換気扇スイッチをタイマー付きに替えませんか?

お風呂が終わった後、しばらく換気扇を回しておくとお風呂の湿気を外に出してくれます。

できれば1時間は換気扇を回しておきたいものです。

湿気が少なくなればカビの発生が抑えられます。

でも点けっぱなしにしている事を忘れてしまって次の日朝「回しっぱなしだった!」と気がつくこともあります。

電気代を無駄に使ってしまった!と嘆いても過去には戻れません。

でも乾燥させたい!

換気扇を一定時間だけONにする対策があります

タイマースイッチにしましょう。

パナソニックのタイマースイッチWN5293Kです。

一番上のスイッチが換気扇です。

例えば1時間経ったらスイッチをOFFにすれば良いのです。

「いちいち面倒」という事よりもOFFにするのを忘れてしまう事が問題です。

私の場合、「面倒くさい」のと「忘れてしまう」の両方があるのです。

それならタイマー付きスイッチに交換すれば勝手にOFFになるので「面倒くさい」も「忘れる」も解消出来ます。

90分もあれば、ある程度の湿気は換気してくれますのでかなり便利です。(15分、30分、90分から選べます)

こんなプチリフォームでカビの抑制が出来るし、自動でOFFにしてくれるので楽ちんです。

気が付けばお風呂から上がった後、もう一度OFFとONをし直せば最長90分換気してくれます。

「もっと長い時間ONにしておきたい」「連続ONにする時もある」と言う人にはWN5294Kがあります。

これは4時間、2時間、連続の3つから選べます。

アナログですが、アナログの良さも見逃せません。

この工事は何か修理の時に合わせてお願いした方が良いと思います。

これだけの工事だと人件費の割合が高くなり高い買い物になってしまいます。

換気扇交換工事の時に併せて「スイッチもタイマー付きに」と依頼すればタイマースイッチ本体価格だけで、出張費や工事費などが殆どかからないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です