照明器具を家電量販店、ホームセンターで買って自分で取り付けたい

かなり古くなった蛍光灯の照明器具をLEDに替えたい。

家電量販店、ホームセンター、インターネットの通販サイトで買った照明器具を自分で取り付けたいけど電線が直付けになっている。

天井から出ている電線は器具に直接刺さっている。

これだと自分で買ってきた照明が付けられない。

「引掛シーリング」とか「ローゼット」と呼ばれる天井にある照明器具専用のコンセントみたいなものであれば、椅子や脚立があれば簡単に取り付け、取り外しができます。

そこでちょっとした工事をします。

これで通販で買ってもホームセンターで買っても取り付けできます。

30年以上前は画像のようなシーリングライトは直付けの器具はかなり多かったのですが、今は少なくなっています。

利便性を考えれば当然のことだと思います。

引掛シーリングになっていれば誰でも交換できるのですから。

昔はリフォームなんて言う言葉すら知らない人がいたくらいなので交換を前提に建築がされていなかったと思います。

昭和の40年代はまだまだスイッチが少なく、ヒモを引っ張ってON、OFFをするのが主流でしたし、蛍光灯もかなり時代の最先端だったのです。

過電流になっても、ブレーカーはまだ一般的ではなくヒューズが主流でした。(「ヒューズが飛んだ!」と言っていました)

その後蛍光灯もパルックなど明るい物が登場しましたが値段が高かったので普通の蛍光灯が多かったです。

昭和50年代に入るとスイッチも一般的になってきました。

これで、誰でも交換できるようになりました。

LEDのシーリングライトは数千円で購入出来る時代です。

一つアドバイスをさせて頂くと…

6帖の部屋だとすると、出来れば8帖用の明るさをコントロール出来る器具がおすすめです。

人によってだとは思いますが、少し暗く感じる場合があるので。

明るすぎる場合は調光で少しだけ暗くすれば落ち着いた雰囲気になるし、本を読むとき暗いのは目にも負担が掛かります。

「安い」だけで判断すると後悔するかもしれません…

最後に、このような工事だけでも行いますが、できればリフォームの時にこういう交換もしておくと結果的には安上がりになります。

この引掛シーリングにするだけの工事では人件費の方が高くつくからです。

蛍光灯が点灯しない

今やLEDが当たり前になってしまった感がある照明器具ですが、LEDの代替品がない物もあります。

スリム蛍光灯を使っている照明器具が点灯しなくなった。

事務所用の逆三角の照明器具が点灯しなくなった。

複数台ある照明器具を全部交換するのは費用も掛かります。

では蛍光灯は何故点かなくなったのでしょうか?

この場合原因は安定器(変圧器とかインバーターとか名称はいろいろあります)が壊れた。

安定器は100Vを蛍光灯に合わせた電圧に変換する装置です。

これが劣化するときちんと変圧してくれないので蛍光灯が点かなくなるのです。

この変圧器を交換する工事を今日行いました。

変圧器は1台あたり1万円以上します。

蛍光灯の照明器具はこれさえしっかりしていれば点灯します。

たまに蛍光灯管をLED管にする工事を受けることがあります。

この時は安定器を外して100Vを LED管に直結します。

LED管の中に変圧装置が組み込まれているからです。

今回の交換は小泉照明のブラケットタイプで照度もかなりあり天井が斜めになっていて一番高いところは床から5メートルあります。

そんな大きな空間をこの照明器具は明るく照らしてくれらるので簡単にLEDに替えられないのです。

LED 2変更する時は照度や照射角などを同等にしなければならずかなり難しいです。

そんな訳で修理をしました。

ただし10年以上経過している器具なので後5年もすると部品もなくなると思います。

照明器具、LEDに関するご質問はこちらまでお願いします。

それは突然やってくる

今日も終業の時間になった頃、1本の電話が。

「事務所の照明の送りが正しいかどうか分からない」とお世話になっている会社から連絡が入りました。

「申し訳ありませんが、画像を送ってみてください」とお願いしました。

すぐに画像は送られてきました。

しかし、画像をみても何ら問題ないのです。

でも点灯しないところがある、と言うので再度画像を送ってもらいましたが、原因不明。

やはり現場を見ないと分からないと思い、都心に急行。

夕方なので国道の上り線は渋滞もなく原宿まで30分ほどで到着。

よく見ると送り線が接続されていなかったのです。

そりゃ点灯しないはずです。

電気が送られていないのだから。

リフォーム業者さんがつなぎ忘れたのだと思います。

たまにはこんな事もあるさ、と思った今日です。