お風呂に追い焚きが欲しい

冬、お風呂に入るのは本当に心も体も温まり、ほっとする時間です。

出来る事なら追い焚きがあると、湯舟のお湯が冷めても好みの温度に温め直しが出来ます。

冬場、時間差で入る時、遅くなって帰宅したお父さんは結構ぬるいお風呂にはいることになります。

追い焚きがないと新たに足し湯(たしゆ)をしないと温度が上がらない。

蛇口からお湯を足す時、どれ位熱いお湯を何分入れればちょうど良いかは手でかき回しながら調整するしかありません。

追い焚きがあれば一発でちょうど良い温度になります。

さらに保温出来る浴槽だと追い焚きの時間が短くなります。

プロパンガス・都市ガスでの熱量の違い、料金の違いもあるのですが、短い時間で温まるのは「エコ」です。

いまのお風呂を追い焚きにできるか?

私の経験から申し上げますと、追い焚きのみを追加するのはやめた方が良いと思います。

新たに浴槽(湯船)に穴をあけてそこに循環金具を設置するのですが、劣化した浴槽に穴を開けるのはヒビが入ったり最悪、割れたり欠けたりするので漏水のリスクがかなり高くなるからです。

仮に湯船の下が防水パンであれば、循環金具付近から漏水したとしても洗い場と同じ床(防水パン)なので階下への被害はありませんから上記の工事は可能です。

しかし防水パンのないタイプはやめた方が良いでしょう。

説明するまでもなく、階下への漏水被害が起き得るからです。

ユニットバスを交換する(リフォーム)

ユニットバスをリフォームすれば、新規のユニットバスを追い焚きのオプションを組み込めばメーカーで加工した追い焚き用の穴があり、循環金具やホースも純正です。

追い焚きように設計加工されたものですから漏水の心配はありません。

この時同時に給湯器も追い焚き用に交換しなければ追い焚きにはなりません。

さらに給湯器から浴室まで循環ホースを新設する必要があります。

循環ホースを新設するには床の下を通さなくてならないので、床(フローリングなど)を開口して循環ホースを配管します。

追い焚きにする為の必要な工事

  • ユニットバスの交換(追い焚きオプションで追加)
  • 追い焚き用循環ホースの敷設
  • 給湯器を追い焚き用に交換
  • 給湯器設置箇所の壁に循環ホースを通す穴を開ける
  • 床の開口と復旧工事

上記のような工事が必要になるのです。

思った以上に工事が必要だと言うことがお分かりでしょうか?

追い焚きにするには

これだけの工事が必要なので費用もかかります。

簡単に追い焚きにはできないのがお分かり頂けたでしょうか?

逆に、戸建てやマンションを買い替えでリフォームする時が追い焚きにするチャンスなのです。

追い焚きをする為の工事と考えると高額に思えます。

浴室や給湯器のリフォームをする時であれば2つの追加工事分が数万円が加算されるだけなのです。

追い焚きをお考えなら浴室リフォームの時が絶対的にお得です。

 

お風呂のお湯がすぐ冷めてしまう

今日は全国的にかなり寒く、できることなら温泉に浸かりたい。。。

お風呂に時々温泉の素を入れます。

別府の温泉で「湯の華」と言うものです。

別府は温泉が豊富に湧き出る地域です。

地面から湧き出た水蒸気を冷やして乾かすと温泉の成分が粉末で抽出できるのでそれを取り寄せています。

お風呂に湯を張り終えたら温泉の素を入れます。

ただ、お風呂が割と早く冷めてしまうので、すぐに追い焚きをします。

浴槽が冷え切っていてさらに浴室内も冷え冷えなのですぐに温度が下がってしまうのです。

こんな時は魔法瓶浴槽はうらやましく感じます。

体が冷えていることもあり、せっかく暖かいお湯なのに入るとすぐに冷めてしまうのです。

なのでまた追い焚きをします。

それでも5分位時間が経つとぬるめになってしまう。

こんな時はTOTOの魔法びん浴槽が効果的なようです。

ちなみにLIXILも保温のできる浴槽のサーモバスSがあります。

ただ、LIXILは形状の種類が豊富ですので、大きさや姿勢、お湯の量の節約などを重視する方にはLIXIILの方をお勧めします。

ユニットバスのご質問はこちらまでお願いします。

お風呂リフォームの費用は?

