コンセントの移動

コンセントを離れた位置に移動するには2つの方法があります。

1つは電源ケーブルを露出して配線する方法。

もう1つは壁の中で配線する方法。

もちろん壁の中で配線する方が後々見栄えは良いですね。

ただ、壁がコンクリートの場合は壁の中に配線できるのは新築工事の時だけで、もう少し深く言えば設計段階で配線は決まっています。

コンクリートの中の配線はCD管を使ってコンクリートを打設する前に配管するのでコンクリートが固まったら後では何もできません。

なので露出配線しかできないのです。

木造住宅では木組みに石膏ボードを張って壁を作るので中は空間になっていますので隠蔽配線が可能です。

ただ、間柱、横桟がある為簡単には出来ません。

まず大工さんが壁を剥がす。電気屋さんが配線をし直す。その後大工さんが壁を復旧し、クロス屋さんが壁紙を貼る。と言う工程が必要です。

今回は木造住宅なので間柱に穴を開ければ配線は出来ます。

この状況から床を開口し左にあるコンセントから分岐して右の押入れの中にコンセントを増設します。

床下を通して押入れまで配線しました。

このコンセントを左に寄せます。

他にも配線をし直した跡が見えると思いますがたかだか10センチ横に移動するのにも間柱が邪魔をするのです。

お客様の新居での使い勝手が良くなるよう打ち合わせをして位置決めをしました。

また、例えばエアコン用のコンセントが必要な場合は分電盤から単独で配線する必要がある為、壁や天井をかなりの数開口をしなければなりませんので電気工事、大工工事、内装工事が開口箇所に応じて必要になります。

電気配線工事は内装工事を伴うリフォームの時に同時に行うことをお勧めしています。

床のギシギシ音

部屋の中を歩いていると「ギシギシ」とか「ギー」とか「ギュッ」とか時には「パン!」など床が鳴る時があります。

これを床鳴りと言いますが、直るか直らないかと言えば直ります。

しかし直すのには簡単なケースからかなり大掛かりな工事になるケースまであります。

簡単な場合はビスを1本打っただけでなくなる事もあります。

しかし、ビスを打てば打つほど余計に床鳴りが激しくなる場合もあります。

また、マンションで廊下からリビングまで何の切れ目もなく(見切り材が入っていない場合)フローリングだとビスを打つ事も出来なければ切る事も出来ない。

つまり補修の跡が分かるようなやり方は出来ないのです。

こう言う場合はフローリングとその下地である合板までを全て剥がして張り替えなければならなくなり工事期間も工事費用もかなり膨らみます。

今回はマンションの2箇所で床鳴りがありましたので修復工事です。

ちょうどキッチンの入り口の木枠のすぐそば。

入る時も出る時も必ず足を踏む箇所。

それからトイレ。

これも一番踏む所なのでトイレに入る度気になります。

キッチンの床を開けて根太を調整します。

床鳴りの原因は人が乗る度に根太がたわむこと。

根太を支える支柱がないので、数カ所入れました。

剥がした板を戻して同じ箇所を踏んでみて確認。問題なし。

トイレも合板を剥がして根太に支柱を入れてから板を戻してます。

この床鳴りは床屋さんがCFを貼る前に気がついて私に情報をくれたので良かったのです。

床材を貼った後に床鳴りが発覚するとせっかく貼った床材も剥がす、板も剥がすなどの手間が増え、修正した後また下地工事、床材の貼り工事が二度手間になってしまうのです。

何はともあれ早めに教えてもらって助かりました。

お客様も喜んでくれると思います。

今回は修正の後CFを貼るので問題なく修正工事が出来ました。

これが全てフローリングだとこんなに簡単にはいきませんから…

TOTOマンション用リモデルバスルームWHシリーズTタイプ

マンションのお風呂の交換の事例です。

ごく普通のマンションのユニットバスです。

洗い場の壁と下部が膨らんでいます。

これはユニットバスの壁が鋼板で劣化したものです。長年使用しているうちに水か湿気がサビを生じさせた結果がこのような膨らみになります。

このサビが徐々に侵食して穴が空くと漏水の原因になります。

最初は気が付かないと思いますが、徐々に水が漏れ階下に被害をもたらすことがありますので、この点十分にお気を付け下さいね。

解体が始まります。

壁がなくなっています。

真ん中の上に見える2本の曲がった管は左が給湯管、右が給水管で、一番上の画像のシャワー水栓に接続されていたものです。

廃材がご覧の通りです。浴槽や壁材、天井材が並んでいます。これに床の防水パンが加わりますので、かなりの量になります。

ユニットバスがあった場所は何もなくなっています。

掃除機の手前に見える管の左が給湯管、右が給水管を切断し、新しく配管をする前の状態です。

この後ユニットバス屋さんが来て給水給湯排水管の位置を墨出しします。また床パンの足の位置全体の高さや巾、奥行を計測し梁に当たらないか、天井の換気ダクトの位置は大丈夫かなどをチェックし収まりを水道屋さんと打合せをします。また、電気(換気扇用と照明器具用)の配線の確認や給湯器のリモコンの配線も長さが足りるか否かを確認し指示していきます。

