エアコン取り外し跡の対策

エアコンを取り外した跡が気になる

エアコンを取り外した時に残る古いクロス(壁紙)の跡が気になります。

(なお、この記事は賃貸物件の原状回復に関しては一切ふれていません)

エアコン外した跡
(エアコンを取り外した跡)

その対策をお知らせします。

新しくエアコンを取り付けるから古いクロスは見えなくなるだろう

今のエアコンは昔のエアコンよりも小さくコンパクトになっています。

古いエアコンの跡は全部見えなくなる、ことはありません。

加えてエアコンの冷媒管の出し位置が違ったりすると間違いなく古いエアコンの跡が露出してしまいます。

クロスを貼り替えればきれいになります。

でもこの跡のためだけにクロスを全部張り替えるのは少し迷いますよね。

結論:面でとらえて「アクセントクロス」として張り替える

エアコンは最低でも10年はもちます。

クロスの柄の更新は2年に1回です。

10年前のクロスと同じ柄(※1)は、ほとんどありません。

そこで「アクセントクロス」。

アクセントクロスとは、一部をわざと(デザインとして)色や柄を変える手法です。

最近は面で考えるアクセントクロスが主流です。

さりげなくエアコンのあった面のみを色や柄を変えたクロスを貼ります。

デザインとして考えればむしろ今までのお部屋に雰囲気が出ること間違いなし。

アクセントクロス
(エアコン跡をアクセントクロスで)

 

エアコン専門業者さんでは行わないと思いますが、解決工房は内装がメインなのでエアコンの職人と一緒に工事を行います。

エアコンの撤去とアクセントクロス(※2)の施工は同じ日にできます(もちろん新しいエアコンを取り付けもやっています)(※3)


※1  メーカーによって同じ柄を生産し続けている柄もあります。

※2  アクセントクロスは価格15,000円〜(出張先の住所や貼替の面積、置いている家具の状況などで加算される場合があります)

※3  エアコン取り付けはエアコンとセットでの工事です。エアコン取り付け工事だけは承っていません。

エアコンを外した跡

エアコンを新しくする時は壁紙も貼替をした方が良いのでは?

エアコンは一般的に家電量販店で購入する方が多いと思います。

このブログでは家電量販店で買ったが取り付けを拒否されたと言うお話をしました。

しかし隠蔽配管の場合が多く、ベランダに外機、そのすぐ内側に内機の時は全く問題なく取り付けてくれるはずです。値段も安いし。

ただ私たち内装の仕事をしているといつも気になるのがエアコンを外した跡。

古い壁紙がエアコンの形にくっきり残っています。

エアコンを外した跡
新しいエアコンに交換した後古い壁紙が見えてしまう

ここに新しいエアコンを取り付けると古い壁紙がエアコンの脇から見えてしまいます。

何故かと言うと、古いエアコンと新しいエアコンのサイズが違うからです。

最新のエアコンは昔のエアコンよりも少し小さくなっています。

またメーカーによってもサイズが違いますので、古い壁紙を隠すようにと言っても無理です。

それならエアコンを外した時に壁紙を貼替ておけば良いのではないでしょうか?

家電量販店でエアコンの取り替え工事をすると安いと思いますが壁紙の貼替までは考慮してくれませんし、提案もないと思います。

私たちは賃貸物件の工事だと日頃からエアコン交換も壁紙の貼替もしているので古い壁紙が残っている見苦しい状況はありません。

まれにエアコンの取り替えだけを依頼されることもありますが、その時はどうしても古い壁紙が残ってしまいます。

エアコンを外す⇨壁紙を貼り替える⇨エアコンを取り付けると言う作業工程があると新しいエアコンになっても古い壁紙が見える心配はありません。

例えばエアコン設置する面と隣り合わせの面だけでも貼り替えておくとスッキリします。

むしろアクセントクロスとして考えても良いかも知れませんね。

エアコンをもうそろそろ新しくしないとダメかなぁ、と思ったら壁紙とエアコンをセットで考えましょう。

壁紙を貼り替えた後にエアコンを設置したので古い壁紙は露出しません

古い壁紙が残るのは格好悪いなと思ったら是非当社までご相談下さい。エアコンだけを交換するよりは費用も掛かりますが、仕上がりが違います。

なお、他社でエアコン交換、クロスだけを弊社でと言う変則的な工事は受け付けておりません。

エアコン交換(2階室内機、1階室外機の場合)