お風呂をリフォームしようと考えると費用はどれくらいになるのでしょうか?

ネット検索でマッチングサイトだとかなり安く提示されています。

リフォームのプロが考えること

私は毎日リフォームの仕事をしていますし見積書も作っています。

しかし私、ビックリするくらい安い価格のチラシを見ることがあります。

当社では出せない価格です。

ただ、そのチラシで謳っている「標準工事」と言うのはどこまでの事を言うのか

それは各社それぞれの考えで違う気がするのです。

「標準工事」の中身(項目)は必ず確認した方が良いと思います。

ネットやチラシで提示している価格は現場を見ていないでの価格ですので、実際に現場を確認するとチラシの価格とは異なることはあると思います。

ちなみに弊社では現場によって異なる環境下で工事を行いますので、必ず現場を確認した上で見積書を提示しています。

配慮のない工事

例えば築30年以上のお宅でユニットバス工事をする場合、鉄管であることがあり配管が錆び始めている場合があります。(←絶対に交換すべきです)

また、排水管が詰まっているような場合もあります。(←絶対に交換すべきです)

多分ほとんどの業者ではあり得ないことだと思いますが、「見て見ぬ振り」をしてそのままユニットバスを組み立ててしまう業者も中にはあります。

安全を優先

私たちはユニットバスを解体した後、よほどのことがない限りユニットバスの下の配管は全部交換します。

配管が全部新しくなっていればその後漏水の心配はないからです。

仮にユニットバスの配管が新しければ、隣接する洗面所で漏水してもそこを新しくすれば、ユニットバスの下は全く心配いりません。

どのような業者が来るかは分かりませんが、配管費用をもらっていて配管を新しくしないと言うことはまずないと思います。

私達も「事故」が起きれば補償をしなければならないし、「信用」問題です。

当社の工事が原因で事故が起きたら補償費で超大赤字になることは必至です。

そのようなことが起きないように常に心して工事を行っているのです。

たまに価格競争をさせ相見積もりで一円でも安い会社にしたがために、雑な工事をされ後々不具合が出たとか

建築の知識がないのに工事をするような業者もないとは言えません。

もう一点注意して欲しいのが見積もりが一番安かったからと、そのリフォーム会社にしたら、次から次に追加工事が出て結局かなり高いものになってしまった、と言う話は少なからず聞くことです。

そのような話があるので、多少高くても名前の通った大手の会社が選ばれるのだと思います。

ユニットバスのリフォーム費用の目安は?(税抜価格です)

他の会社さんがどのように考えているかがわかりませんが10社あれば10社の価格があるはずです。

もちろん利益がなければ会社として成り立たないのでそれぞれの価格があることを前提に、非常に申し上げにくいところですが敢えて数字にしてみます。

既存のユニットバスから新しいユニットバスにする場合は仮に定価80万円のユニットバスの場合だと仮定して

  • 既存ユニットバスの解体費用
  • 解体したユニットバスの産業廃棄処分費
  • 配管工事費用
  • ユニットバス組み立て費用
  • 組み立て途中の給水給湯管接続
  • ユニットバス本体の費用
  • 大工費用(材工共)
  • 内装工事費用(脱衣場の床と天井、壁)
  • ダクト接続費用
  • 電気接続費用

上記を入れて大体80万円〜90万円位が目安になると思います。

加算項目は以下

  • マンションでエレベータなしで5階まで上がらなければならない場合
  • 住んでいる状況でリフォームする場合は空室に比べて割高
  • イレギュラーな事態が発生した場合
  • 洗濯機など家具類の移動がある場合
  • 梁がある場合の梁加工加算
  • 窓がある場合は窓枠の費用と工事費の加算
  • その他

