扉が閉まらなくなったら蝶番を確認せよ

扉が閉まらない原因は蝶番

扉枠と扉の隙間が均一ですか?

扉の上が枠に当たっていたり床に当たっていて「開かない」「閉まらない」のではありませんか?

蝶番を新しくする

全く同じ型の蝶番に交換するのが手っ取り早い修理方法です。

1mmとかそれ以下でこするように当たる場合は紙やプラスティックの薄い板を蝶番と枠の間に挟んで調整することもできます。

調整できる蝶番もある

比較的新しい開扉は蝶番に調整できるネジがあります。(大建工業、パナソニック、ノダなど)

取扱説明書を見て調整しましょう。

ラッチが受け側に掛からない

レバーを上げ下げすると出たり引っ込んだりする上から見ると三角の形(もしくは台形)をしている物を「ラッチ」と言います。

これが枠にある受け側の凹みと合っていない場合いくら扉を押し込んでもダメな場合があります。

  1. ラッチと受けの高さが違う
  2. いくら押し込んでもラッチが受けまで到達しない

1. ラッチの高さが違う場合は蝶番の高さを合わせるようにしなければならないので、調整できない場合は蝶番の位置を移動するしかありません。

2. いくら押し込んでもダメな場合は受け側に「調整ネジ」がある場合はネジを回して前後に動かすことができます。調整ができない場合は受け側を外して鉄ヤスリで削るしかありません(これ結構地道な作業でステンレス製の場合、30分で1mm削れれば良い方です)

これら簡単にやっているようですがかなり経験が必要です。(もちろんスンナリできる場合と1時間以上奮闘する場合もあります)

最後に一番厄介なのが上の2.のラッチを押し込んでも掛からないケースで扉自体が反ってしまっている場合。

これは扉本体を交換が必要です。

おそらく全く同じ形状の物はないと思いますので、似たような色や柄やデザインを選ぶしかありません。

以上のように扉の調整はちょっと難しいです。

出張費や技術費などが掛かります。

建具屋さんに依頼するとかなり高いと思います(1回の出張で3万円位になる場合もあります)。

最後に扉が枠に当たったり床をこすったりするのにそのまま使い続けると結構お高い修理代が必要になるので早めに修理しましょう。

扉の面材がヨレヨレに…

扉がらこんな風になってしまうことは…

正直なところあまり見かけません。

ある特定のアパートで使われた建具で同じような現象があるのは見たことがあります。

経年劣化と言うのもありますが、それなら全ての建具で同じようになるはず。

普通ならこのような状態になると扉のリフォームを提案します。

しかし、リフォームにはそれなりの工期が必要で「では明日お願いします」と言われても出来ません。

建具の納期もあります。職人のスケジュールもあります。

ましてや建具のリフォームとなると、解体,大工、内装(壁紙)と清掃が必要になります。

そこで長持ちはしませんが表面を張り替える方法をお教えします。

3Mの「ダイノック」です。

木目の種類から選んで(必ずしも同じ柄があるわけではありません)表面を平滑化して貼ります。

色は微妙に違いますが、上の画像のようなヨレヨレは隠せます。

このダイノックシートの値段はは木目柄でⅠ平方メートルあたり6千円〜、です。

扉の延命措置として考えていただければと思います。

扉のキズ

扉の木口の剥がれ。

全ての建具に当てはまるわけではありませんが、木口を貼り替えることが出来ます。

メーカー品(大建工業、Panasonic、ノダなど)は貼り替えることはできません。

木口の面材を剥がしているところ。

した時を傷つけないように丁寧にはがします。

その後新しい面材を貼ると完成です。

建具は特注する事も出来ますが、全く同じ面材やデザインを作るのはなかなか簡単ではありません。

建具は

修復扉の新規作成扉と枠の既製品へ交換

があり修復より新規作成より既製品への交換が高くなります。

内装をリフォームすると建具が古臭く見えるので出来ればデザインを考えて建具を交換した方が良いと思います。

床や扉のキズ

フローリングはかなり丁寧に扱っていてもキズはついてしまうものです。

沓摺もキズがつく箇所です。

分かりづらいかも知れませんが白い床とフローリングの間の細い部材が沓摺です。

一番キズがつくのは掃除機を転がす時にぶつかって凹む事が多いです。

いつの間にかキズがついている!と言う印象です。

建具(扉)も同じです。

建具は何か硬い物をぶつけたり、意外に車の鍵が引っかかって出来る事もあります。

こちらも「いつの間に?」とか「誰がやった?」と思いますが、実際には気付かずに自身でキズつけている事もあります。

これを交換するとかなり費用がかさみます。

特注品の建具だと同じ物を製作するのに改めて材料を揃えたりしなければならなくなりかなり高いものになります。

丸ごと交換以外だと、リペアと言うものがあります。

凹みを色の付いたロウのような物で埋めて100%ではありませんが、ほぼ分からなくなります。

もう一つの方法はシート貼り。

3Mのダイノックシートがそれに当たります。

室内の建具は木製なので、似せて作ることができます。

マンションの玄関扉はマンション毎に玄関扉を戸数分を発注しますのである程度のコストで抑えられます。

1戸だけ同じ玄関扉を作って下さい、と言われても不可能です。同じ素材がなくなってしまうので同じ物が作れないのです。

レバーを回しても開かない扉

鍵のない室内扉、ノブやレバーを回しても開かなくなると大変なことになります。(2020.1.10のブログ参照)

