デザインと湿気のコントロールを両立する素材

古来、日本の家屋は日本の風土に適合したものでした。

例えば、畳や襖や障子、土壁や漆喰、言い方が悪いですが隙間がある構造。

最近は40度を超える気温も驚かない世の中になっていますが、昭和の少なくとも50年代までは気温が30度を超えるとかなり暑かったと思います。

エアコンがそれほど普及していなかったからなのでしょうか?

話を戻しますが梅雨から夏にかけては湿度の高い日本ですので、土壁や漆喰はその湿度を吸収したり吐いたりして室内を快適に保ってくれました。

また「隙間風」も室内温度の調整をしてくれ、換気を知らず知らずの間にやってくれたので汚れた空気を吸う事もなかったのかも知れません。

しかし、今はマンションは密閉性が非常に高く、台所で換気扇が作動していると室内が負圧になり玄関扉が開かない、と言うくらい隙間がないのです。

木造住宅でもこの傾向が強く、隙間風での自然換気は殆ど無くなりました。

そのせいで湿度も逃げ道がなくカビが生えることも多くなりました。

漆喰や土壁などの吸湿素材を今に蘇らせたのがLIXILの「エコカラット」です。

壁に貼る吸湿吐湿をするタイルです。

デザインと機能の両立が出来る建材です。

ありふれた玄関にある下駄箱です。

その周りは壁紙です。

この下駄箱の上をデザインと機能を両立させたエコカラットで貼り替えたのが下の画像です。

下駄箱のカウンターも貼り替えて扉枠は塗装をして、エコカラットと同色系にし統一感を出しました。

冬場、部屋に湿気が充満し、玄関扉の内側に結露していましたが、軽減されました。

夏は湿気を吸収してくれるので過ごしやすくなります。

リビングの1面をエコカラットで仕上げると簡素なインテリアが1ランクグレードアップします。

インテリア素材としてエコカラットを選択肢に入れてみては如何でしょうか。

エコカラット、床のタイルなどに関するお問い合わせはこちらへお願いします。

アルミ勝手口ドア(ロンカラー)

とあるお店の裏口。

かなり貧弱な木の扉で扉そのものが雨風で劣化していて表面が浮いているような扉でした。(扉の下側はご覧の通り)

