畳の部屋をフローリングに2

畳の部屋をフローリングにの続きです。

大工工事が終わると今度はフロアタイルの工事です。

まずは下地の処理です。

板と板の隙間、ビスの部分にパテを入れ平面を作るのがフロアタイルの下地処理です。

割付を考え基準線を出して貼り始めます。

端に隙間がないように、各フロアタイルに隙間がないように、また接着剤のオープンタイムも気にしながら貼ります。

フローリングよりもキズに強いフロアタイルを貼り終えました。

見た目は全くフローリングのようです。

この床の下地組は置き床で防音規定をクリアしていますので仕上げでフロアタイルを使いました。

マンション規約を無視して貼ると後で全部やり直しになりますのでマンション管理組合の規定はクリアしなければなりません。

フロアタイルは色あせも少ないので長く使って頂けると思います。

畳の部屋をフローリングに

和室を洋室にするとかなりの予算が必要になりますが畳をフローリングにするだけならそれ程難しいことではありません。

築年数は四十数年。

今回の工事では普通はめったにお目にかかれない工法で、畳の下は木毛セメント板で平面を出しています。

さらにその下にはセメントのダンゴで高さ調整をしています。

まず、畳、木毛セメント板、セメントのダンゴを処分しなければなりません。

かなりの重さがあります。

なくなると…

まだセメントのダンゴが残っています。

畳がなくなってコンクリートの床が見えています。

このコンクリートの床が躯体と言われる構造体です。

この上にフローリングを張ることは出来ません。

手前の部屋と躯体の高さが違うからです。

約15センチ高くしなければなりません。

下地を作り上げるのには木組みか別の方法か。

今回は万協のフロアシステムで下地組をします。

高さ調整の出来る脚、その上に厚さ25ミリのパーチクルボード、その上に12ミリの合板を張り込みます。

この一番下の脚に振動を吸収するインシュレーターが組み込まれています。

これがマンションの階下への騒音を軽減する装置です。

今回の脚はLL45をクリアする性能があります。

これらを張り込むと…

手前が合板、奥の方に見えるのがパーチクルボードです。

今日は畳から板張りにするまでの工程でした。

ちなみに大工工事は木屑がかなり出ます。

在宅のままで大工工事がある場合はスペースを確保すれば良いというわけでなく、木屑がかなり飛び散るので、家具や絵、生活用品を一時他の場所へ移動をお願いしております。

その他、電気や水道を使わせて頂きたいことや、トイレもお借りしたいと思いますのでご協力の程よろしくお願い致します。

サンゲツのフロアタイル

床材と言えば、フローリングが思い浮かぶ人も多いと思います。

その他にクッションフロア(CF)と言われるクッションのあるビニールシートがあります。

最近ブームになっているのが塩ビタイルです(サンゲツの商品としてフロアタイルと呼びます)

逆にあまり需要が無くなってしまったのがカーペットと畳です。

今回は張ってあったCFとカーペットの床を塩ビタイルにしました。

塩ビタイルはフローリングに比べキズが付きにくいので美観が長持ちします。

また、フローリングはメーカーで出しているデザインがだいたい5種類とか6種類程度。

しかし塩ビタイルは100以上のデザインが用意されています。

これは使わない手はないですよね。

型番はWD-966です。

1枚の幅が3種類あり、これを組み合わせて乱張りにしました。同じ幅を貼る場合と比べて割り振り、そして施工に時間が掛かりますので、工費は少し高くなりますが、雰囲気は一気に良くなりますよ。

簡単ではありますが動画にしていますのでご覧下さい。

フローリングのシミをお化粧直し

フローリングに黒いシミができてしまった。

汚れならクリーニングで除去出来るのですが、フローリングの木の中に染み込んでしまっているのでクリーニングでは対処できません。

小さいシミならリペアと言う方法もあるのですが、かなり大きいので、リペアの範囲ではないのです。

ではどんな提案があるか。

まず一番綺麗にするならフローリングの張替工事です。

ただし、かなり費用はかさみ、うん十万円になります。

もう一つの案がフロアタイルです。

フローリングの上に貼るのでシミはキレイに隠れます。

フローリング張替の工事のように剥がしたフローリングの廃棄もないし、解体の騒音もない、大工工事としての下地の工事もないので、人件費、廃棄処分にフローリングや木材などの材料もないのです。

