真夏のエアコン交換

関東は昨晩から今日未明に掛けて台風が猛威を振るっていました。

ここ川崎市では朝7:00には台風は過ぎ去っていました。

ただし、交通機関は始発から運転を見合わせていました。

午前中にはある程度の路線は再開したのではないかと思います。

一方、車の方は東名高速や第三京浜が通行止めになっていたせいか至る所で大渋滞。

国道246号線は先頭は多摩川付近、最後尾は座間市あたりまで(約30キロ)。

しかも上下線とも。

そして台風が去ると今度は猛暑が襲ってきました。

天気予報では今日の東京では36.2℃まで上がったようです。

そんな猛暑の中、エアコンの取り付けを行いました。

現場には普段なら30分程で行ける所なのですが、今日は1時間半掛かりました。

こんな時は本当にエアコンのありがたみを感じます。

取り付けが終わって試運転を行う時は至福のひと時です。

ガス漏れのチェックを終え、次はドレン水の漏れがないかを試運転をしてチェックします。

両方とも問題はなかったので終了です。

外したエアコン。

今日は猛暑でもありましたが、台風が運んで来た湿気があったので脱水症状に気をつけながら工事をしました。

こんな時はエアコンを躊躇なく稼働させ快適な環境にしましょう。暑いままにしていると死に直結します。

ニュースでも情報番組でもやっていますが室内が一番脱水症状を引き起こすので呉々もご注意下さい。

エアコン取付

8帖用のエアコンの取付をしました。

エアコンは6帖用から8帖用などから21帖までの出力の違いがあります。

6帖用のエアコンを8帖の部屋で使えないことはないのですが、夏は冷えにくい、冬はなかなか暖まらず肌寒い感じが否めません。

それよりも小さな出力で最大のパワーを常に使い続けるので機器にはかなり負担がかかり続けます。

と言うことは長持ちしない、電力は食う、冷えないし暖まらない、とあまり良いことはないです。

あるとすれば買う時に安いという点だけですが、コストパフォーマンスを考えると結果的には高い買い物になってしまいます。

せっかく取り付けるのであれば部屋の大きさに見合った機器を取り付けることをお勧めします。

もう一つ気をつけたいのはマンションなどの鉄筋コンクリート造か木造かで同じ機器ならマンションの方が効率が良く特に冬場は木造の戸建てよりも暖かくなりやすく、暖かさを温存できる能力が高いのです。

本当は戸建てなら6帖の部屋なら8帖用が効率が良いと思います。

ただし、メーカーは戸建てで使うことも想定していますので無理に1クラス上にする必要はありませんが、熱効率から考えると私の言っていることがお分かり頂けると思います。

また、以前弊ブログで申し上げましたが量販店のエアコンと電気工事店や工務店で仕入れるエアコンとは少しだけ違いがあります。

室外機が1階で室内機が3階の場合はコンプレッサーの能力の違いで量販店仕様だと効きが悪いこともありますので特に3階建て以上の住宅にお住まいの方はご注意下さい。

またこれも以前申し上げましたが量販店の取付業者は知識が少なく技術もそれほど高くはない場合もありますのでこれもご注意下さい。

エアコンの使う頻度にもよりますが少なくとも2年に1回はエアコンクリーニングをした方が良いです(年に1回が理想的ですが)。

お掃除ロボット付きの場合エアコンクリーニングの料金が異なります。

弊社では通常のエアコンの場合10,000円(税別)、お掃除ロボット付きの場合は15,000円(税別)で承っております。

エアコン取付の場合ですが、ここのところ価格の上下変動が多いのでなかなか言えませんが6帖用で概ね標準工事込みで7万円位になります。

エアコンは必ず状況をみてから決めた方が良いと思います。

何度も言いますが単に安いと言う点だけで購入すると結果として高い買い物になる場合もありますので注意して下さいね。

エアコンの電線が短い⁉️

量販店でエアコンを買ったのに取付してくれなかった!?

 

お客様からエアコンを取り付けたいが「線」が短いので延長して欲しいとの依頼が入り現場調査に行ってきました。

ただ電話で「線」と言われてもコンセントまで来ている壁内の『電線』のことかそれともエアコン本体の『電線』のことなのかよく分かりません。

お客様に確認してみると「量販店でエアコンを買いました。取付前に現場を確認したいと言って業者が先ほど来て「線」が短いので、延長を電気工事店に依頼して延長してください、と言われたのですが・・・」(お客様も内容がよく分からないような雰囲気でした)

電話だけの情報から推察するとエアコン用のコンセントが取付位置の近くになく、床に近いコンセントまでエアコンの電線がとどかないので延長をして欲しいと言う意味だと思いました。

しかし、訪問して現場を見てみるとそうではなかったのです。

マンションで多く見られる隠蔽(いんぺい)配管で、室外機を設置するベランダから遠い洋室はエアコンを設置できなくなるので、マンションの場合壁の中にあらかじめ冷媒管を配管をしており、新たにエアコンを設置する場合、その配管を使うのです。

また冷媒管の他に室内機から室外機に電源を供給するためのケーブル(電線)も冷媒管と同じよう配線されています。

室内機と室外機は冷媒管でガスを循環させケーブルで電源を供給しなければ機能しません。

しかしこのケーブルが少しだけ短い。

それなら、単にFケーブル(電線)を延長すれば良いだけの話をなのですが、量販店のエアコン工事の人は標準工事以外はどうもやらないみたいなのです。

今回の依頼は『隠蔽配管のFケーブルが短かいので、延長してほしい』と言うことです。

エアコン工事はやるけどケーブルの延長工事はやりませんので電気工事店に依頼して下さい、と言うなんとも不思議な内容でした。延長すれば済む話だと思うのですが、電気工事士の免許を持っていないのかも知れません。