これでは防犯上もあまりよろしくない。

これからの季節は台風にも備えなけれならない。

そんなご要望もありしっかりした、そしてリーズナブルなアルミの扉を提案しました。

見積書を提出したのは7/20でした。

即決で「いつできますか?」と急いでいらっしゃいましたが、その時点ではほぼ毎日雨。

扉の入荷と雨でない日を考えると今日の工事日になりました。

うまい具合に晴れて工事は出来ますが、その分かなり暑くなってしまいました。

LIXIL ロンカラー

古い枠を利用してはめ込んだ扉です。

築年数も40年以上の建物で、垂直が出ていませんが上手く収めるのに苦労しました。

扉の周囲を木の押渕を廻したのでそこに塗装とシーリングで処理して仕上げました。

今日、関東も梅雨明けし、早速、台風が2個南の海上で発生したと天気予報の速報が入りました。

これで風雨にも防犯上も安心です。

古い建物では木製の扉を外に使うのはそれほど珍しくありませんが、今は金属製で表面を木目のシートで仕上げた扉が主流に鳴っています。

特に防犯上脆弱な扉は早めのリフォームをお勧めいています。

ユニットバスリフォーム

今週はユニットバスリフォームです。

ユニットバスリフォームの工程は

1日目   解体、撤去、墨出し

2日目   配管移設工事

3日目   ユニットバス組み立て

4日目   ユニットバスの扉枠設置と壁修復工事

5日目   クロスの貼替などの内装工事

と言う作業工程になります。

解決工房ではお風呂リフォームの時はショールームで実体験して頂くようにしています。

浴槽に入った時の感じ、洗い場の床の感触、鏡の位置や大きさなどです。

ショールームに行く一番のメリットは壁のアクセントパネルやその他のパネルの色合いを実際に選んでいただく事です。

夏場は汗をかくので秋口にリフォームを希望される方もいらっしゃいます。

どうしても3日間はお風呂が使えないからです。

※解体後の浴室の中

断熱には二重サッシ

冬の寒さ。

夏は直射日光の暑さ。

冬は暖かく、夏は涼しく過ごしたいものです。

サッシの内側にもう一つサッシを設置する事でサッシが二重です。

LIXILでは「インプラス」と言うシリーズがあります。

これは既存のサッシと新しく手前に新設したサッシの間に空気層を作ることで熱の伝わり方を抑えることができます。

もう一つ二重サッシにはメリットがあります。

外からの騒音を低減するとともに、室内から外へ漏れる音量を低く抑えられます。

つまり防音が出来ます。

出来ればガラスを複層ガラスにすれば断熱効果や防音効果が高まります。

是非一度ご覧下さい。

※注意) 断熱効果が高まりますが、空気の移動が少なくなります。換気は行うようにしましょう。

シャワーホースの交換

シャワーホースとシャワーヘッドは自分で交換できます。

上の画像はホースの取り付け方が正常ではありません。

本来蛇口の下から垂れるようにホースが取り付けられるはずが上から出ています。

これだとホースが蛇口に当たって折れ曲がっています。

また20年以上使っているのでしょうか?

劣化してホースに柔軟性がなくなってカチカチになっています。

新しいホースの交換はホームセンターで購入できます。

殆どのメーカーに取り付けられるようにネジ部分のアダプターも同梱しています。

今回はINAXに問い合わせてINAXのホースとヘッドを注文しました。

型番がわからない時はまずINAXに電話してアドレスを聞いて画像をメールで送って確認してもらいます。

ホースは蛇口の下から出るように正常に取り付けました。

例えば水圧が低く出が悪い時は低水圧用のシャワーヘッドがあります。

簡単に交換出来ますのでDIYでやってみては如何でしょう。

DIYで困っていることなどでもご質問ください

INAXトイレの修理

トイレのタンクの水が止まらない時はボールタップの交換とゴムフロートの交換が必要です。

築年数約40年のマンションのトイレです。

INAXの3点式ユニットバス(お風呂の中に洗面とトイレがあるタイプ)のタンクの修理です。

ボールタップはタンクの中に水が注がれ水位が基準の位置まで高くなると水を止める装置です。

劣化して水が止まらない現象です。

既存のボールタップも同じINAXのボールタップでした。

ボールタップとゴムフロートも交換しました。

流れっぱなしになる事はないと思います。

40年近く経過しているのでユニットバスも交換の時期に来ています。

因みに事務所でご使用のお部屋なので、なかなか工事に踏み切れないご様子です。

事務所で使用する場合はトイレは分離し、浴槽などは必要ないのでそのスペースを洗面スペースにリフォームするのが良いかと思います。

料理、手間を省きたい!?

あっちに行ったりこっちに来たりで無駄な動きはありませんか?

悩み)ほうれん草をシンクで洗って、水を切ったら、調理台にまな板を置いて、包丁で切って、お鍋に入れたら、根っこはシンクの三角コーナーへ、まな板は調理台からシンクに移動して洗ったら水切りにもっていく。

解決)「まな板」「水切り」「調理台」がシンクの上で使えるのはタカラスタンダード。(動画をクリックして観てください)

