Ihとガスコンロ、どっちがおすすめ?

IHクッキングヒーターとガスコンロどっちがおすすめ?

IHとコンロの特徴的なメリットとデメリットを考えてみます。

IHクッキングヒーター

メリット

  • 火が出ないので火事が起きにくい
  • 高齢者が使う時、袖に火がつくことがない
  • 五徳がないので掃除がしやすい(ほとんど平面)

デメリット

  • 火ではないので煽りができない
  • 使える鍋・フライパンが限定される
  • 停電時は使えない(東日本大震災の時、2019年の台風19号の時など)
  • 電磁波が体に与える影響が気になる

ガスコンロ

メリット

  • 火を使うので「炒め」「焼き」「煮る」なんでもOK
  • 鍋もフライパンもなんでもOK
  • 停電時も使える
  • 電磁波は出ない

デメリット

  • 火を使うので火事の恐れがある
  • 高齢者など不注意で着衣に火がつく恐れがある
  • 吹きこぼしで火が消えガスが充満する恐れがある(2012年製造のコンロより立ち消え自動消化装置がついた)
  • 五徳の掃除が面倒

どちらもそれぞれメリットとデメリットがあります。

環境に応じて選ぶことが大切だと思います。

例えば私も介護をしていた時期があります。

火にかけたお湯を沸かしっぱなしで、高齢の為気づかなくてしばらくそのままになっていました。

ちょうど帰宅した時に私が気がついたのでことなきを得ましたが、空焚きになっていたらと思うとゾッとします。

しかしガスコンロも2012年に自動消化機能が義務化されていますので、現在販売されているコンロは空焚きは無くなっています。

心配な方は現行のガスコンロに交換することをおすすめします。

転ばぬ先の杖

今日もニュース(3/16付)で高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違って70代の夫婦が引かれ死亡する事故が町田市であった。引いたのは71歳の女性。事故が起きる前に自動ブレーキや踏み間違いの制御をする車に乗り換えていたら不幸は起きなかった。

「転ばぬ先の杖」として少し高くても交換することをおすすめします。

火事になったり着衣に火がついたりすることを想定して先手で手を打つのも大事な防御です。

結論

環境に合わせた選定をしましょう。

ご自分の親御さんが高齢になって心配だと言う場合はIHも良い選択だと思います。

逆に妊婦さんなどは電磁波の影響を受けないようにガスコンロをおすすめします。

個人的にはIHはあまり印象がよくありません。

その理由はさまざまな理屈もあるでしょうが、やはり電磁波が剥き出しになっていると考えられると私個人は思うのです。

またガスコンロの火事の心配もかなり低減したのでガスをおすすめします。

ガスコンロを使い終わった後鍋を乗せても大丈夫?

温度センサー付きのガスコンロを使い終わった後、鍋を置いたままでも問題ない?

ガスコンロを新しくした方で、特に温度センサーが付いている器具になった場合、気になることがあります。

「温度センサー」はバネ式。

コンロを使い終わった後、バネ式のセンサーが沈んだ状態になるけど鍋を置いたままでも問題ないのか気になったので調べました。

パロマ(よくある質問から)

パロマの回答:点火していない時でも、センサーの上に鍋などを乗せたままにしていただいて問題ありません。

リンナイからの回答

温度センサー付きガスコンロのごとくの上に鍋等を置いたままにしましても特に支障はございませんが、温度センサーを変形させたり傷を付けたりしないようにご注意頂きます様お願いいたします。

ハーマンからの回答

センサーについて
センサーは弊社商品には2種類ございます。
1.鍋底の温度を検出するもの
2.鍋底の温度を検出するのと同時に鍋があるか、ないかを
見ているもの

2.のセンサーの場合は鍋を置きっぱなしにされますと
乾電池の寿命が短くなります。

1.2.どちらもセンサーが鍋に密着させるために上下に作動します。
鍋の置きっぱなしよる上下の動きに影響する可能性が推測されます
また、鍋とセンサーの間の汚れによる、固着等の発生が懸念されます。

