表札の電球

既製品ではなく特注で製作した表札の照明。

中の電球が切れたので交換しようとしたら電球を受ける側(ソケット)が壊れてしまったとのこと。

加えてソケットまでの電線が劣化しています。

ご覧の通りソケット(電球の差し込み受け)がなくなっています。

出来る限り同じ大きさ、同等の能力のソケットを探すことから始めます。

ソケットまでの単線は全て新しい物に替え、コネクターも新しい物に替えた方が良いです。

電源と直接続しなければならないので電気工事士の資格がある者しか出来ません。

今回はソケットも同等品があったので良かったです。

ない場合は探すのに数日掛かったり、それでもない時はサイズ、形などが似たような物を一旦仕入れて現場に合わせてみるなどしなければならないので費用も掛かってしまいます。

LEDをお勧めしましたが、フィラメントのある電球の味わいがお気に召しているので、同じ物を探しました。

ただ輸入品で製作された特注品は出来ないこともございます。

ご質問はこちらまでお願いします。

スイッチの新設・移動

照明のスイッチがここにあったらいいな、と言う場合、電線を配線しなければなりませんね。

今回は移動です。

和室とリビングの間の壁を撤去しました。

その撤去した壁にあったスイッチの行き先を考えなければなりません。

普段何事もない風景の一部のスイッチですが壁を壊すとその存在感は大きいです。

結局、インターホンの隣のスイッチに配置しなおします。

なくなった壁の上(天井)を通してスイッチを移動しました。

このように石膏ボードを剥がして配線すると電気工事としてはやり易いやすいのです。

余談ですが、内装業者とか電気工事業者は壁に穴を開けるのはなるべく小さく開けたいと思うのですが、大工さんはなるべく大きく剥がす傾向にあります。

これは小さな穴をあちこち開けるとあちこち修復しなければならないのですが、大工さんは大きな面積を張る方があちこちの補修ではなく1枚で済ませたいと言う感覚の違いがあるようです。

そのままの長さでは足りないので電線の延長をしながら一番良い位置に配置します。

大工さんが壁や天井を塞ぐ前に工事しないと壁や天井が塞がれたら配線ができませんからね。

この後壁紙でお化粧しますが、こういう時に一緒にスイッチもリフォームすると効率的です。

壁紙が終わった後にスイッチを移動と言うことになると、また大工工事をして壁紙を貼り替えて、など二度手間になりますので、ご注意ください。