キッチンのプチリフォーム

リフォームと言っても大仰なものではありません。

レンジフードから異音が出る(つまり故障してしまった)ことと、タイル張りをキッチンパネルにする、と言う2点です。

レンジフードは浅型、深型、シロッコファン、ターボファンなど種類がいろいろとあります。

レンジフードのみを替える場合は排気管の位置によって自ずと同じ既存と同じ形式にならざるを得ないのです。

吊り戸棚の高さが50cmの場合、レンジフードのトータルの高さが50cmになり、本体の厚み(高さ)が20cmあるとダクトを配置する空間のクリアランスは30cm。

しかし、ダクトを接続する為のジョイントが本体にある為ダクトの有効寸法は20cm以下になります。

ダクトの径はΦ150ですので、殆ど振り回せない状況にあります。(細かい話はこれくらいにします)

まずは元の状態をごらんください。

レンジフードの幕板を外した後の状態です。

シルバーに見えるのがダクトで不燃材を巻いていてその表面が銀色です。

レンジフードを取り替えるだけなら何と言うこともないのですが、ここにキッチンパネルを貼ります。

レンジフードを取り替えて左の面にキッチンパネルを貼った状態。

水切りがあるので、システムキッチンではありませんが、タイルの状態から比べると明るくなりました。

出来ればシステムキッチンに交換した方がデザインも機能も既存の物とは格段に違うのですが。。。

例えばこの状態からシステムキッチンに交換する場合は、キッチンパネルは解体しなければなりません。

つまりこのキッチンパネルを残したままシステムキッチンには交換できないのです。

既存のキッチンはそのままにしてキッチンパネルをカットして貼っています。

水切りから上はパネルがありますが、水切りを撤去するとパネルはない。

新しいシステムキッチンの天板の位置はもっと低いので、パネルではない部分がむき出しになってしまう。

従って新たにシステムキッチンにする場合はこのキッチンパネルは撤去せざるを得ないのです。

部分的なリフォームは全体をリフォームするよりもコスト高になってしまう傾向があります。

十分検討の上リフォームをした方が良いと思います。

自動洗浄付きレンジフード(キッチンの選び方)

自動洗浄機能のついたレンジフード、各社から出ています。

長年レンジフードの掃除を一度でもした方は分かると思いますが、かなり大変ですね。

そんな経験者は毎年、年末になると気になるレンジフード。

月一で掃除していれば年末は気にならないのでしょうけど、それほどマメでない方にとってもやっぱり年末はどうしても気になってしまう油汚れ。

目の前の壁ならまだしも、羽根のついたレンジーフードは分解掃除しないといけないので、汚れが溜まってしまうと、ハウスクリーニング業者を呼ばなければならなくなる。

その面倒なレンジフードの掃除を不要にできる換気扇が「自動洗浄型のレンジフード」なのです。

私も仕事柄「そんな簡単な筈がない」と思っていましたが、説明を聞いて少し納得しました。

凝り固まった汚れはやはり人の手が必要ですが、例えば1週間の調理で使った油を換気する場合、レンジフードの羽根には少しの油しか付いていません。

油汚れを落とすには水では落ちにくいですね。

温度を高めてあげ、お湯で洗うと汚れが落ちやすい。

そして、ちょっとの油汚れであればお湯で落ちやすくなる。

この原理をレンジフードに適用したレンジフードです。

それは大体の機器の寿命が約10年と言うこと。

確かに倍の20年使っても壊れないことも、ままあります。

毎年レンジフードのクリーニングに¥15,000使うとすると10年で約150,000円。

15年使うと225,000円にもなります。

このランニングコストが¥0になり、その分貯金をすると、10年以上経過した頃にはレンジフードが交換できる金額になるのです。

考え方を変えれば、レンジフードの交換はむしろ新しい機器になるので、回転効率が悪くなった古い機器の電気消費のロスから解放され、回転が悪くなり換気効率も悪くなり環境改善にも効果が高くなります。

 

キッチン交換

キッチンのリフォームと言うとかなり勇気のいる大仕事になりそうだと思っている方も多いのではないでしょうか?

でもそれ程気が重いと言うほどでもないのです。

ただ、お料理を作れなくなるのですが、それも1日です。

換気扇の汚れを見てコンロにこびりついた汚れを見て、少し水漏れのある蛇口をひねりながらお料理を作るよりスッキリとしたキッチンで作ると何故か効率的になる筈。

雑然としたキッチンの交換には、不要な物を処分。いわゆる断捨離もやって頂く方が気持ちも切り替えられます。

キッチンに立った時、腰が痛くなる事が多いと言う人は流し台の高さが合っていません。

高さはショールに行って確かめた方が良いでしょう。

さて、交換の前、何もない状態になりました。

こうなると少し寂しい気持ちもありますが、明るい明日に向かうのです。

後ろ向きの気持ちは捨てましょう。

画像はキッチンの交換だけでなく、壁や床の内装も新しくなり、照明や扉が新しくなっているので同じ現場かどうか分かりづらいかも知れませんが同じ場所です。

これだけキレイになると毎日のお料理も楽しくなるとは思いませんか?

ただ、このリフォームにはかなりの変化があり、以前のキッチンにはあった瞬間湯沸かし器がなくなっています。

また、蛇口の取り出し位置も変わっています。以前はシンクが真ん中だったので中程に位置しており、且つ壁から出ていましたが、給水管の位置を変更、給湯や排水管の位置も変更しています。

新しいキッチンはシングルレバー水栓になり、且つシンクのすぐ脇から立ち上がっています。

給湯器は別に設置して、その給湯器からお湯の配管をキッチンまで繋いだのです。

床の張替え工事も行ったので床下に配管出来たのです。

リフォームの難しいところはキッチンの交換だけでなく、給湯器からの配管、ガスの配管、電気配線なども絡んでくるのでキッチン業者に加えて水道業者、ガス業者、大工、電気配線なども絡んでくる事です。

レンジフードとキッチンパネル

レンジフードとキッチンパネルのプチリフォームです。

浅型のレンジフードのモーターから異音がするので交換します。

油もコッテリ付着しています。

レンジフードの交換に加えてタイルをキッチンパネルに変更。

まずは既存のレンジフードを撤去します。

レンジフードがなくなりました。

新しいレンジフードを取り付け、左側にキッチンパネルを貼ります。

前面もキッチンパネルを貼ります。

タイルがキッチンパネルになると少し明るくなりますね。

キッチン全体を交換しない場合の部分的なリフォーム工事です。

こんな工事もやっています。