排水口の上にゴミ受けが設置出来るのでゴミの汚れがシンク全体に付かないし包丁を使ってそのままゴミ受けにまな板からスライドすれば「ポイ!」

さらにシンクの上なので濡れた材料を切るのも問題なし。

レンジフードの掃除は出来ればしたくない

悩み)毎日コンロで焼いたり、揚げたり、煮たり、炊いたりすれば勿論レンジフードは油で汚れます。

年末にハウスクリーニングを頼まないと自分ではどうにもならない。

解決)クリナップの自動洗浄付きのレンジフードは10年間メンテナンス不要。

お手入れは洗浄ケースにお湯を入れるだけの手間いらず。

Panasonicも10年間メンテナンス不要のレンジフードがございます

鍋を取り出すのが面倒なので出ている鍋で調理する

悩み)「シンクの下か、コンロの下か、確か土鍋があったけど、でも土鍋を出すには手前にある道具や一升瓶とか水のペットボトルがある」

解決)LIXIL(リクシル)の収納は先駆者だけあって考えられています

火事にはならなかったけど・・・

悩み)たまにお鍋を火にかけておいてテレビを観始めると忘れちゃう

解決)ご安心下さい。現在の全てのメーカーのビルトインコンロは全て空焚き防止などの熱センサーがついていて火事を防ぎます。

熱い鍋をそのまま置くのに鍋敷きが・・・

悩み)熱いフライパンをそのまま調理台に置いて焦がしたことが・・・

そういう時に限って鍋敷きがなかったり・・・

解決)LIXILの天板はセラミックなので焦げ付きが起こりにくく、お皿の肉をナイフで切ってもお皿にキズがつかないのと同様キズがつきにくいです。

シンクを洗うのが手間・・・

悩み)毎日使うシンクだけどなるべく手間は省きたい・・・

解決)老舗クリナップが水の流れを考えて設計したシンクなので、油のお掃除もしやすくキレイが長続きします。

またオプションの三角コーナー(ステンレス製)は排水口の真上に設置できるので廃材からでる汁などもシンクには付着しません。そのまま排水口に落ちるだけ。

まとめ:手間と時間を有効に

毎日お料理をする主婦にとって、余計な手間や時間を省く。

面倒臭いことは省くこと、スムーズに動ける動線を作ること、が料理を楽にしてくれます。

様々な機能は各メーカーで少しづつ違う考え方になっています。

何が違うのか?

ご質問、ご意見、お問合せはこちらまで。

電話の場合は044-861-1126

解決工房 田辺までご連絡下さい

ノーリツの洗面化粧台「シャンピーヌ」生産中止

ノーリツが「シャンピーヌ」の生産を中止します。

また、この他「システムバス」など住設事業から撤退します。(日経新聞記事

このシャンピーヌのメリットは洗面ボウルが陶器であること、シャンプー水栓なのでシャンプードレッサーであること、高さが1800㎜なので、梁などの制限がある場合収まる確率が高かったことなどがあります。

陶器のメリットと言うのは人造大理石に比べるとお掃除の時ナイロンたわしなどで擦ってもキズがつきにくいと言うことです。

擦りキズがつくと汚れがその擦りキズに入り込みやすく短期間で汚れてしまいます。

この事業撤退により、今まで使っていた「シャンピーヌ」は市場からなくなりますので、代替品を考えなければなりません。

代替品1

TOTO「Vシリーズ」(左リンクはウエブカタログ。206ページがVシリーズです)はシャンプードレッサーで高さ1800mmはありますが、洗面ボウルは人造大理石です。

人造大理石を気にしなければ全く問題ない商品です。

代替品2

LIXIL「オフト」はシャンプードレッサーで高さ1780、1800mmなどがあり、洗面ボウルは陶器製です。

陶器なのでお掃除の時ナイロンたわしなどで多少強くこすってもキズにはなりません。

一般のご家庭で選ぶならどちらでも問題ないですが、賃貸物件では取扱説明書を読まない人もいます。

お掃除好きな人は意外と強くこすってキレイにしようとしますので、陶器の方が長持ちすると思います。

人造大理石が良いと思う方、陶器が良いと思う方がいらっしゃいますので、カタログを参考にして下さい。

梁下高さに注意

設置場所が梁下だと標準品が高さの制限で設置できないケースがあります。

LIXILのオフトは高さ1780mmがあるので、1800mmよりも少し余裕があります。

洗面化粧台リフォームのご相談はこちらまでどうぞ。(メールなのでお気軽に。24時間受け付けています。こんなこと聞いても良いのかな?みたいな質問でも結構です)