エアコンの交換工事で2階に取り付けて室外機は1階の場合は外壁に配管があります。

特に配管カバーをしている場合はハシゴを使って工事をしなければならないので通常よりも工事費がかかります(高所作業)。

既設の配管カバーを再利用する場合、新たに配管カバーを新設する場合、配管をテープ巻きで仕上げる場合とそれぞれ工事費は異なります。

例えばベランダに室外機、そのすぐの部屋に室内機であれば冷媒管は4m以内で収まります。

しかし2階から1階になると6m以上の長さが必要になります。

危険作業と冷媒管の分費用がかさみます。

このように、エアコンの交換だから一律の価格ではないのでご理解下さい。

新しいエアコン(クロス貼替後)

またもっと高い所だと足場が必要だったり、高所作業車が必要だっり(この時は警備員も必要)現場によって状況が違うので価格が異なります。

さらに言うと以前お伝えしましたが、隠蔽配管の場合も標準価格では工事が出来ません。

過去、3階建ての3階のエアコンが壊れてしまい見積を取ったら「足場がないと工事が出来ない」さらに「足場を立てるならついでに全部の部屋のエアコンを交換した方が良い」と言われ100万円以上の見積書が来てビックリ‼️と言う例もあります。

富士通のエアコン「ノクリア」

エアコンの交換依頼はやはり夏が多いです。

しかし、故障するのは夏だけではありません。

風の方向を決めるルーバーが壊れると本来は修理なのですが、交換する部品の供給が終了している事も少なくありません。

そんな場合は交換になります。

6帖用は価格もそれ程高くはありません。

解決工房でエアコンを販売する時は時期によって仕入れ価格が違います。

去年モデルが出る時は少し安くなります。

また需要が多く供給が間に合わない時は高くなりますので型遅れが出た時に当たると安く手に入るのでラッキーです。

新しいエアコンを取り付けているところです。

クロスを貼り替えた後にエアコンを取り付けますのでエアコンの裏側が古いクロスそのままではありません。

富士通の「ノクリア」です。

これから寒くなるので暖房は必需品。

ちなみにエアコンで暖房を使う時は少しだけ湿気を多くすると暖かさが違いますよ。

加湿器があると良いのですが、加湿し過ぎは良くありません。

湿度が高すぎると結露を起こします。

結露が多く室内が暖かいとカビが発生しますのでそうならないように注意して下さい。

今日は台風が接近する天気予報だったのですがそれ程風雨にさらされることはありませんでした。

ついこの間まで暑い暑いと言っていたのに今日は長袖でないと肌寒いくらいでした。

エアコンが新しくなり風向調整も出来る様になりましたので冬も快適に過ごして頂けると思います。

来店のエアコンのご注文はお早めにお願いします。

家電量販店で買ったのに工事を断られた

土曜日に横浜市の方からお電話を頂きました。

「連絡線が短いのでエアコンの取り付け工事はできません」と言われたそうです。

2台購入したうちの1台が隠蔽配管(いんぺいはいかん)で、こちらの取付工事を断られたと言う内容。

今年は「連絡線が短いので設置工事はできません」と言われたので、お願いできますか?と言うお問い合わが8件入りました。

このブログを見て頂いた方でお近くの方には対応を致しますが遠方の方もご覧になっている方がいらっしゃるようです。

弊社は神奈川県川崎市にある会社ですので神奈川県と東京での工事しかお受けできません。

それ以上遠方になると出張費などが掛かりますのでかなり割高な工事になってしまいます。

家電量販店の工事部所に断られたらお近くの町の電気屋さんに聞いてみてください。やってくれる所は多いと思います。

連休明けに下見に行く約束をしました。

エアコン工事に関するお問い合わせは質問フォームでお願い致します。

エアコンの電線が短い⁉︎(連絡線、渡り線)6

「連絡線が短いからできません」と言われて工事を断られた、と言ういつものセリフ。

家電量販店でエアコンの交換を依頼したのに下見に来た人が言うセリフです。

今回「解決工房」にご依頼頂いたお客様からの情報です。

お客様は2台購入され、1台ベランダ側の方は設置してくれたようですが、隠蔽配管の方は断わられたそうです。

断られた理由は上記のセリフです。

確かに連絡線が室外機側が短かったのは確かです。

今日、設置工事をしてきました。 

今回はダイキンの製品。

今はテレワークが多くなり自宅で仕事をすることが多くなり、エアコンの需要が増えているようです。

いつも思うのですが、工事ができないこともあります、と家電量販店はアナウンスするべきだと思うのですが、そう思いませんか?