モールや露出用のコンセントボックスなどを用意して訪問しましたが、全くの見当違いでした。

本来、エアコン工事はまず現場を確認して見積を提出し了解を得た上での工事をやるべきですが、量販店の為、エアコンを売っておいて工事は二の次、三の次になるので、こう言うおかしな状況になってしまうのです。

エアコンを量販店で買うと工事とパック料金になっている。でも量販店では電線の延長工事は出来ないので「電線の延長」を当社に依頼されたようです。

そして驚くべきことに量販店の業者が取付に来たのですが、結果取付をしないで帰って行ったようです。

推測するに隠蔽配管の場合時間も手間も掛かりますので出来ないと言って帰ったと考えられます。

販売する量販店と取付を依頼される業者との間で意思疎通が図られていなかったのでしょう。

最後に付け加えておきますが、拙ブログのバックナンバーにもありますが、量販店のエアコンは私達のリフォーム店や電気店に入る製品よりコンプレッサーの出力が小さいことが多いのでお気をつけ下さい。

特に室外機が1階で室内機は3階の場合はコンプレッサーの容量が小さいと、ガスを送るコンプレッサーの能力が弱く効きが悪くなります。

また、機械なので常時フル稼働させると寿命も短くなり、結果的にあまり安くない買い物になりますのでご用心を。

マルチエアコンからノーマルのエアコンへ

エアコンの交換。

既存のエアコンはマルチエアコン。

ただ、マルチエアコンがかなり良い値段なので、あえて普通のエアコンを2セット。

値段のメリットもさることながら、マルチエアコンの場合、室内機1台が壊れるともう一台も使えなくなるデメリットがあります。

さて交換です。

マルチエアコンの室外機がベランダの天井から吊るされています。

これを撤去するのが大変でした。(重いですからね〜二人掛かりで外しました)

撤去後。

吊り金具も撤去。

そしてエアコンの交換。

新しくなりました。

そして室外機は2台で2段になりました。

よく使う方が壊れる可能性が高くなると思います(普通に考えて)。

壊れたら壊れた方だけ交換出来るようになりました。

一概には言えませんがマルチエアコンへの交換に比べて3割くらい安くはなりました。

戸建3階にあるエアコンと配管をハシゴを使って工事

本当に暑い日が続きますが、今日(2018年7月23日)は私達の地域(川崎市高津区)は最高気温が37度だったようです。(熊谷市では41.1度とか…)

そんな暑い日はエアコンの効いた部屋で過ごしたいものですがエアコン工事は全く逆。

暑い部屋と暑い外を行ったり来たり。

今日お邪魔したお客様は3階建の3階のエアコンの交換工事。

弊社解決工房に依頼されたそもそもの理由は、電気の量販店での対応に不信感をもったから。

一戸建てで3階にエアコンを設置するのですが、量販店曰く、ベランダがない為1階の外に室外機を置くしかなく、そうなると梯子ではできないので足場を組まなければならない。足場代がウン十万円(ごもっともな価格です)

どうせ足場を組むなら全部のエアコンを替えた方が良いと言われたようで(1台のエアコンだけの交換の為に足場を組むと非常に高いエアコンになってしまう為)計4台のエアコンの交換もしましょう、と見積書を提示されたようです。

量販店の言い分も分からないわけではないですが、1台のエアコンが壊れた。量販店に行ったら100万円からの数字を見せられたら誰だって驚きますよね〜

私もエアコン工事の職人さん4人に声を掛けましたが、OKと言ってくれたのは1人だけでした。

今日の現場は、3階から外壁をつたって配管があります。

地面に室外機があり、しかも外壁から隣家との境界線まで50センチしかない。

その他諸事情あり、かなり手強い現場ですし、3階まで足場ではなく梯子で上り下りしなければならないので、危険を伴います。

職人さんも安易に仕事として受けられないと言うことです。

殆どの職人さんは「足場がないと出来ない」との見解でした。

今回はそう言う意味でやってくれる職人さんがいてラッキーでした。

ナショナル、1993年製、25年間頑張ったエアコンがついに動かなくなってしまいました。

今回の施主様がお隣さまにお隣の敷地を使わせてもらうように言ってもらいましたので若干ハシゴが掛けやすくなりましたがそれでもほぼ垂直です。

注意したい事の1つに、我々のようなリフォーム店や町の電気工事店などで仕入れる製品と量販店のエアコンはコンプレッサーの能力が違います。

量販店のエアコンのコンプレッサーの能力は低いので、ご注意ください。

ついでの話にはなりますが量販店のエアコン工事は時として問題がありますので、要注意です。

電気工事を長年やっている島田電設さんは「以前、量販店のエアコンを好意で取り付けたところ、全然冷えないとクレームが入って、工事は全く問題なかったのですが、やはり室外機が1階、室内機が3階の現場だった為能力が低かった」と話していて、「量販店のエアコンの取付は今後しない」と言っていました。

朝9:00スタート、終了時間は16:00でした。

試運転をし部屋が少しだけ涼しくなったら我々の作業は終了です。

ちょうど試運転で涼しくなってリモコンでスイッチをオフにしようとしたら早稲田大学に通うご子息が戻られました。

『涼しい!』その笑顔で今日の酷暑の作業も報われました。