収納の中にライト

ウォークインクローゼットの中には照明がありますが、奥行きの浅い収納の中にはあまり照明はありません。

探し物をする時には明かりが欲しい時があると思います。

今回収納の中にダウンライトを設置しました。

枕棚、中棚の下を照らすことは出来ませんが少しでも明るくなるように配置しました。

押入れなどの中を探す時部屋の灯りを点けますが探し物をする自分の体が影を作ってしまいよく見えない場合、懐中電灯などを使う時もあるかと思います。

未完成ではありますが画像をご覧ください。

中に何があるかなど探しやすくなると思います。

日常的なものではありませんが、天井や壁紙が一旦なくなり電気配線が出来るリフォームの時だから出来ます。

画像の部屋はほぼスケルトンになりましたので、実はその隣の部屋のエアコン用の電源がなかったので分電盤からこの部屋の天井を通して配線が出来ました。

原状回復工事では出来ない工事です。

もしある程度解体が出来るなら配線や配管が出来ますので今までなかった設備が設置出来る可能性が広がります。

リフォームの際は新たな事が出来るチャンスです。

それぞれのリフォーム会社さんや工務店さんに相談してみては如何でしょうか。

収納折戸(大建)

大建工業の収納折戸を取り付けました。

巾が2450mm、高さが2000mmの四方枠のタイプです。定価¥102,800。

今回の型番はFFD3111S52WH2です。折戸は3本です。

デザインは11で色はネオホワイトです。

木目が縦ではなく横に走っているのがこのデザインの特徴です。

元和室には見えないと思います。

ちなみにもとの状態は

2つの部屋を1つの大きな空間へとリフォーム。壁を撤去して畳は廃棄し襖も押入れも解体し、天井がこちら側と和室側で高さが違ったり、壁も揃っていなかったのでかなりの大工工事が入りました。

ちなみに工事の途中がこんな感じです。

和室だった所の天井は全て剥がしたので石膏ボードを張っています。

もちろん天井の高さは揃えています。

話が脱線しましたが、収納の中は三分の一で区切って右側はハンガーパイプを吊って長物の洋服が掛けられるようにしました。

左側は枕棚と中棚を配置して物や布団が収納出来るようにしています。

和風の押入れから洋風の部屋の収納へのリフォーム工事でした。