古い洗面化粧台交換の時は床のビニールシートとできれば壁紙の貼替もセットで考えられた方がよろしいと思います。特に床は新しい化粧台の方が小さいので古い床材が見えたり、部分的に下の板が見えたりすることもあります。

洗浄便座ノズルから水が出ない

洗浄便座の故障

INAX社製のシャワートイレ(便器一体型)のノズルから水が出ないと連絡があったので確認に行きました。

本来ならノズルの先端から局部に水流が噴出するはずなのに出ない。

ノズルの先端ではなく奥の方で水が出るので洗浄の機能は果たしていないのです。

こんな感じです。

この修理に関しては、我々や街の水道工事の職人では出来ません。

マイコン制御なので原因が分からない。

よって部品を調達することが出来ないのです。

メーカーでの修理部門、今回はINAXメンテナンスに修理依頼をしました。

症状は伝えましたが、交換すべき部品はメンテナンス会社が実際の物や症状を確認した上で必要な部品を交換するものと思います。

建物の水漏れや雨漏りはお気軽にご相談下さい(下記)

建築的な水漏れ(配管から水が漏れたとか、雨が建物内に浸水したなど)は修理が出来ます。

雨漏り、水漏れとか、最近湿気が多くなってきた、最近カビが多くなったなどでお困りの場合、ご相談をお受けしております。

温水洗浄便座などの機械部品や最近ではマイコンなどが内蔵されている物に関してはメーカーでの修理になってしまいます。

温水洗浄便座の各メーカーの修理依頼の電話番号は次の通りです

INAX(LIXIL)の修理依頼は

0120-1794-11

TOTOの修理依頼は

0120-1010-05

東芝製の温水洗浄便座の故障は

0120-1048-76(フリーダイヤル)

0570-0570-33(有料)

Panasonic製は

0120-878-554

ご相談はお気軽にご連絡下さい。

上記の内容に関しての質問でも結構ですし、住まいに関する質問や建物の水漏れのご相談も受け付けています

質問やお問い合わせはこちら

玄関ドアので交換(LIXIL リシェント)

玄関は家の顔とも言われます。

古くなった時以外にもイメージを変えるには一番良いと思います。

不思議と玄関が新しいと新築のように感じるものです。

現に玄関ドアを新調すると必ず聞かれます『あら、××さんの玄関の素材は木なの?』と。

サッシメーカーの製品なのでアルミなのですが木製に見えます。

重厚感は抜群です。

言い方が悪いかもしれませんが古い玄関でオーソドックスな日本家屋と言うイメージです。

引き違いの玄関扉です(開き扉の玄関リフォームはこちら)。

LIXILの『リシェント』は1日で古い玄関の解体と新しい玄関の取り付けが出来ます。

カバー工法なので、既存の玄関を取り払って欄間はカットして撤去し、残った枠の上に新しい玄関の枠をかぶせるの工法です。

通常だと既存の玄関枠をまず取り払うので内壁や外壁が一緒に壊れてしまう為壁の復旧が必要です。

さらに床もタイルなどが壊れてしまうので交換タイルの補修も出ます。

つまり、通常の玄関リフォームだと、解体屋さん、大工さん、サッシ屋さん、内装のクロス屋さん、外壁の復旧の為大工工事が入り仕上げに塗装屋さん、さらに床のタイルは左官屋さんがやるのでこれだけでも6業種の人が入れ替わり立ち替わり入ります。

費用も掛かるのですが、それよりも日数が掛かるのでその間外出が出来ないなどのデメリットが多いのです。

カバー工法は前述の通り既存の玄関枠にカバーしていくので、一つの枠で5センチから10センチ程枠が大きくなるので開口寸法は当然ながら小さくなります。

しかしながら1日で工事が終わるのはお客様にとっては潰される予定は1日であり、玄関工事が1日であれば防犯上も安心ですよね。

今回のLIXILリシェントは17型と言うタイプです。

高さがあったので欄間付きです。