デザインと湿気のコントロールを両立する素材

古来、日本の家屋は日本の風土に適合したものでした。

例えば、畳や襖や障子、土壁や漆喰、言い方が悪いですが隙間がある構造。

最近は40度を超える気温も驚かない世の中になっていますが、昭和の少なくとも50年代までは気温が30度を超えるとかなり暑かったと思います。

エアコンがそれほど普及していなかったからなのでしょうか?

話を戻しますが梅雨から夏にかけては湿度の高い日本ですので、土壁や漆喰はその湿度を吸収したり吐いたりして室内を快適に保ってくれました。

また「隙間風」も室内温度の調整をしてくれ、換気を知らず知らずの間にやってくれたので汚れた空気を吸う事もなかったのかも知れません。

しかし、今はマンションは密閉性が非常に高く、台所で換気扇が作動していると室内が負圧になり玄関扉が開かない、と言うくらい隙間がないのです。

木造住宅でもこの傾向が強く、隙間風での自然換気は殆ど無くなりました。

そのせいで湿度も逃げ道がなくカビが生えることも多くなりました。

漆喰や土壁などの吸湿素材を今に蘇らせたのがLIXILの「エコカラット」です。

壁に貼る吸湿吐湿をするタイルです。

デザインと機能の両立が出来る建材です。

ありふれた玄関にある下駄箱です。

その周りは壁紙です。

この下駄箱の上をデザインと機能を両立させたエコカラットで貼り替えたのが下の画像です。

下駄箱のカウンターも貼り替えて扉枠は塗装をして、エコカラットと同色系にし統一感を出しました。

冬場、部屋に湿気が充満し、玄関扉の内側に結露していましたが、軽減されました。

夏は湿気を吸収してくれるので過ごしやすくなります。

リビングの1面をエコカラットで仕上げると簡素なインテリアが1ランクグレードアップします。

インテリア素材としてエコカラットを選択肢に入れてみては如何でしょうか。

エコカラット、床のタイルなどに関するお問い合わせはこちらへお願いします。

洗濯機防水パンのL形の部品

エルボ(洗濯機のエル型の排水部品)のお話

エルボなんてあってもなくてもどちらでも良いと思っている方はいませんか?

洗濯機の排水の時これがないと排水ホースが外れてしまいます。

洗濯機が一気に排水する時の圧力は上水に比べるとかなり低いのですが、それでも圧力はかなりのもの。

エルボに洗濯機の排水ホースを接続しますがエルボが排水の穴から外れてしまいます。

洗濯機の水の量は40リットル前後はあるでしょうから、外れたホースが暴れてしまうと床がビショビショになってしまいます。

洗濯パンの中に撒き散らす分にはダメージがありませんが、洗濯パンの外に出てしまうとダメージは大きいです。

最悪下の階に水漏れ事故を起こしてしまいます。

(下の画像は適合していないエルボなので、取り付けできません。今までどうやって使っていたのかよく分かりません)

メーカーの指定部品なら全く問題ありません。

メーカーが違ったり、同じメーカーでも年代別で部品形状が違う場合があります。

エルボの直径なども少しづつ違うので例えばホームセンターでユルユルのエルボを買ってきても無駄になってしまいます。

洗濯機パンのメーカーや品番を確認してそのメーカーから取り寄せるようにしましょう。

どんなメーカーがあるでしょうか?

意外と色々なメーカーがあるのですね。

排水部品が見つからない場合、かなり年数が経過している場合は洗濯機防水パンを新しくする方が結果安上がりで安心です。

特に30年以上経過している防水パンの部品は供給していないものもありますのでリフォームをお勧めします。

ご質問はこちらまでお願い致します。

レバーを回しても開かない扉

鍵のない室内扉、ノブやレバーを回しても開かなくなると大変なことになります。(2020.1.10のブログ参照)

部屋に入れないのならまだしも出られなくなったら今の季節は蒸し風呂状態になったら死の恐怖を味わうことになります。

ドアのラッチが動かなくなることがあります。

レバーの力をラッチに伝える機械部が壊れてしまうことがたまにあります。

部屋に閉じ込められた時の脱出方法

マイナスドライバーを差し込んで強制的にラッチを引っ込めるようにすれば扉は開くはずです。

ドライバーがない場合

厚手で曲がるしっかりした紙、暑さ0.5mm位のプラスティックの板、本、雑誌、紙袋など隙間に差し込めてなるべく硬い物で解除しましょう。

開かなくなる原因はラッチの故障(劣化)です。

開け閉めしているときに「あれ?おかしいな?」と思ったらラッチの劣化なので、上記の薄い素材の用意をするか、完全に閉めないようにします。

ラッチが閉まらないように、受け側の穴に紙などを詰めて上からテープを貼っておくと完全には閉まらない状態になるので「変だな?」と思ったら早めに対処しましょう。

鍵屋さん、建具屋さん、リフォーム屋さんに相談をしましょう。

建具(部屋の中の扉)に関するご質問はこちらまでお願いします。

レンジフードのアミ

レンジフードにはグリスフィルターがあります。

アルミそのものと塗装しているものと2種類あります。

塗装している物はしばらくすると下の画像のように色がはげてしまいます。

少しみすぼらしくなりますが、上から塗装はをしてはダメです。

何故なら後から掛けた塗膜が熱で浮いてくるからです。

レンジフードはコンロの上なので浮いた塗膜は料理している鍋やフライパンに落ちてきます。

折角作った料理が食べられなくなってしまいます。

ではどうすれば良いか?

