給湯器付近の給水管から水漏れ

給湯器の付近から水漏れ。

厄介なのが配管が壁の中にあり中が見えないこと。

アパートの外廊下にある給湯器やガスメータがあるボックスから水が漏れているのが分かります。

どうやらボックスの奥の方から漏れていてかなり長い期間続いていたようで鉄のボックスが錆びています。

どこから漏れているか、原因を突き止めなければなりません。

本当ならボックスを全部外すか部屋側から確認したいところです。

しかしボックスは外せない。

部屋側はユニットバスを解体しないとわからない場所に配管があります。

ユニットバスを解体出来ないのでボックスの一部を切断します。

サンダーで鉄を切断。

給水管の継ぎ手から水漏れがありました。

本管からと給湯器から送る側、両方共漏れていました。

継ぎ手は新しい物に交換、且つポリ管に交換。

銅管も途中からポリ管に。

切断箇所はパネルを貼りました。

ボックス全部交換したいところですが、ガスメーターの脱着や給湯器の脱着が必要になるとかなり工事費が掛かるので水漏れ修復のみで終わらせました。

外壁より内側の水漏れ、原因が分かって良かったです。

雨漏り?

アパートの大家さんから電話がありました。

入居者から「外廊下で雨漏りがある」と言われたようです。

土曜日で、ちょうど雨が降っていたので見て下さい、と。

しかし、その時は別の現場に向かっていたので、夜なら見に行ける旨伝えました。

夜確認に行くと雨漏りではありません。

給湯器がある下の床が濡れています。

どうも給水管か給湯管のどちらかから漏れていると思われます。

しかし、夜で土曜日と言うこともあり、また下のお部屋に漏水被害があるとの連絡はさがないので来週確認する事でご了承頂きました。

漏水は簡単に見つかるものではないので部分的に解体して確認しなければなりません。

漏水や雨漏りに関するご質問はこちらまでお願いします。

トイレの水漏れ

弊社のブログを見た方から電話を頂きました。

トイレの水漏れ、とのこと。

お近くなのと丁度時間が空いていたので調査に行きました。

トイレの水漏れと言いうと、

  • 給水管からの水漏れ
  • タンクと便器の間の水漏れ
  • タンクが割れて水漏れ
  • 便器と床の間からの水漏れ

などがあります。

今回は止水栓(給水管)から水漏れでした。

給水管の水漏れの箇所は継手のところからがほぼ99%です。

パッキンの劣化によるものです。

常に使っているとそれ程問題は無いのですが賃貸物件のように空き部屋になり半年使わない場合、ゴムが乾燥して劣化が進むことが多々あります。

便器とタンクの間のつなぎ目から水漏れがあるのもタンクに水がなくなって半年間放置するとゴムが乾燥したり縮小したりして水漏れの原因になります。

1週間に1回程度は水を流すようにした方が良いです。

今回止水栓を交換するにあたり壁から出ている給水管がサビで割れる事もあるのでベテランの水道屋さんに依頼します。

新築当時の水道屋さんがどんな人なのかどのように収めたのかが分からないのでかなり怖いです。

と言うのも、給水管が壁の中で固定されていない事もあります。

止水栓を外したら壁の中で給水管が傾いたりする事もあるのです。

そうなると壁を壊して給水管を下の位置に戻さなければならなくなり工事が大きくなるのです。

ここは勘所がある専門家にやってもらうべきです。

そんなわけで見積書を提出しました。

水漏れについてのご質問はこちらへどうぞ。