この上からウレタンボンドで貼ります。

半分貼り終わったところ。

全てを張り終えお化粧直しが終わると全く別の部屋に変身。

フローリング張替工事の場合最低でも3日間はかかりますが、フロアタイルの貼替は実に4時間。

半日でキレイになります。

ウレタンボンドは溶剤系の臭いがキツイですがはがれにくくする為の選択肢の一つです。

水性系のボンドもありますがはがれる可能性が高いことから溶剤系にしました。

フロアタイルの特徴は木よりもキズに強く、木よりもシミに強いことです。

リフォームの一つとして良い材料です。

お部屋の雰囲気を変える

インテリア素材を変えることで雰囲気がガラッと変わります。

床を貼り替える前がこちら

床がちょっと古い感じがします。

床が変わっただけで雰囲気が変わった感じがしませんか?

玄関入ってすぐのところです。

すみません、計測している時の写真なのでスケールが写ってます…

土間は石目調のCFです。

土間に石の表情を持たせ入った床は木のぬくもりが感じられるようにしました。

土間はサンゲツのフロアタイルIS-796

居室の床は同じくサンゲツのフロアタイルWD-768です。

フローリングのようなフロアタイル

フロアタイルはフローリングではありません。

しかし、フローリングと似たようなデザインです。

素材は塩ビで、木製のフローリングよりキズには強い素材です。

新築マンションの床のような感じであり、言われなければフローリングとも思えます。

フローリングの上から貼れます。

貼っているのは最近流行っているホワイトウッド柄です。

貼り終えると

茶色の床が短時間で白い木目のフロアタイルになりました。

フローリングにキズがあっても、汚れが落ちなくなっても上から貼りますのでお手軽なリフォームです。

フローリングからフローリングに替える場合と比べて4分の1から5分の1位の価格、工事期間はフローリングからフローリングの場合丸2日から3日かかるところ、フロアタイルの場合は半日で終わります。

フロアタイルは日数も価格もエコな建材です。

内装(床)リニューアル

前回に引き続き内装工事のリニューアルです。

前回は壁でしたが、今回は床。

カーペット敷きのお部屋をフロアタイルに変更します。

上の画像は工事途中で撮影しましたが、カーペットの元の色と重歩行の跡は黒ずんでいます。

カーペットはがしの途中。

そして次の画像がカーペットをはがした後の元々の床の状況です。

フロアタイルの上貼り始め。

フロアタイルを半分貼ったところ。

貼替後の画像です。

クロスと床のフロアタイルへの貼替が完了したところです。

以前のカーペット敷きは重厚感が出て落ち着きのあるデザインになりますが、織物ということもあり、汚れは徐々に染み付いてしまいます。

一方フロアタイルはフローリング調になり、木目の暖かさとアイボリー色で以前とは少し異なった落ち着き感を出しました。

またフロアタイルは光の反射率はカーペットよりも高いので明るくなり、さらに新しいクロスとも相まって新築のようだと、嬉しいお言葉を頂きました。

 

内装(床)の工事

カーペット敷きが流行った頃がありました。

靴でカーペット敷きの上を歩くのもなかなか良いものです。

それも10年20年経過するとやはり元々が織物なので良く歩く箇所や椅子の跡は劣化が激しいです。

最近ではフロアタイルをお勧めしています。

フロアタイルとは塩ビ素材でありかなり耐久性に優れています。

工事途中ではありますがカーペットの状況です。

元々はベージュのカーペットですが、歩いたところは表面が減って黒ずんでいます。

床は落ち着いた色を選びました。

下はフロアタイルを張っている途中の画像です。

張り終わるとフローリングのように見えますが、キズにも強い塩ビ素材のフロアタイルです。

照明器具は既存の物ですが壁も床も新品ですから、(素材が光を反射しましので以前より)明るくなりました。

今回はクロスと床のリニューアルでした。

工程は3日。家具移動→クロスの剥がし→照明器具など外し→壁の下地処理(パテとシーラー)→新品クロスの貼りこみ→照明器具再取付→カーペットの剥がし→下地処理→糊付け→フロアタイル貼りこみ→片付け→モールの処理→清掃→家具の設置にて完了。

新築のようになった、とお言葉を頂きました。