部屋に入れないのならまだしも出られなくなったら今の季節は蒸し風呂状態になったら死の恐怖を味わうことになります。

ドアのラッチが動かなくなることがあります。

レバーの力をラッチに伝える機械部が壊れてしまうことがたまにあります。

部屋に閉じ込められた時の脱出方法

マイナスドライバーを差し込んで強制的にラッチを引っ込めるようにすれば扉は開くはずです。

ドライバーがない場合

厚手で曲がるしっかりした紙、暑さ0.5mm位のプラスティックの板、本、雑誌、紙袋など隙間に差し込めてなるべく硬い物で解除しましょう。

開かなくなる原因はラッチの故障(劣化)です。

開け閉めしているときに「あれ?おかしいな?」と思ったらラッチの劣化なので、上記の薄い素材の用意をするか、完全に閉めないようにします。

ラッチが閉まらないように、受け側の穴に紙などを詰めて上からテープを貼っておくと完全には閉まらない状態になるので「変だな?」と思ったら早めに対処しましょう。

鍵屋さん、建具屋さん、リフォーム屋さんに相談をしましょう。

建具(部屋の中の扉)に関するご質問はこちらまでお願いします。

劣化した巾木

巾木劣化を隠す(リペア)

築20年を経過するとどうしても劣化が進んでしまいます。

以下の画像は「巾木」と言います。

「巾木」は壁の一番下に付けられた厚さ1センチ、高さ6センチの文字通りの巾の木です。

※一例:大建工業の巾木はこちら(少し下にスクロールすると出てきます)

画像のように継ぎ目の所が剥がれてしまっています。

これを新しくすれば全てがキレイになります(当然ですが)。

しかし20年経過すると同じ色の巾木はありません。

その他

建具(扉や扉枠)と新しい巾木の色が変わってしまう巾木を切ったりするさぎよ場所が必要同じサイズの巾木がない

建具のリフォームの時には巾木も新しい物になってしまいますので、その時まで巾木はリペアなどで使い続けるのも一つの方法です。

これなら劣化した跡はなくなります。

リペアはプチリフォームには欠かせないアイテムです。

特に賃貸物件の原状回復では必要な作業項目になると思います。

ただし、故意過失ではない限り借主側に請求する事は難しいようです。

リペアに関する質問はこちらへどうぞ

アルミ勝手口ドア(ロンカラー)

とあるお店の裏口。

かなり貧弱な木の扉で扉そのものが雨風で劣化していて表面が浮いているような扉でした。(扉の下側はご覧の通り)

これでは防犯上もあまりよろしくない。

これからの季節は台風にも備えなけれならない。

そんなご要望もありしっかりした、そしてリーズナブルなアルミの扉を提案しました。

見積書を提出したのは7/20でした。

即決で「いつできますか?」と急いでいらっしゃいましたが、その時点ではほぼ毎日雨。

扉の入荷と雨でない日を考えると今日の工事日になりました。

うまい具合に晴れて工事は出来ますが、その分かなり暑くなってしまいました。

LIXIL ロンカラー

古い枠を利用してはめ込んだ扉です。

築年数も40年以上の建物で、垂直が出ていませんが上手く収めるのに苦労しました。

扉の周囲を木の押渕を廻したのでそこに塗装とシーリングで処理して仕上げました。

今日、関東も梅雨明けし、早速、台風が2個南の海上で発生したと天気予報の速報が入りました。

これで風雨にも防犯上も安心です。

古い建物では木製の扉を外に使うのはそれほど珍しくありませんが、今は金属製で表面を木目のシートで仕上げた扉が主流に鳴っています。

特に防犯上脆弱な扉は早めのリフォームをお勧めいています。

テレワーク用のスペースを確保したい

部屋を簡単に分割できないだろうか

  • テレワークで仕事をする時だけプライベートから遮断したい
  • 訪問客が来る時だけその箇所は見せたくない
  • 親が止まりに来る時だけ間仕切したい
  • 日曜・祝日だけ趣味(絵を描く、プラモデルを作る)の為の部屋が欲しい

