洗面室のリフォーム

洗面化粧台の交換です。

洗面化粧台だけの交換はもちろん洗面化粧台が新しくなります。

洗面化粧台は旧型より新型のサイズの方が小さい場合が多いです。

床のCFがそのままの場合、下地の板が見えるケースが多いので、できればCF交換をお勧めしています。

ついでにと言うと失礼ですが、壁紙も貼り替えると全体的なリフォームにより近くなります。

内装工事分金額は少しだけ高くなりますが、それに見合うような室内に変身しますので、お値打ちだと思っています。

古い感じの洗面化粧台です。(この工事の場合、お水しか出ない洗面台だったので、お湯も出るように新たに給湯管を配管しました。木造だからそれ程大きな工事にはならなかったのが幸いです)

洗濯機を置くスペースはありますが、万が一洗濯機から水漏れがあると床が腐食してしまう可能性を考えて洗濯機パンを増設しました。

水栓も万が一に備えて緊急市水弁付きの水栓金具(TOTOのTW11R)に替えます。

同じクロスの貼り替えをするなら少しおしゃれをしてみるのも良いかとお客様の了解を得てアクセントクロスを一面に貼りました。

洗面化粧台はノーリツの「シャンピーヌ」です。

弊社では通常45%OFFで販売しております(工事費は別途)。

シャンプードレッサーですので、いわゆる「朝シャン」が出来ます。

「朝シャン」をしない方でもシャワーの出る位置が高く、ボールも広く、昔のものよりは深いので洗濯の予備洗いや漬け置きなどもできます。

またミラーキャビネットの照明はLEDも選べますので、消費電力も少なくて済みます。

ちなみに天井の照明器具も交換しており、薄型シーリングライト(厚さは3㎝ありますが、一見ダウンライトに見えます)に交換しました。

カウンターの高さだけは最低75㎝になり古い物より高くなっていますのでご注意ください。ただし、人間工学から算出しているようで使い勝手は良くなっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です