結論

普段から小さな工事も引き受けてくれる会社は信頼関係が構築されているのでお客様側からも会社側からも工事の成約がしやすいですね。

今まで全くリフォームも修理もしたことがないと言う方は価格よりも信頼関係のある会社に相談してみて下さい。

そんなわけで、是非リフォームをする場合の参考にしてみてください。

脱衣場の寒さは命取り【ヒートショック対策】

冬のお風呂の悩み

  • お風呂に入る前服を脱いだら寒くてブルブルふるえる
  • お風呂でせっかく温まったのに脱衣場が寒くて体が硬直する
  • 寒いのは仕方ないけど心臓への負担や血圧が心配。

浴室は裸なので特に冬は体への負担(血圧上昇、心臓への負担など)がかかりヒートショックに陥ることがあります。

特に血圧が急上昇と急降下を繰り返すのは避けましょう。

今や浴室内を暖房する「浴室暖房乾燥機」は一般化してきていますので浴室内が暖房されて暖かいと体への普段はかなり低減されます。(浴室乾燥暖房機がない場合の対策はコチラ)

血圧の乱高下

しかし、裸になるのは浴室に入るその手前の洗面脱衣場です。

洋服を脱いで体に力が入ると言うことは寒さかの防御反応です。

しかしこの防御反応で血管が収縮し血圧が急上昇することはかなり知られています。

そしてお風呂に入ると血管が拡張するので血圧が急降下することも知られています。

お風呂から出た後にも注意が必要です。

温まった体が冷えた脱衣場に出るとまた体を守ろうと防御反応で血管が収縮し、急激に血圧が上がります。

この血圧の急上昇、急降下がヒートショックにつながるのです。

これは殆どの家庭では対策が取られていません。

画像は洗面脱衣場用暖房機で、TOTOのユニットバス「サザナ」でのオプションです。

浴室暖房乾燥機と同じリモコンで操作できます。

お風呂に入る前に脱衣場を暖かくしておくと体への負担が軽くなることは間違いないです。

ちなみに夏は送風が出来るので一年中使えます。

DIYで取り付けられる脱衣場暖房機もありますのでご自分で取り付けることも出来ます。

結論

このように脱衣場が暖かい(服を脱ぐ所が暖かい)と体への負担が低減されます。

もしお風呂に暖房機がなくてもシャワーで浴室内を温めておけば(関連記事)血圧の急上昇を抑えてくれるはずです。

心臓に不安のある方や血圧に心配のある方は是非考えてみては如何でしょうか?

