室内扉のレバー不具合

マンション室内の開き扉のレバー(取っ手)が動かなくなり、1回閉めてしまうと開けられなくなる。

ラッチの劣化が考えられます。

出たり引っ込んだりする箇所がラッチ(ラッチボルト)です。

レバーを下げるとラッチが引っ込み、話すとラッチが出る仕掛けです。

しかし、劣化すると出たままになることがあります。

その映像はコチラ

すると扉を開けたくても開けられない、つまり閉じ込められる事になるのです。

生活に支障をきたすので早めに交換しなければなりません。

これがラッチ本体です。

これを交換すればスムーズに開け閉めできるようになります。

もしご自分で取り替える時はレバーのところを分解してラッチを外して金物屋、鍵屋、比較的大きなホームセンターに持って行って同じ物があるかを確認し購入する事をお勧めします。

フロントのサイズやねじピッチ、バックセットなど間違えないようにご注意下さい。

襖から化粧板の引き戸に

丈長の襖な為縦の縁が途中で折れてしまいました。

同じような襖に交換は出来ますが、結果同じように折れる可能性が高いとのことでフラッシュと言われる全面板張りの引き戸に交換します。

襖の状態です。

襖は実は本襖と段ボール襖などに分類されます。

段ボール襖は段ボールの周りに縁を取り付け、襖紙を貼ったものです。

20年位前から新築マンションで見かけました。

普段使っているときは問題ありませんが、襖紙を上から貼ると反りが出てきます。

そうなると本体ごと交換するしかありません。

こちらはフラッシュ扉を襖の代わりにしたものです。

違和感はないと思いますし、白の木目なので、古臭さは感じません。

この建具は建具屋さんに新規に製作をしてもらいました。

これを別の部屋から見ると

襖ではないので紙が破れる心配もなく綺麗に使っていただけると思います。

木目のアップ。

スッキリとした感じで茶色でなく白の木目です。

必ずしも襖から襖と言うことにとらわれず、建具の種類を変更しても問題ない、と言う事例です。