そのまま使うか、新しいフィルターを買い求めて下さい。

レンジフードに品番がありますのでそのメーカーへ問い合わせをして送ってもらいましょう。

代金は振り込みとかカード払いになると思います。

メーカーや品番がわからない時はサイズを測って検索をしてみましょう。

それでもわからない時はご連絡下さい。

エアコンガス漏れの様子

エアコンが冷えなくなった。

エアコンが劣化したか、ガスが抜けたかのどちらかが原因です。

今回はガス漏れが原因でしたが、エアコンを17年使用していたので劣化もかなりありました。

仮にガス漏れが原因だからガスチャージをしてもすぐに機械の方がダメになることも考えられます。

明日動かなくなるかもしれないし、5年後まで持ってくれるかもしれません。

これはガスチャージをしても保証はできません。

隠蔽配管なので壁内で漏れていたとしたら、壁を全部解体して配管を入れ替えるか、外壁に新しく配管するしかありません。

いずれにしてもかなりの費用が掛かるのでお客様も私どもも正直悩んでいました。

ガスを補填して漏れをチェックし始めたところすぐに圧が下がったので「これは壁内の冷媒管に問題がある」と思ってしまいました。

しかし、よくよく確認して見ると室内機の接続部からのガス漏れでした。

ガス漏れの箇所は動画でわかると思いますが、泡がブクブク出ているところがつなぎ目で、そこの接続が緩くなっていて漏れていました。ナットも指で回せるくらいでした。

接続が緩んでガス漏れなら締め直せば良いですが、壁内でピンホールなどがあると原因箇所を特定できないのである意味よかったです(手が届く範囲内で)。

この後新しいエアコンに交換をしました。

エアコンに関するご質問はこちらへどうぞ

日本の住居が暑い理由

日本の窓は世界でも取り残されているくらい遅れているようです。

先進国ドイツでは使用禁止の素材が日本の窓には使われています。

日本でも昭和の30年代までは窓は木で作られていました(もちろんガラス以外の部分です)

ドイツではかなり前から樹脂製の窓になっています。韓国は普及率が80%ほどあるそうです。

日本では当たり前のアルミサッシが実は遅れているのです。

https://gentosha-go.com/articles/-/28478

アルミは熱伝導率が非常に高いので夏は外の熱を部屋内に伝えてしまいます。

もちろん、冬の外の温度も中に伝えてしまいます。

冬、0度の時雑巾でアルミの手摺りを拭くと白くなります。これは瞬時に水分が氷結してしまうのです。

YKKap樹脂製のサッシは結露が出ないのでカビの発生は抑止できるなどのメリットを記載していますので確認して下さい。

デメリットは上記のYKKapのホームページには記載がないようなので記します。

  • アルミより強度が弱い
  • 紫外線に弱い
  • 高価

マンションは窓サッシは共有部になるので勝手にリフォームできません。

そんな環境で結露を防ぐ、断熱効果が欲しい場合は内窓を取り付けることが望ましいです。(内窓は樹脂製です)