お湯が冷めない魔法瓶浴槽は姿勢も楽チン

TOTOのユニットバス「魔法瓶浴槽」

浴槽に保温機能を高めた「魔法瓶浴槽」と言うタイプを設定していて浴槽に溜めたお湯の温度が下がらないようになっています。

もちろん、冷えた体で浴槽に入れば浴槽の温度は下がるのは当然です。

熱量保存の法則があるので冷えた体が温まる代わりに浴槽のお湯の温度は下がります。

少しぬるくなったお湯のままにしておくと、次に入った人がぬるく感じます。

「追い焚き」をして温度を上げておけば次の人が快適に入れます。

ただその次に入る人が仕事で遅くなったり、時間をおいてしまうと折角温めたお湯が冷えてしまう。

しかしTOTOの「魔法瓶浴槽」は4時間経過しても2.5℃しか下がらないように設計されています(魔法瓶浴槽専用のふろふた使用時)。

温度の下がり方が少なければ追い焚きの時間も少くなる。

と言うことはガス使用量も少なくなると言うことです。

都市ガスの方はそれほど気にならないかも知れませんが、プロパンガスだとかなりの節約になります。

真冬は温度が下がらないほうが嬉しいですね。

ヘッドレスト

最新の浴槽はヘッドレストがあり、湯船に浸かった時リラックスできる姿勢になるように設計されています。

このカーブが心地よい姿勢で入れるヘッドレストです

在来のユニットバスだと浴槽に浸かった時、頭が不自然な格好になるので、浸かった姿勢はあまりよろしくないのです。

しかし新しい浴槽はヘッドレストを設けているので自然な姿勢でリラックス出来るようになります。

このように新しいユニットバスは進化していますので、今まで以上に快適でリラックスできると思います。

桶が置ける台、立ち上がる時楽なシャワーバー

お風呂で体を洗う時、最新のサザナ(TOTO)はオケを置く台があります。

洗い場に置くよりもかがまなくても顔を洗う事が出来ます。

若い方はあまり気にならないかもしれませんが、少し高い位置に置けるのは高齢の方にとっては圧倒的に楽です。

また、この台は取り外し出来るので裏側を洗う事も出来ます。

それから水栓(台の上の丸いハンドルがあるもの)が棚にもなります。

シャンプーやトリートメントを洗髪する時に水栓の上に置く事も出来るので目が開けられない時、手が届く位置にあるので分かりやすいです。

鏡の右横のシルバーのパイプはシャワーバーと言いましてシャワーヘッドの高さを自由に変えられます。

家族の中でも背の高い低いなどの差があったとしても一般的なシャワーフック2箇所ではないので立った位置でも座った位置でもシャワーを丁度良い位置で浴びる事が出来ます。

また、オプションで手摺の働きをする強度の物にも出来ますので立ち上がる時に掴んで体重をかけられます(オプションでない場合は手すりの機能はありませんので体重をかけると折れますので要注意です)

ご質問はこちらまでお願いします。

お風呂リフォーム

お風呂のリフォームでバスタブ(湯船)の位置を変えました。

入って正面にバスタブがあったのですが、新しいユニットバスにする時に、入って右側にバスタブを配置しました。

このケースは、ちょっとレアケースで浴室内の寸法が幅と奥行きが同じサイズの真四角(ユニットバスのサイズが1616と言う大きさ)だから出来ました。

ちなみに、シャワー水栓の位置が90度変わる為には配管を新しくしなければなりませんが、それはお風呂のリフォームの時は必ずある工事なので、それほど心配する必要はありません。

配置を変えたい場合はリフォーム会社にご相談下さい。

今のお風呂の特徴

  • 足が冷たくないホッからり床(TOTO)
  • 脱衣場(洗面室)からお風呂に入る時の段差がない(一部段差があるタイプもあります)
  • リラックスできるバスタブ
  • 保温性能に優れた魔法瓶浴槽
  • 浴室乾燥暖房機
  • アクセントパネル(デザイン一新)
  • 手すり
  • シャワーフックの代わりで且つ手すりの役割もする

古いユニットバスにはなかったものも進化しています。

上の画像を比べてみても色がついて明るくなっていることに気づくと思います。

お風呂のリフォームは3日間お風呂に入れませんのでお近くに銭湯があるか、親戚などの家でお風呂が使えるなど考えて頂く必要があります。

迷っている方は是非お風呂のリフォームをご検討ください。

ユニットバスリフォームの工程1日めと2日め

お風呂をリフォームする時どんな工事をするのでしょうか?

私達は日頃からリフォームの仕事をしていますので当たり前のことなのですが、お客様が何が分かっていて何が分からないか、があまりよく分かっていないのです。(こんなことが分からない、などのご質問はドンドンお寄せください)

「何日掛かるの?」「どんな工事をするの?」「何を用意すれば良いの?」などをマンションにお住まいのケースでお伝えします。

最初に養生をします。(共有部(玄関ホールから廊下やエレベータ内)に養生をします)部屋の中も傷つけないように養生します。

お風呂を壊します(解体工事)。

※この時水を止めますので、台所、トイレなど水を止めるので2〜3時間程度使えなくなります。

※お風呂を解体しますので事前にお風呂の中の物は全て出しておいてください。できれば脱衣場の物も避難させて下さい。(解体で埃が出る為)

騒音が出て埃も出ます。終わるとお風呂のあった場所が空っぽになります。

壊したお風呂は廃棄処分業者に引き取ってもらいます。

壊し終わったら「墨出し」と言って新しいお風呂の位置決めをミリ単位で行います。

この「墨出し」は配管をしなければならないので水道職人とユニットの組み立ての職人との打ち合わせです。

何をするのかと言うとユニットバスには脚があります。この脚を置く場所に配管や障害物があると設置出来ません。

水道の職人が排水管や給水給湯管(※追い焚きがある場合は追い焚き用の管)を新しいユニットバスに合わせて配管し直すのは、配管と脚の位置が重ならないようにする為です。

また入り口の位置の確認(古いユニットバスと新しいユニットバスの入り口の位置が異なる為)をし壁を入り口よりも大きく解体しておかなければユニットバスが組み立てられないのです。