鍋の置きっぱなしの度合い(期間等)機器のお手入れの度合いにも
よりますが、顕著な劣化は考えられません。

ただし、お手入れ不足等の懸念がございましたら、置きっぱなしは
お避け下さいます様お願い致します。

コンロを長くお使いいただくために、基本お使いいただく毎の
お手入れをお願いします。

鍋を置きっぱなしで良いか?の結論
  • 置きっぱなしでも特に問題はない
  • センサーに傷をつけたり曲げたりしないこと
  • センサーを焦げなどで汚さないこと(センサーが鈍感になってしまうから)

ガスコンロが「ボンッ」と音がして消えかかる時の対策

ガスコンロがボンッと音がして消えたり消えかかったりする時の対策

ガスコンロが途中でボンッと音がして消えたり消えかかったりする症状が出た時の2つの対策

  • 部品交換をする
  • 本体を交換する

ガスコンロがボンッと音がするのはどんな状態でしょうか

以下の画像を観てください。

部品交換をする

交換して10年以下の場合は部品を交換するかメーカーに修理を依頼することができます。

しかし20年以上経過したコンロは自動消化装置もありませんし、部品交換はできません。

部品の製造義務は本体の製造を終了して10年間と決められているからです。

ガスコンロを新しく交換

20年以上経過したコンロは、ボンッと音がする状態になると修理ができませんので本体を交換しましょう。

2008年に製造も販売も自動消化機能が付いていないコンロは販売が禁止されました。

自動消化装置のないコンロは少なくとも12年以上経過している計算になります。

12年経過していたら修理はなかなかできないと思います。

 

結論「10年を超えたコンロは交換が必要」

製造から10年がメーカーが推奨する交換時期です。

それ以上は部品が供給されていれば修理可能ですが、部品供給が打ち切られてしまうと新しいコンロに交換するしか方法がありません。


コンロの使用期限についてハーマンが説明しています。

ちなみにPanasonicの部品調達期間についてはこちらに記されています。

魚焼きグリルを上手に使う

魚焼きグリル。

文字通り魚を焼く為のグリルです。

しかし、パロマの調査によると魚を焼く時魚焼きグリルを使わない人が多い。

何故か?

それは汚れるから。

さらに言うと汚れたグリルを洗うのが面倒臭いから。

グリルの皿は取り出せるので洗う事はできますが、庫内はなかなか洗えない。

だから使わない。

折角あるのにもったいない、と言う事でパロマは庫内が汚れずに済む「フタ付きの金属の皿」を開発しました。

これはフタがあるので油はねが殆どありません。

本来の使い方である魚焼きに加えてオーブンがないと出来なかった料理もできるようになりました。

※ただしグリルは両面焼きに限ります

その他の基本機能も充実しています。

麺を茹でているときに吹きこぼれた場合、自動で消化してくれる「立ち消え安全装置」が標準装備。

ガスコンロもそろそろ新しくしたいと思っていたらパロマのガスコンロ、お勧めです。

ガスコンロの交換に関するご質問はこちらまでお願いします

ガスコンロの魚焼きグリルのお話

今日はパロマの講習会に行ってきました。

消費者の傾向として魚焼きグリルを使わない人が多いらしいのです。

私もその1人ですが。。。

何故魚焼きグリルを使わないのか。

調査によると一番大きな理由は

「後片付けが面倒くさいから」

次に

「あまり良く焼けないから」

これを使いやすくするにはどうすれば良いか、とパロマは考えたわけです。

グリルの中の掃除がほとんどいらない工夫をしました。

グリルの中に入れる専用の容器(これをパロマは「ラクック」と言います)を開発し魚を焼く時にその中に入れ蓋を閉める。

すると遠赤外線効果もありムラなく焼け上がります。

一番のメリットは容器を使うことによってグリルの中はきれいなまま。

文章で説明するより観て下さい。

これは魚焼き以外にも様々な調理に使えるので非常に使い勝手がよく、調理モードと焼き加減の設定さえすれば後は手間いらずです。

もっと詳しい動画は

魚焼きグリルは無駄だなあと思っていたのですが、これを観れば使うことも逆に多くなると思います。

基本性能もバッチリです。

  • 空焚き防止機能
  • 立ち消え安全装置
  • 調理モード(煮込みモード・とろ火モードなど)
  • 温度指定
  • 高音炒め
  • タイマー付き
  • うっかり火の消し忘れ時消化(120分)

