住まいのお悩み解決!相談するなら解決工房へ 〜住まいのお悩みはご相談ください〜

フロアタイルに関する記事一覧


エクステリア クロス フロアタイル 和室を洋室にリフォーム 床の工事

「フローリングの張替えの時に巾木も交換が必要なのです」とお客様に説明すると「ハバキって何?」と聞かれる事があります。私達リフォーム屋は日常的に使う言葉なのですが一般の方には馴染みのない言葉のようです。フローリング工事の時にこの巾木は張り替えますが高さの問題が生じる事があります。それは何でしょうか?

フロアタイル 床の工事

今あるフローリングを新しくフローリングにするとなるとかなりの費用が掛かります。既存のフローリングを剥がす工事、解体したフローリングを運び出す、廃棄処分をする、下地の補強工事、下張りで合板を張る、そしてフローリングを張って最後に巾木を取り付けます。上記の人件費、床材費、接着剤、廃棄をナシにして貼り替える方法があります。

CFの貼替 フロアタイル

フローリングにキズがある場合フローリングを貼り直すのが一番ですが、費用を抑えるなら上から塩ビタイルやクッションフロアを貼れば内装工事だけで済みます。フローリングの張替えの問題点は昔のフローリングと現行品の色の違いです。部屋全部を張り替えるなら良いですが一部屋だけなら内装工事をお勧めします。

フロアタイル 和室を洋室にリフォーム 床の工事

畳を取り去り、フローリングの下地を作った後からの工事です。実はフローリングではなくフロアタイル仕上げになります。フロアタイルの方がフローリングよりも傷には強いです。例えばお茶碗をテーブルから落とすとフローリングだと凹みができますがフロアタイルだと傷がほとんどつきません。また色あせにも強いので美しいフロアが長続きします。

フロアタイル 大工工事 床の工事 床下地工事

和室の畳をフローリングにする工事は和室全体を洋室にする場合よりも予算は低く設定できます。ここがメリットです。マンションの場合、階下への防音規定があります。今回は2重床と呼ばれる足組(万協フロア)を使用して防音規定をクリアしました。仕上げはフローリングよりもキズに強い「フロアタイル(サンゲツ)」を使用しました。

フロアタイル 床の工事

塩ビ素材のタイルですが、木目や石目調などフローリングには真似ができないデザインの豊富さがあるフロアタイル。キズにも強いので物を落とすとすぐに凹むフローリングに対し物を落としても凹みが少ないので美しさは長く保ちます。床の内装をお考えならフロアタイルも選択肢の一つに加えてみては如何でしょうか。

フロアタイル

フローリングのお化粧直しの方法として考えられるのは… フローリングの張替え、リペア、そして塩ビタイルで上貼りする方法の3種類です。今回は塩ビタイルでの張替えを行いました。フローリングは木製なのでシミはできやすいですが塩ビタイルはシミはできにくいと言う特徴があり長い間綺麗な状態を保てるのが塩ビタイルだと思います。

お化粧直し フロアタイル

床が変わると部屋の雰囲気が変わります。画像をご覧いただくと分かりますが茶色から木の木目を強調したフロアタイルに変えると温もりが感じられます。また土間は石を前面に押し出し落ち着いた感じになります。インテリアのデザインによって同じお部屋が違う感じになります。自分好みの部屋にアレンジしましょう。

フロアタイル

フローリングが経年劣化して新しいフローリングに張り替える工事とフローリングの上からフロアタイルを貼る場合、日数も価格も経済的であることをご存知ですか?キズにも強いフロアタイルは今多くの人が注目し実際に工事をさせて頂いています。サンプルを取り寄せますので是非一度感触を確かめてみませんか?

フロアタイル

フロアタイルは重歩行に耐えうる素材です。主に店舗で使われてきましたが、最近は住宅にも使われるようになってきています。キズに強いことが最大のメリットです。カーペットが嫌われるようになったのはダニの問題でしょうか。ハウスシックへの対策の1案としてフロアタイルが選ばれています。