特に隠蔽配管の工事はしないことにすれば、お客さんも期待せずに済むと思います。

まあ、エアコン販売台数も半端じゃない数字でしょうから、出来ない工事も折込済みなのかもしれません。

この間やはり断られたお客さんは出来ないと言われた時、どうすれば良いですか?

と聞いたら「ご自分で調べて下さい」と冷たく言われたそうです。

批判しても仕方がないのでこれくらいにしますが「町の電気屋さん」でもエアコンと工事をセットで注文すれば取り付けてくれるところは多いはずです。

ご近所にある電気屋さんに聞いてみて下さい。

ちなみに、量販店の工事屋さんは全員ではないのですが、電気工事士の免許を持っていない人が取り付けをしていることが多いので200Vにしたり200Vから100Vにする工事は電気工事士しかできない為断られることが多いようです。

エアコン工事に関するご質問はこちらです。

エアコンの電気代、お得な情報

テレビ朝日のモーニングショー(2020.8.26放送分)でエアコンの電気代についてお得な情報がありましたのでお知らせしますね。

一般社団法人日本冷凍空調工業会専務理事の岡田哲治さんが語っていましたので是非参考にして下さい。

熱帯夜(25度以上)に8時間つけっぱなしにすると電気代は?

1日あたり約120円(8帖〜10帖で)