普段は何もないような部屋が分割できればと言うご要望がありました。

一番シンプルで安価な方法はアコーディオンカーテン。

見栄えを良くすれば価格も上がりますが、折ってたためるタイプのタチカワブラインドの「アコウォール」などがあります。

いずれもたたむと「たたみシロ」が出来ますし、取り付けた位置での間仕切しか出来ません。

弊社が提案する間仕切は壁を取り外すことが出来る「可動式間仕切壁」です。

一般的に壁を増設すると大工工事が必要で、撤去するにもまた大きな工事が必要です。

簡単な工事のみで壁が増設出来たら、と考えました。

メリット

加えて壁だけではなく扉も着脱できる方式です。

この部屋に間仕切りをするのですが2種類の事ができます。

キッチンのある部屋と奥の空間に分割すれば手前を食事の部屋奥がプライベートな部屋として使えます。

この場合はキッチン側をリビングダイニングとし、奥を寝室として分割出来ます。

このように使い方次第で仕切る位置を変えられると言う間仕切り壁です。

大家さんの入居者募集の表示を「1ルーム」から「1LDK」に出来ます。

入居する人にとっても間仕切場所を途中で変えられるので生活スタイルに合わせた設計変更が可能です。

デメリット

  • 壁の強度が強くない
  • 夜は隙間から光が漏れる(特に扉の隙間から)
  • 可動式壁を外した後の置き場所の確保が必要
  • 特注品なので必ず製作前に現場で採寸する必要がある

お問い合わせはこちらまで

有限会社ユーズ(屋号「解決工房」)

握らないでドアノブを回せる金具

開き扉の開け閉めはレバーだと手ではなく腕や肘で開けることができます。

これに対して丸いノブは手で握って回さなくてはなりません。

新型コロナウィルスなど手に付かないように、感染防止の為の金具の紹介です。

ノブに手を触れずにノブを開けられる金具を、岡山市の日進ゴムが開発しました。

開き戸を押して開ける時は良いけど引く時は開け辛いのでは?と思う方は

山陽新聞の記事に記載があります。

商品名「ノブフック」送料こみで¥3,520だそうです。

日進ゴム株式会社のホームページはこちら

余談ですが介護が必要な高齢者はノブだと握力が弱いので、レバーの方が開けやすいです。

レバーについてのご質問はこちら。(残念ながらドアフックの質問はお答えできません)

例えば、丸いノブをレバーに交換できる?とか、自分でも交換できる?

防音室の扉2

防音室の扉は高ければ高いほど良いか?

前回「目的」と「環境」を考慮しましょう、とお伝えしましたので説明を致します。

目的

例えばピアノを防音する場合とフルートを防音する場合では周波数帯域が異なります。

ピアノの帯域は27.5Hzから4186Hzです。

これに対してフルートは250Hz~2000Hzです。

圧倒的にピアノの周波数帯域が広いですね。

ピアノは・・・

  • 周波数帯域が広い
  • ピアノは床に楽器が接している
  • 響板が内蔵されより大きな音が出せる(ダイナミックレンジも広い)
  • 一度に出せる音が多い(和音に限らず)
  • 鍵盤を叩くように発音することもあり床に振動が伝わる
  • 発音した音の方向性がある

ピアノを演奏するなら固体振動も含めて防音性能を高めなければなりませんがフルートなどの木管楽器ならそれほどの性能は必要ありません。

  • どれくらいの音量なのか
  • ダイナミックレンジは
  • 空気振動だけか
  • 固体振動を伴うか
  • 何人で使うか

これが防音の目的です

環境

  • 木造住宅なのか鉄筋コンクリート造か
  • 繁華街か住宅街か
  • 集合住宅か一軒家か
  • 防音室の隣に部屋や廊下はあるか(緩衝空間の有無)

防音室を考える時に環境によっても透過音の許容レベルが違いますので「目的」と「環境」を考慮した扉選びをすべきだと思います。

何が何でも鉄扉が良いとも言えないのはそんな事情も考慮する必要があるのです。

ただし、目的や環境を考慮して予算内に収まらないことも多々あります。

扉の種類

鉄扉

低周波数域から高周波数域を見てみるとG45は低周波数域の透過音減衰に優れていますのでまさにピアノや金管楽器に適しています。

Sシリーズはかなり優秀で全体的に高レベルな減衰です。

-35dB~-40dBと優秀ですし、遮音性能参考値を示すグラフもかなり良い数値だと思います。

これもピアノには適していると思います。

AシリーズはSシリーズに比べると減衰率が低いようです。

-30dB~-35dBと防音としては一般的だと思います。

しかしサックスフォンなど割と大きな音が出るものでも大丈夫ではないでしょうか。

カラオケ店に採用されているドアです。-25dB~-30dBと割と外に漏れ出る音が多いと思います。でも木管楽器で部屋の中に防音室と言う箱を設営するなら問題ないかと思います。

結論:現場の環境と予算と相談しながら決める

防音室は床や壁、そして天井にも防音を施さなくては防音出来ません。

壁などの箱が防音レベルが低いのにドアのみ高性能でも防音効果は期待できません。

逆に箱は防音性能が高いのにドアの性能が低くても漏れは大きくなります。

必ずしも鉄扉が良いとは限らないと言ったのそう言う訳です。

他の方法としては扉を二重にすると言う方法もありますのでぜひお問合せ下さい。問い合わせは無料ですから。

お問合せはお気軽に

電話:044-861-11126

解決工房 田辺まで