浴室照明はレフ球使用禁止

浴室照明は乳白色のプラスティックのカバーがあります。

レフ球を取り付けるとこのカバーが焦げます。

少し茶色に変色しています。

これはレフ球の熱で焦げたため。

レフ球とは?

正面から見るとこんな感じ。

横から見るとこのように下半分が銀で覆われていて光が出る所が上部のみです。

フィラメントのある電球なので熱も上部に集中します。

銀の部分は反射板となっている為さらに熱が集中してしまいます。

その熱がアクリルのカバーに集中するので焦げてしまいます。

是非ともレフ球の使用は避けて下さい。

浴室照明を焦がさないように!

浴室照明に使ってはならない電球とは?

浴室照明に使ってはいけない電球があります。

それは熱を一点に集中させる働きを持つレフ球です。

火災に注意!

浴室の照明器具のカバーはプラスティック製が多いです。

レフ級はプラスティックカバーを焦がします。そして溶かします。

発火することもあるかも知れません。

「火が出たらシャワーで水を掛ければ良いのでは?」

と思うかも知れませんがカバーは電球が割れた時に飛び散らないようにもなっています。

割れたカバー越しに水を掛けたらガラスの電球は割れて飛び散ります。

裸の状態でガラスの破片が飛び散ったらと思うとゾッとしませんか?

レフ級ってどんな電球?

画像のような球です。

光っている裏側の方は銀色で覆われていて光を反射させ全ての光を前面に出す形状の球です。

これをレフ球と言いますが、光っているところに手を近づけると分かると思いますがかなりの高温です。

この光と熱は一点に集中するのでカバーが溶けて焦げてしまいます。

カバーには使用禁止の球の絵があります。

そしてカバーが溶けると下の画像のように溶けて凹み少し焦げて茶色に変色しています。

燃えなくて良かったのですが、溶けて穴が空くとそこから水やお湯が入ると電球は必ず割れます。

今日の結論

カバーの絵が示すように裸電球(これはホームセンターや100円ショップでもまだ販売されています)か、同じサイズの電球型LEDに交換しましょう。

レフ球やサイズの合わない大きな電球は使ってはダメです。

カバーと電球の間が狭くなるような大きな電球もダメです。

火事になる前、怪我をする前に適切な球に替えましょう。

カバーが溶けたり破損したりした場合は交換をお勧めします。

質問やご相談はお気軽にご連絡下さい。

浴室内の照明器具を交換

今日は浴室内の照明器具を交換しました。

大家さんから電話があり、「入居者さんがお風呂の電気が切れたので交換したんだけど点灯しないと言われたので今日見て欲しい」と言われました。

いつもお世話になっている大家さんなので浴室の照明器具を在庫していました。

今日連絡をしてすぐに交換をしました。

昨日は懐中電灯を照らしてお風呂にはいったそうです。申し訳ありませんでした・・・

照明器具の寿命だと思われます。

簡単には壊れないと思うのですが、10年が器具の寿命の目安です。

20年なんともない器具もありますが、10年そこそこで壊れてしまう場合もあります。

これは電気工事士の免許がないとできない工事ですので、必ず電気工事士のいるところに依頼しましょう。

※たまに照明カバーが焦げている場合あります。レフ球使用禁止です。危ないのでご注意下さい。