上位機種「アバンセ」では手や袖が近づくと炎が小さくなり着衣着火事故を防ぐ機能があります。

コンロ、まだ使えるからいいわ、と言わないで料理が楽になり楽しくなるコンロにプチリフォームしてみてはいかがでしょうか?

今回パロマの講習会に出てみてコンロが思っていた以上に進化していることに驚きました。

ご質問はこちらまでお願いします。

IHクッキングヒーターなら火事の心配が少ない

火事を出さないようにする為のIHにするのは良い方法です。

高齢者にとってガスコンロが危ない理由

  • 空焚きをして火事を起こしてしまう
  • 料理をしている時袖に火がついて大火傷をしてしまう

と言う声を聞く事があります。

事実、弊社でも高齢者を抱える方からのご依頼でガスをやめてIHヒーターに交換した事例があります。

どうやら高齢の親御さんは毎食料理を作るようで、空焚きをすることは今のところ大丈夫とのことでしたが、袖に火が燃え移ることを恐れていました。

人命には代えられませんし、火事を出した時の事を考えるとIHは良い選択だと思います。

 

IHで焼き物はできるの?

IHも魚焼きグリルが進化しています。

鍋を置くところはIHは五徳がないのでスッキリ感はIHの方でしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=Bwdh4az5800

 

ただ、ガスコンロもかなり進化しています。

全てのメーカー共に、空焚きすると自動消化の機能は標準装備です。

袖に火が着かないかどうか心配な方はセンサーで火が小さくなるコンロがあります。(※トップ面から11cm以内の高さの異物を感知した時)

パロマのコンロは手を近づけるとセンサーが反応して火を小さくしてくれるAIが備わっているものがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=EmZegRl_oyA