この翌日に水道屋さんが給水、給湯、排水管をパンの脚に当たらないように配管をします。特に追い炊きがある場合は長さや曲がりなどを確認し、適所に配置していきます。

さらに翌日ユニットバスが配送されます。

千葉県の配送センターから搬送してきます。

今回は軽トラックでこの現場の為だけの配送ですので積んでいるものすべてがユニットバスの部材です。

組立の途中です。

ユニットバス屋さんは少し組み立てると画像のように洗い場に養生、その後は浴槽に養生をして傷つけないように仕事を進めていきます。

この画像は排水管を接続した後の画像です。茶色の壁はアクセントパネルで木目調です。高級感を演出しています。

シャワー水栓を取り付ける位置の裏側が見えますが、青い管が給水管、となりのピンク色の管が給湯管です。

組立完了後です。

水漏れを防ぐために最後にコーキングをしますが、硬化まで24時間の時間が必要です。

この為、組立しても直ぐにはお風呂に入ることができません。

今回ご紹介したのはTOTOのリモデルバスルームWHシリーズの1116タイプです。

TOTOのウエブサイトからWHを探そうとしても出てきませんので、上記をクリックしてカタログをご覧ください。

グレードはいろいろとありますので、ハイグレードのお風呂をチェックする場合はこちらをご覧ください。

洗面室のリフォーム

洗面化粧台の交換です。

洗面化粧台だけの交換はもちろん洗面化粧台が新しくなります。

洗面化粧台は旧型より新型のサイズの方が小さい場合が多いです。

床のCFがそのままの場合、下地の板が見えるケースが多いので、できればCF交換をお勧めしています。

ついでにと言うと失礼ですが、壁紙も貼り替えると全体的なリフォームにより近くなります。

内装工事分金額は少しだけ高くなりますが、それに見合うような室内に変身しますので、お値打ちだと思っています。

古い感じの洗面化粧台です。(この工事の場合、お水しか出ない洗面台だったので、お湯も出るように新たに給湯管を配管しました。木造だからそれ程大きな工事にはならなかったのが幸いです)

洗濯機を置くスペースはありますが、万が一洗濯機から水漏れがあると床が腐食してしまう可能性を考えて洗濯機パンを増設しました。

水栓も万が一に備えて緊急市水弁付きの水栓金具(TOTOのTW11R)に替えます。

同じクロスの貼り替えをするなら少しおしゃれをしてみるのも良いかとお客様の了解を得てアクセントクロスを一面に貼りました。

洗面化粧台はノーリツの「シャンピーヌ」です。

弊社では通常45%OFFで販売しております(工事費は別途)。

シャンプードレッサーですので、いわゆる「朝シャン」が出来ます。

「朝シャン」をしない方でもシャワーの出る位置が高く、ボールも広く、昔のものよりは深いので洗濯の予備洗いや漬け置きなどもできます。

またミラーキャビネットの照明はLEDも選べますので、消費電力も少なくて済みます。

ちなみに天井の照明器具も交換しており、薄型シーリングライト(厚さは3㎝ありますが、一見ダウンライトに見えます)に交換しました。

カウンターの高さだけは最低75㎝になり古い物より高くなっていますのでご注意ください。ただし、人間工学から算出しているようで使い勝手は良くなっていると思います。

天井の工事

マンションで和室と洋室を1つの部屋にする工事ですが、天井の高さが違います。

壁を解体すると天井の高さの違いが目に付きます。

そこで今回は和室の高さを洋室に合わせる工事を行います。

天井はスラブ(コンクリート)が露出します。

吊りボルトを利用して下地を作ります。

そして石膏ボードを張っていきます。

天井の照明の為のケーブルは中心に配置します。

ボードに穴を開けてケーブルを通します。

この後ボード同士の溝にパテを打ちクロスを貼りますが、今回は下地までです。

マンションのリフォームの場合、天井の高さ異なるとか、解体した壁は段違いになっているとか、床の高さが違うなどがリフォームの途中に出現します。

リフォームの難しいところです。

今回は天井の工事途中の様子をお届けしました。

キッチンのプチリフォーム

リフォームと言っても大仰なものではありません。

レンジフードから異音が出る(つまり故障してしまった)ことと、タイル張りをキッチンパネルにする、と言う2点です。

レンジフードは浅型、深型、シロッコファン、ターボファンなど種類がいろいろとあります。

レンジフードのみを替える場合は排気管の位置によって自ずと同じ既存と同じ形式にならざるを得ないのです。

吊り戸棚の高さが50cmの場合、レンジフードのトータルの高さが50cmになり、本体の厚み(高さ)が20cmあるとダクトを配置する空間のクリアランスは30cm。

しかし、ダクトを接続する為のジョイントが本体にある為ダクトの有効寸法は20cm以下になります。

ダクトの径はΦ150ですので、殆ど振り回せない状況にあります。(細かい話はこれくらいにします)

