既に水分はなく乾いていますが、やはり気持ちは良くないです。

もちろん、こんなケースでは漏水の原因を作った方の保険で被害側の工事代金は負担して頂きます。(火災保険 )

今回はクロスの貼替と火災報知器の交換。

火災報知器は防災設備屋さんが交換します。

今回の現場の火災報知器は電池式の物ではなく集中管理式なので、専門業者でないと交換は出来ません。

クロスの貼り替えの後に火災報知器を交換しました。

収納内ですがやはりキレイになると気持ち良いですよね。

天井と壁は白っぽいクロスで仕上げ、床の部分は室内のタイルカーペットの色に合わせたCFで仕上げました。

カビのことを気にせず収納できるようになり精神的にも一安心と言ったところでしょうか。

水漏れや雨漏りで起きた変化で気になる方。ご質問はこちらまでどうぞ