YKKapはプラマード、LIXILはインプラスが主なブランドです。

内窓についてのご質問はこちらまで

お風呂の追い焚き追加工事

昔は追い焚きがついていたお風呂を追い焚きなしになっています。

浴槽に追い焚き用の穴が開いているのでこれを利用すれば追い焚きは復活出来ます(元々追い焚きがないお風呂はできません)。

追い焚き専用の管を新設します。

それと同時に給湯器は追い焚きが出来る物にしないと追い焚きは出来ません。

新しい給湯器はリンナイのRUF-A1615SAW(B)です。

ガスは都市ガス仕様で、東京ガスライフバルで接続してもらいました。

追い焚きが出来るようになると冬場はお湯が冷めても温め直す事が出来ます。

今は暑い日が続くのでそれ程ありがたい機能に感じられないかもしれませんが、冬は身に染みると思いますよ。

新しい給湯器は自動でお湯張りをしてくれます。

例えばリモコンの設定で160リットル溜まったら止められます。

湯張りは手動だとうっかり忘れて溢れてしまう、そんな経験をした方は多いと思いますが、そんなうっかりミスはなくなります。

給湯器交換の時は機能を確認しましょう。

追い焚き、湯張り、給湯器に関するご質問はこちらまでお願いします。

鉄管の錆

水漏れの原因

鉄管の水道管。

真っ直ぐなところよりも継手から老朽化が始まり漏れが起きるのです。

今回のこの鉄管は給湯器に送っている給水管ですがかなり劣化が進んでいました。

築年数30年以上(昭和に竣工した建物)はこのような鉄管が壁内、床下にありますので要注意です。

建物の中にあると漏水の原因になります。

過去やった工事で分かりやすい記事では排水管から水漏れが発生しましたが、排水は圧が掛かっていませんが給水管にはかなりの圧があるので漏れ始めると止まりません。

マンションの管理組合では『リフォームの時には配管も交換』を推奨しているところはかなりあります。

この管の状態を見ると納得していただけると思います。

配管リフォームの提案

配管のみのリフォームをするケースとリフォームの時に配管のリフォームも同時に行うケースで考えてみます。

配管のみのリフォームの場合は床下の配管を入れ替えるので床を剥がします。

その他、洗面化粧台は一旦外します。

キッチンまでの配管経路も交換したいのでキッチンも一旦外します(ガス工事も伴います)。

ユニットバスは床下まで手が入らないので途中までになります。

洗濯機用蛇口は壁の一部を解体しなければなりません。

水道工事だけではなく、大工工事、壁紙の工事などが必要になります。

水回りのリフォームの時に配管交換をする時は殆ど外されているので、プラスするのは床の工事位です。

リフォームの時は配管交換工事のみが加算されるだけです。

配管のみの場合はフローリング工事、壁の復旧、内装の工事が加算されます。

加えてユニットバスの付近は配管は入れ替えが出来ない。

などのデメリットを考えるとリフォームの時に配管の入れ替えを行う方がかなり安く出来ます。

便器から水漏れ?

トイレに入ると床が濡れている。

トイレ内の水漏れの主な原因

  • タンクにつながっている給水管から漏る
  • 便器とロータンクの継ぎ目から漏る
  • 便器と排水管の継ぎ目から漏る
  • タンクに亀裂が入っていて漏る
  • 洗浄便座の本体から漏る
  • 洗浄便座の給水管から漏る

などが考えられます。

今回は温水洗浄便座本体からの水漏れでした。

洗浄便座を交換すれば良いだけですがお客様のご要望で便器本体も交換します。

INAX社製の便器ですがINAXではなく、「INA」と記されているので、かなり古い便器です。

排水管の位置を考えるとリフォーム専用の便器(TOTOの場合はリモデル便器と言います)が使用できません。

どうするかと言うと。。。

床を開口し、排水管を切り回して位置をずらします。

したがって、床の面材(今回はクッションフロア)も貼り替えます。

戸建ての1階のトイレの水漏れでしたから、下の階はありませんので被害もなく無事でした。(階下への実際の水漏れ

水漏れの時は必ずし水栓で水を止めましょう

トイレのタンクの右か左に給水管があると思います。

そこに止水栓がありますので、トイレで水漏れが発生したら使用後に水を止めるようにして下さい。

水漏れの原因は前述した箇条書きのどれかだと思います。

原因がわかればその下に洗面器などをあてがって水で床を濡らさなようにしましょう。

トイレの床は板張りの場合が多いので床を腐らせないように注意して下さい。

原因が分かれば修理なりリフォームなりが進められます。

使用年数が30年以上の場合は、可能であれば便器も取り替えた方が心配が少なくなりますのでお勧めです。

もうそろそろ便器を新しくするべきか悩んでいる方、質問はこちらへどうぞ

エアコンの電線が短い⁉︎(連絡線、渡り線)5

量販店でエアコンを買ったのに取り付けしてくれなかった。

※過去の記事(18.9.24)(20.2.3)(20.7.13)(20.8.7)

事前にエアコンを付ける業者が来て状況を確認した後に「連絡線が短いので取り付けできません」とあっさりと言われたそうです。

じゃあ、どうすれば良いですか?と聞いたところ

「ネットでできる業者を探して下さい」とこれも冷たく言われたそうです。

量販店の取り付け業者も色々いると思いますが「にべもない」とはこう言うことを指すのだと思います。

お客様はその後ネット検索をして弊社に連絡を頂きました。

常套句が「連絡線(渡り線)が短いので工事ができません。連絡線の延長はメーカーで禁止されています」と言うものです。

もう一点付け加えておきたいのですが、このお客様は量販店に平面図と隠蔽配管の図を、室内機、冷媒管の見える部分、ベランダの室外機の状況を写真入りで持って行って確認したそうです。

受付の店員は「大丈夫だと思います」と答えたそうですが、その時点で連絡線が短い場合は工事ができません、と伝えておくべきだと思いませんか?

その量販店に断られた工事を昨日行いました。

隠蔽配管の場合のエアコン工事は3時間以上掛かるケースが多いです。

連絡線の短さは何の問題もないのですが、冷媒管の長さや曲り具合やドレン管の位置や直径などを考えながら工事をしなければなりません。

ベランダに隣り合わせの部屋の場合だと簡単に工事ができるのですが、状況に合わせての工事の難しさがあるので量販店の工事業者は避けているように思えます。

無事交換工事は終わりました。

今後このような問い合わせがなくなることを祈るばかりですが、お問い合わせはこちらからお願いします。