まずは元の状態をごらんください。

レンジフードの幕板を外した後の状態です。

シルバーに見えるのがダクトで不燃材を巻いていてその表面が銀色です。

レンジフードを取り替えるだけなら何と言うこともないのですが、ここにキッチンパネルを貼ります。

レンジフードを取り替えて左の面にキッチンパネルを貼った状態。

水切りがあるので、システムキッチンではありませんが、タイルの状態から比べると明るくなりました。

出来ればシステムキッチンに交換した方がデザインも機能も既存の物とは格段に違うのですが。。。

例えばこの状態からシステムキッチンに交換する場合は、キッチンパネルは解体しなければなりません。

つまりこのキッチンパネルを残したままシステムキッチンには交換できないのです。

既存のキッチンはそのままにしてキッチンパネルをカットして貼っています。

水切りから上はパネルがありますが、水切りを撤去するとパネルはない。

新しいシステムキッチンの天板の位置はもっと低いので、パネルではない部分がむき出しになってしまう。

従って新たにシステムキッチンにする場合はこのキッチンパネルは撤去せざるを得ないのです。

部分的なリフォームは全体をリフォームするよりもコスト高になってしまう傾向があります。

十分検討の上リフォームをした方が良いと思います。

2部屋を1部屋に

続きの記事です。

和室とリビングを1部屋にする工事ですが今日、収納に扉を設置しました。

折戸です。大建工業の折戸を使用しています。

まだまだではありますが骨組みに壁らしきものが出来、折戸を設置し中は棚が出来ています。

折戸は大建工業製です。

以前の状態からかなり変化しています。

間仕切りの壁がなくなり、押入れもなくなると広くなりますが、内装が終わるともっとイメージが変わります。

インターホンからモニターホンへ

物騒な世の中と言われますが、身の回りにはそうそう物騒な事には遭遇しません。

しかし、お家で安らいでいる時にチャイムが鳴ると玄関を開けなければ誰が来たか分かりません。

インターホンだと通話すれば誰が来たか分かります。

ところがモニターホンだと画面を見れば誰が来たか分かります。

もちろん知り合いとかご近所さんとか友達、と、それ以外の見知らぬ人は画面で判断できます。

営業とか宗教の勧誘、新聞の営業、郵便や宅配便かは画面で判断できるのです。

通話のみのインターホンの外側。

インターホンの室内側。

これが顔を映し出す外側は

カメラが見えますね。

これだけでも抑止効果があると思います。

これで見れば誰が来たか分かりますよね。

居留守はお勧めは決してしませんが、会いたくない人とは話さなくて良いですよね。

防犯上有利なモニターホンが私は良いと思います。

ベランダのタイル除去

戸建てのベランダ。

防水が施されています。

グレーの防水だけだと味気ないので、タイルを敷き詰めることがあります。

今回撤去したのは厚さ20ミリで60センチ角のラスの入ったタイルと言うよりもコンクリートの板といった感じです。

これが重い!

小さな四角が縦16個、横16個が1枚。

土囊袋に入らないので四分の一の割ってから入れるのですがなかなか割れない。

約20平米を撤去しました。

ただ、防水はそれほど傷んでいないので安心です。

この重いコンクリートの板がベランダ一面に敷き詰められていたので、私はベランダが重さで沈んだと思っています。

建築士によるインスペクションでは千分の十一の勾配が生じたと報告されているからです。

ただし住むのにはそれ程深刻な問題はないと考えており新たなオーナーも同じお考えのようです。

全てを土囊袋に入れました。

この後高圧洗浄をして防水層を作ります。

換気扇交換

またまた換気扇の交換です。

浴室(ユニットバス)の換気扇はヤッパリ早く劣化しますね〜

湿気と言うよりも水が浸入すると言った方が良い位でしょうか。

お風呂に入っていると湯気が換気扇から落ちてくるのを考えると分かる気がします。

また使い方にもよりますが浴室内の水分を嫌う方はかなり長時間換気扇を回すようでかなりモーターを酷使します。

カラカラ音がするようになると交換の時期です。

そのまま使い続けるとモーターの油が切れたようなキーンと音がし始めます。

さらに使い続けるとモーターが動かなくなり止まります。

早いうちに交換した方が良いです。

ダクトを接続するパーツです。

換気扇をはめ込みます。

交換完了です。

前にも言ったようにモーターが動かなくなると熱を持ちますので、スイッチは入れないでください。

発火することはごく稀ですが、熱を持つのは事実ですので交換をしましょう。