家の中を歩くとベトベトする

自宅の中を歩くとベタベタしている所とそれ程でもない所がある。

特にキッチンとリビングがベタベタする事が多いかと思います。

キッチンで炒め物や揚げ物をした時の油が微粒子になって壁や床に付着します。

お料理をダイニングに運ぶ時に油をダイニングまでスリッパの裏にくっつけて運んでいます。

毎日の事ですが、微量なのであまり気が付かず、ましてやお掃除をしているので一旦は綺麗になります。

しかし綺麗にしているもののさらに微量な油はそのまま残ります。

これが繰り返されて油があちこちに付着してしまい、結果ベタベタしてしまいます。

一般的なハウスクリーニングの洗浄液であればある程度綺麗になりますが、10年位経つのであれば剥離をした方が良いと思います。

上の画像では古いワックスが浮いている所は白くなっています。

キッチンで飛び跳ねた油が長年積み重なっている所は普通の中性洗剤では落としきれません。

これと同じように足の裏の汗や皮脂、台所から持ち出す足の裏の油汚れがあちこちに付着するので汚れが広がります。

ハウスクリーニングの職人はポリッシャーと言う機械で洗浄します。

人間の手で擦るより何倍、何十倍の効果がありますし、時間も短縮することにより、フローリングに染み込まないよう考慮して作業します。

普通はアルカリ性の洗剤を使いますが、ワックスを除去(剥離)する時は専用の剥離剤を使います。

ワックス内に染み込んだ汚れもワックスの上に乗っている油汚れなどもスッキリと除去してしまいます。

それを水を吸引出来る掃除機で素早く吸い込みますので、フローリングに与えるダメージ(※)を最小限にします。

綺麗になったらワックスを掛けてフローリングに直接汚れがつかないようにします。

汚れが落ちると嘘のようにツルツルになり油で引っかかっていた足の裏の感触は全くなくなります。

是非ハウスクリーニングで実感してみてください。

気持ち良いですよ。

※フローリングは木製品なので表面は加工していても水は染み込みます。しかしこの染み込む量を最低限に抑えますのでほぼダメージはありませんのでご安心を。

家で咳が出る…エアコンのせい?

仕事場や外では咳が出ないのに、家に帰ると咳が出る。

その原因はエアコンにあるかも…

エアコンをONにするとカビ臭い臭いがする。

良くあることです。

カビは人間が住み良いと思う環境を好みますから当然と言えば当然のことです。

エアコンは室内の空気を吸い込み、結露させて水分を外に排出しますのでエアコンの中は結露した水があります。

ここにカビが好む環境があるのです。

エアコンクリーニングをした方が良いですね。

もしも、家の中にいると咳が出るけど外出すると咳が出ない、などの症状があればエアコンのカビを疑った方が良いかもしれません。

体質的に問題ない、と言う人でもたまにはなさった方が良いと思います。

特に自宅に帰ると咳が出始める場合は市販のエアコンスプレーでは余計にカビが繁殖する場合があります。

綺麗になったようでも、ドレンパンの中に汚れが留まったままになっているため熱交換器のヒダは綺麗になってもカビは流れていっていないことが多いからです。

余談ですが、室内で窓や窓枠、壁などにカビが生えている場合はハウスクリーニングをした上でエアコンクリーニングをしないとエアコンだけ綺麗にしても室内のカビをエアコンが吸い込むのであまり効果はありません。

帰宅すると咳が出ると言う場合、エアコンの他にもカビが繁殖している可能性が多いので、全体をハウスクリーニングする必要があるかもしれません。

その前にまずは出来るところからお掃除をしてみて、時間をかけて全体をお掃除してみて下さい。

咳が止まれば原因は室内のカビだったのかもしれません。

ちなみにお掃除の方法は

(1)お風呂でカビで黒くなっているところをカビキラーなどでスプレーします。10分位放置してシャワーで洗い流してください(こと時は水で大丈夫です)。

(2)洗面や洗濯機の付近もカビがある所。今度はカビキラーではなくアルカリ洗剤(マジックリンなど)で綺麗にします。

(3)窓の周りの枠や窓本体、そしてガラスに黒いものが付着していたらそれはカビですので、(2)と同じようにきれいします。

(4)ついでに床もマジックリンなら少し希釈した溶液を使って雑巾で拭きあげます。

これでしばらく咳が出ないか様子をみます。

まだ咳がでるようでしたら

(5)エアコンの内部洗浄をプロに依頼しましょう。市販品のエアコンスプレーを吹き掛けただけではカビは除去できませんので、必ずプロに依頼しましょう。

それでもダメな時は医者で診てもらうようにしましょう。

カビはあなたの体に知らず知らずのうちにダメージを与えます。

お風呂のクリーニング

お風呂のカビ。

夏の今の時期はカビの発生が活発になります。

特にお風呂のカビが多くなる時期です。

ハウスクリーニングはこんな時に有用です。

お風呂のクリーニングはカビ以外にも石鹸カスや垢の除去なども行います。

浴槽の下は垢、石鹸カス、カビ、髪の毛がこびり付いているケースが多々有ります。

このこびり付いている汚れ、これが臭いの問題やハエの発生を引き起こします。

カビは次亜塩素酸を使用して除去します。(ただし、薄いカビの場合は強アルカリ洗剤で処理することもあります)

石鹸カスの除去や垢の固形化した汚れは酸性洗剤で除去します。

しかし!

