アルミ勝手口ドア(ロンカラー)

とあるお店の裏口。

かなり貧弱な木の扉で扉そのものが雨風で劣化していて表面が浮いているような扉でした。(扉の下側はご覧の通り)

これでは防犯上もあまりよろしくない。

これからの季節は台風にも備えなけれならない。

そんなご要望もありしっかりした、そしてリーズナブルなアルミの扉を提案しました。

見積書を提出したのは7/20でした。

即決で「いつできますか?」と急いでいらっしゃいましたが、その時点ではほぼ毎日雨。

扉の入荷と雨でない日を考えると今日の工事日になりました。

うまい具合に晴れて工事は出来ますが、その分かなり暑くなってしまいました。

LIXIL ロンカラー

古い枠を利用してはめ込んだ扉です。

築年数も40年以上の建物で、垂直が出ていませんが上手く収めるのに苦労しました。

扉の周囲を木の押渕を廻したのでそこに塗装とシーリングで処理して仕上げました。

今日、関東も梅雨明けし、早速、台風が2個南の海上で発生したと天気予報の速報が入りました。

これで風雨にも防犯上も安心です。

古い建物では木製の扉を外に使うのはそれほど珍しくありませんが、今は金属製で表面を木目のシートで仕上げた扉が主流に鳴っています。

特に防犯上脆弱な扉は早めのリフォームをお勧めいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です