去年の熱帯夜の日数は28日だったので、単純計算してみると、ひと夏で3,360円。

1日あたり120円を高いとみるか、安いとみるかは個々人の感覚によって違うと思います。

では高齢者が熱中症で入院した場合の自己負担は約50,000円。

私も貧乏性なので電気代は非常に気になります。

しかし、熱中症で仕事が出来ないことのリスクを考えると120円なら仕方がないと思うようにしています。

暑い日に、外出したり、私たちのような現場で作業する人はたいへんです。

水を買うのも今や100円以上しますし、今日のように暑い日は水分補給で確か水を5本は買って飲んでいますから120円どころではないですね。

体の事を考えれば夏の電気代が上がるのはやむを得ないと考えましょう。

少しでも電気代を安くするには

日中ですが室外機にスダレなどを置いて日陰を作るようにすると19円の節約になります。

30分の外出であればエアコンを切らない。

エアコンが一番電力を使うのは暑い部屋を冷やそうとする時。

涼しい部屋であればエアコンも頑張らないので結果節電になります。

コロナで換気が必要

換気する場合はエアコンはつけっぱなしで、出来ればエアコンから一番遠い窓を開けましょう。近い窓だと冷気がそのまま外に出てしまいます。

換気ができるエアコン。

換気ができるエアコンがありますが、外の空気を室内に取り入れますが微量ですのでコロナだから換気のできるエアコンが良いとは言えません。

古いエアコンは電気代が高い

30年前から使っているエアコンは1日の電気代が約520円。

最新のエアコンは1日の電気代が約400円。

これだけでも熱帯夜に8時間つけっぱなしにする価格分の差があります。

古いエアコンは冷気は設定した温度と風量しか出ませんが、最新式のエアコンは部屋が冷えると温度や風量を調節してくれるので体にも優しいのです。

エアコンに関するご質問はこちらまでお願い致します。

エアコンガス漏れの様子

エアコンが冷えなくなった。

エアコンが劣化したか、ガスが抜けたかのどちらかが原因です。

今回はガス漏れが原因でしたが、エアコンを17年使用していたので劣化もかなりありました。

仮にガス漏れが原因だからガスチャージをしてもすぐに機械の方がダメになることも考えられます。

明日動かなくなるかもしれないし、5年後まで持ってくれるかもしれません。

これはガスチャージをしても保証はできません。

隠蔽配管なので壁内で漏れていたとしたら、壁を全部解体して配管を入れ替えるか、外壁に新しく配管するしかありません。

いずれにしてもかなりの費用が掛かるのでお客様も私どもも正直悩んでいました。

ガスを補填して漏れをチェックし始めたところすぐに圧が下がったので「これは壁内の冷媒管に問題がある」と思ってしまいました。

しかし、よくよく確認して見ると室内機の接続部からのガス漏れでした。

ガス漏れの箇所は動画でわかると思いますが、泡がブクブク出ているところがつなぎ目で、そこの接続が緩くなっていて漏れていました。ナットも指で回せるくらいでした。

接続が緩んでガス漏れなら締め直せば良いですが、壁内でピンホールなどがあると原因箇所を特定できないのである意味よかったです(手が届く範囲内で)。

この後新しいエアコンに交換をしました。

エアコンに関するご質問はこちらへどうぞ

エアコンの電線が短い⁉︎(連絡線、渡り線)5

量販店でエアコンを買ったのに取り付けしてくれなかった。

※過去の記事(18.9.24)(20.2.3)(20.7.13)(20.8.7)

事前にエアコンを付ける業者が来て状況を確認した後に「連絡線が短いので取り付けできません」とあっさりと言われたそうです。

じゃあ、どうすれば良いですか?と聞いたところ

「ネットでできる業者を探して下さい」とこれも冷たく言われたそうです。

量販店の取り付け業者も色々いると思いますが「にべもない」とはこう言うことを指すのだと思います。

お客様はその後ネット検索をして弊社に連絡を頂きました。

常套句が「連絡線(渡り線)が短いので工事ができません。連絡線の延長はメーカーで禁止されています」と言うものです。

もう一点付け加えておきたいのですが、このお客様は量販店に平面図と隠蔽配管の図を、室内機、冷媒管の見える部分、ベランダの室外機の状況を写真入りで持って行って確認したそうです。

受付の店員は「大丈夫だと思います」と答えたそうですが、その時点で連絡線が短い場合は工事ができません、と伝えておくべきだと思いませんか?

その量販店に断られた工事を昨日行いました。

隠蔽配管の場合のエアコン工事は3時間以上掛かるケースが多いです。

連絡線の短さは何の問題もないのですが、冷媒管の長さや曲り具合やドレン管の位置や直径などを考えながら工事をしなければなりません。

ベランダに隣り合わせの部屋の場合だと簡単に工事ができるのですが、状況に合わせての工事の難しさがあるので量販店の工事業者は避けているように思えます。

無事交換工事は終わりました。

今後このような問い合わせがなくなることを祈るばかりですが、お問い合わせはこちらからお願いします。

エアコンの隠蔽配管とは

一般的にエアコンを設置するのはベランダに面している部屋に室内機、ベランダに室外機です。

この場合は室内機と室外機は2〜3メートル位の管でつながっています。

この管のことを冷媒管と言います。

ベランダから離れた位置にある部屋はベランダまで冷媒管が壁に埋め込まれています。

これが隠蔽(いんぺい)配管です。

室内の壁にこんな感じの物があればそれはエアコン用の配管なのです。

この水平の物は配管カバーで中には冷媒管があります。

カバーを外すとこのような物があります。

冷媒管は2本の銅製の管で周りは保温材で覆われています。

その下に見える細い線は電線で、室内機と室外機の電源供給や通信を行う為のものです。(この線も室外機置き場まで冷媒管と一緒に配置されています)

量販店の工事で連絡線が短いので工事が出来ません、と言われるあの連絡線です。

さらにその下はドレン管。

エアコンの室内機内部で結露した水を排出する為のものです。

ベランダに面した部屋の場合はベランダに排水すれば良いのです。

しかし隠蔽配管の場合は必ずドレン用の排水管が壁の中に設置されています。

取り付け時に排水管に接続します。

このように点検口を設置しているケースもあります。

上記画像の場合はこの点検口で冷媒管やドレンホースの接続を行います。

一番気を使うのは冷媒管があと10センチ足りないとか5センチ短い、と言う場合。

接続箇所は少ないに越したことはないのですが届かない場合は現場に合わせて延長工事をしなければなりません。

隠蔽配管で取り付け工事をする場合、予期せぬ事象が出てきます。

壁内の排水管の位置が悪くて冷媒管を無理に室内機の収めなければならないこともあります(本当は壁を壊して排水管の位置を移動したいのです、しませんが…)。

連絡線が5センチ短かったりと言う事もあります。

単純明快な工事だけではなくイレギュラーな事案があるので工事費は一般の設置工事代より高くなります。