ここが一番危険なことなので、よく覚えておいてください。

それは酸性洗剤にも、次亜塩素酸洗剤にも「混ぜるな危険!」と記されています。

これは塩素ガスが発生しますので決して混ぜないで下さい。

塩素ガスはナチスドイツで使用された殺人ガスなのです。

これをクリーニング業者はうまく使い分けて作業しますので、ご安心下さい。

それから鏡の水垢なのですが、これは落とせないとお考えください。

鏡の水垢を除去する為に傷がついたり稀にくもったりすることがありますが、ここは保証できませんので鏡は交換をお勧めしています。

カビが目立つようになったり、石鹸カスが気になり始めたらハウスクリーニングが解決します。

売買のためのハウスクリーニング

マンションを売る、そして買う。

そんな方のためにはハウスクリーニングも必要です。

買おうと考えている方の方から考えてみると、出来るだけ良い物件を探し当てたい。

諸条件があるでしょうから、キレイなので物件だから買おう!と言うような簡単な事ではありません。

ただし、汚れている物件より美しい方が好印象になるのは言うまでもありません。

諸条件の一つに丁寧に使われている物件よ方が長持ちするだろうと思いますよね。

反対に売ろうとする方側から見れば一人でも多くの方に見てもらいたい。

粗は隠したいと思うのが人情。

キレイに見せるために大規模なリフォームをすることはおススメしません。

何故なら買う方の家族構成や趣味趣向などは買うと決まってから分かることです。

先にリフォームをしてしまうと買主を絞り込んでしまい、内見の数はその分減るからです。

そこでオススメするのはハウスクリーニングです。

お風呂や洗面のカビ。

キッチンの油汚れ。

トイレの汚れ。

窓の汚れ。

床の汚れ。

床の汚れは靴を脱いで部屋に入った時の足の裏で感じる皮脂汚れとかお料理の時の床の油汚れ、埃の溜まりなどは本当に良く分かります。

ああ、元の持ち主はあまり掃除していないな…

と言うことは荒っぽい使い方をしているのではないか?

と、例え違っていても人間は勘ぐる生き物です。要らぬ詮索をしてしまうのです。

床を洗います。

床も汚れていて、ベトベトと言う油的な汚れとゴミ、埃が足の裏にヒシヒシと感じるのです。

洗浄後。

この通りキレイになります。

(フローリングの凹みはリペア工事で修復できるのですが今回は致しません。そこで目印として撮影しています)

その他、洗面化粧台

クリーニング後は

キッチンのシンク

キッチンシンクはカビ汚れ、また油をそのまま流すと油汚れ、さらに水道のカルキの汚れなどが付着します。

それぞれの汚れに対して使用する薬剤は違いますので、一度にキレイにするのは難しいです。

このように蘇ります。

荒い使い方をしていた、と思われないように、クリーニングとある程度のプチリフォーム位はやっておいても良いと思います。

買う側の気持ちになってみると良いと思います。

フローリングのクリーニング

フローリングのワックスをかけた後何年もの汚れはなかなか落ちません。

これはワックス自体が酸化してしまうことと、汚れがしみ込むこと、そして何度もワックスを重ね塗りすると、ほんの微量の汚れでもワックスに中に封じ込めてしまうので、汚れが目立ってしまいます。

汚れる箇所は良く歩くところが目立ちます。

壁際はあまり歩かないので奇麗なままです。

このワックスに閉じ込めた汚れは剥離剤を使用してワックス自体を根こそぎ取り除きます。

まず、重歩行の汚れがある画像をご覧ください。

次が剥離剤を使用してクリーニングした後です。

その他、全体的に汚れているところが次の画像。

クリーニング途中が次。必ず湿式バキューム(掃除機)を使用します。何故かと言うと目地に入った汚水も吸い込むからです。必ずその後は水拭きをします。

そしてクリーニング後が次の画像。

今回の画像は家具のない状況でのクリーニングです。家具があると家具を置いている部分は掃除出来ません。出来れば家具などのない状態でクリーニングをしたいところです。

ちなみに靴下を履いた状態で歩くとクリーニングの後はすべすべになっていることが良く分かります。

今回はハウスクリーニングの一部を紹介致しました。