※お風呂は初日から入れなくなります(ユニットバスの組み立ての日まで3日間は入れません)

2日め

1日めに墨出しをした位置に合わせて配管をやり直します。

特に古いユニットバスと新しいユニットバスの排水の出方向が違ったり配置の位置が違ったりするので、慎重に行います。

排水管は3日めにユニットバスと接続しますので、これがダメだとユニットバスいが組み立てられません。

もう一つ重要な作業があります。

古いユニットバスは入る時、またいで入るのが多かったと思いますが、今は殆ど脱衣場とユニットバスの床がフラットになり「またぐ」ことはありません(※建物の構造上フラットにならない場合もあります)

この構造の違いを解消するために組み立て前に脱衣場の床を少し延長する場合があります。

ユニットバスの組み立ての前に空っぽのところから木組みをしておくことができるのがこの2日めです。

初日の解体が思ったよりも早く終わり「墨出し」も早く終わった場合初日に配管の移設工事(前述)と床の延長などを行うことがあります。

この場合、2日めは工事が行われません。

※ただしこの2日めが無いと何か問題があった場合ユニット組み立てができなくなりますので、何も工事が無いのなら組み立て工事を1日早くすれば良いではないか、と思うかも知れません。しかし実際に問題が起こった場合は組み立て工事を1日後にすることが出来ないので、少なくとも2週間から1ヶ月工事がストップする可能性もあるので、必ず2日めが必要なのです。

ユニットバス

マンションのリモデル用ユニットバスの組み立てが完了しました。

TOTOのリモデルシステムバスルームです。

正面にアクセントパネルがあり高級感があります。

最新のTOTOのユニットバスは浴槽に入った時の姿勢を考えて設計しています。

従来の浴槽にはない頭を気持ちよく置ける角度がついているのでリラックス出来ると思います。

床はほっカラリ床になっています。

以前のバスルームは足を踏み入れると冷たかった床が今度は保温効果もあるのでこの冬から安心して浴室に入れます。

また入る時、扉を開けて脚を一回上げて踏み入れなければならなかったのですが、新しいお風呂は脱衣場の床の高さのままなのでスムーズに入れます。

何が良いかと言うと高齢者の方などには楽チンで入れる事と、転倒する心配がかなり軽減されるはずです。

ランドリーパイプは雨の日には干す場所を確保できるので便利です。

浴槽には保温が施されていて「魔法瓶浴槽」になっています。

冬場、入る時間がバラバラでも保温効果が高いので4時間経過しても2.5度しか下がらないようになっています(ただし専用の風呂フタが必要)

長くご愛用頂けるユニットバスだと思います。

ユニットバスに関してのご質問はこちらまでお願いします。

洗面脱衣場の暖房

ユニットバスの工事最終日。

浴室扉の枠と壁の修復が終わったのでクロスの貼替を行いました。

一昨日大工工事が終わったのでボードが見えています。

パテ処理をしてクロスを貼り、完了ですが、もう一つの工事が残っています。

それは洗面脱衣場暖房器の取り付けです。

クロスが貼り終わった後に暖房器具を取り付けました。

脱衣場で裸になりますが、冬、特に真冬で氷点下になる頃は寒い部屋で裸になると防御反応で血圧が急上昇します。

その後暖かい湯船に浸かると血管が開いて血圧が低下します。

入浴が終わって暖かい所から寒い脱衣場に移動するとまた血圧が急上昇します。

この血圧の急上昇、急降下は体にかなりの負担が掛かります。

年間で交通事故で亡くなる方が3500人(2019年)に対して、浴室でヒートショックでなくなる方が19,000人。

毎日使うお風呂で亡くなるのは痛ましい事です。

脱衣場に設置したのはTOTOの洗面暖房器(TYR330)です。

夏は風を送り扇風機代わりになります。

夏冬快適な環境を提供します。

電源の確保やリモコン設置などの、電気工事が必要です。

私は特に真冬の身体への負担減を考え命を守る為の物だと言えると思います。

特に血圧が高い方にお勧めしています。

ご質問はこちらまでお願いします。