ガスコンロも実は安全性はかなり向上しています。

キッチンで困っていることがあれば

  • 蛇口から水漏れする
  • 換気扇の調子が悪い
  • 扉の閉まりが悪い

など、どうすればキッチンをリーズナブルに延命できるかなどの悩みのある方は「節約しながら延命するキッチンの修理とメンテナンス」を参照してください。

ガス可とう管接続工事監督者

本日はガス可とう管工事監督者講習を受けに亀戸まで行きました。

ガス機器とガスのいわゆるフレキ管の接続のみ出来る資格です。

ガス工事に関する知識は持っていた方が良いのでまずは一番基礎的な資格を取得します。

またこの資格は都市ガスのみでLPガスは出来ません。

実管とガス栓までは都市ガス業者しか出来ないので、かなり狭い範囲の工事しか出来ません。

給湯器やガスコンロの設置と可とう管でのガス管接続が出来るようになります。

ガス栓までの壁の中とか床下のガス管は工事できません。これは東京ガスの工事範囲になります。ガス栓の交換も同じように東京ガスの範囲です。

例えばガスファンヒーターを使う時ガス管の延長は東京ガスなどのガス専門業者の工事なのです。

講習を受ければ取れる資格なので範囲が狭いのは仕方ないですが、また新たな資格を取りたいな、と思います。

明日はコンロについての講習会があります。

高齢者の火事が怖いIHコンロに

IHクッキングヒーター

介護をしている方にとって恐怖なのが高齢者「火」の取り扱いです。

「火事になったら・・・」と思うとコンロを使ってほしくない。

私は、父親がヤカンの火に気付かず数時間「火」を点けっ放しだったことがあります。

私の帰宅が30分遅かったら火事になっていたかもしれない、と思うと本当に恐ろしいです。

最近のコンロは空焚き防止があるので、安全になっています。

以前、一人暮らしで料理もご自分で作る高齢者がいましたが、お勤めの娘さんからIHにしたいとのご希望がありました。

「火」のコンロだと、袖に火が移った時の事を考えると恐ろしい。

火事にもなる、まかり間違えば「死」に至ることもある。

すぐにIHにしたい、安くあげたい、と言う方

ガスコンロをIHに交換したい、と言う方もいらっしゃると思いますので、簡単に出来る案を一つ。

コンロ用のガス栓を閉めます。

ガスコンロの上に板を置きます。

その上にポータブルIHクッキングヒーターを置いて使えば即座にIHに変更できます。

もし、ガス栓を開けて使うかもしれないと思ったら、ガス会社に連絡をしてコンロが使えないようにプラグ止めをしてもらえばコンロは使えないようにできます。

上記のポータブルIHクッキングヒーターは1400Wあるので他の器具と一緒に使うとブレーカーが落ちる可能性があります。

デメリットとしては

  • コンロの上にIHを置いたら位置が高くなって使いづらい
  • 安定性が悪く使い勝手が悪い
  • 美観を損ねる
  • 2口欲しい
  • ビルトインが良い

ガスコンロを撤去してIHクッキングヒーターに入れ替える工事はもちろんできます。

質問があればお気軽にお寄せください。

例えば、板はどの位の厚さで、どうやって置くのか?など何でもどうぞ。

ノーリツのコンロ(N3GQ2RWTQ1)に交換

コンロが着火しなくなった

コンロが着火しなくなったら修理もできますが、20年近く経過したコンロでは部品供給がないため修理ができません。

※コンロの火が途中で「ボン」と音がして消えかかるコンロの動画はこちら

ノーリツのコンロに交換

ノーリツのN3GQ2RWTQ1に交換。

新しいコンロは3口とも温度センサーが付いています。

温度センサーは空焚きを自動で判断し火を止めてくれる機能。これで火事の心配はなくなります。

またこの温度センサーがあることにより、温度調整を自動で行ってくれます。

古いコンロではその都度火を強めたり弱めたりしなければならなかったのですが。。。

新しいコンロはいろいろな機能が付きます。あまりにも機能が多いと使いこなせないと言うこともありますが、このノーリツのメタルトップシリーズのN3GQ2RWTQ1は「おかゆ」や「ごはん」を炊く時も単にお湯を沸かす時も自動で消化してくれますので安心ですね。

コンロに温度キープ機能があれば天ぷらも失敗しない

また、温度を140,160,180,200度でキープしてくれる機能もあります。揚げ物には最適な温度を保ってくれます。

温度が低すぎてベチャベチャ、とか、高すぎて中に火が通っていない、と言うことがなくなります。

また炒め物を高温で行いたい場合にも対応していますので、中華料理などには最適ですね。

一つ下のランクにN3GQ2RVQ1と言う機種がありますが、温度調節機能が一切ありません。価格は定価ベースで¥13,200円の差ですので、N3GQ2RWTQ1がお勧めです。

定価は税抜で85,000です。

魚焼きグリルは片面焼きです(N3GQ2RVQ1も片面焼き)。

自動消化機能は高齢者に最適

私の父親は生前お茶が好きで自分でお湯を沸かしては飲んでいましたが、晩年は耳も遠くなりお湯が沸く音も聞こえなくなってお湯がなくなるまで湯を沸かしていて火事を心配していました。

蒸気で音が鳴るヤカンでも音が聞こえませんでした。お湯を沸かす時はそばにいたのですが、読書に夢中になるとそれこそ音も聞こえないのです。

この機能があれば火事の心配はなかったのに、と思います。

コンロ交換工事は1時間程で終わります。

古いコンロの廃棄処分費用が別途かかります。